格安航空会社の航空券見本  


   今回は最近航空業界で勢力を広げてきた格安航空会社(LCC)の航空券の説明です。
    
     実際に私が使ったジェットスター(Jetstar)の航空券を見ながら、どんな航空券かを理解してもらいたいと思います。


  その前に格安航空会社(LCC)は何?という方もいらっしゃるかもしれませんね。
  簡単に言うと、低価格が売りで、その代わりサービスが簡素化された航空会社のことです。

  もっと言っちゃうと、安いけれどサービスは極力省かれているので、ANAやJALなど一般の航空会社ではタダでもらえる水、食事などもお金を出して買う事になります。

  荷物も格安航空会社(LCC)規定の重さ(7kgぐらい)以上だとお金がかかったりします。
  LCCというのはローコストキャリアの略で、日本語で言う格安航空会社です。


  様々なサービスは受けたい人がそれぞれお金を払って受ければいいのであって、バックパッカーのように安全に目的地に運んでくれさえすれば安い方がいいと考えている人向けの航空会社だと考えてください。


  もっと詳しく格安航空会社(LCC)について知りたい方は、ちょっとデータは古いですが、こちらの本をチェックしてください。 格安航空会社の選びかた [ チャーリー・古庄 ]



  それでは実際のジェットスターの航空券を見ていきましょう。
  初めて見た方はあまりの簡素化された紙でビックリされたかもしれませんね。


  スーパーのレジでもらう買い物レシートのようです(笑)。
  でもこれは何もジェットスター(Jetstar)だけに限った事ではありません。

  格安航空会社のトップ知名度のあるエア・アジアAir Asia)の航空券も似たような物です。

  まあ、正確には搭乗券というべきでしょうが。

  格安航空会社を利用する人の大半はインターネットで予約し、メールに届いた予約確認表を印刷して、それをカウンターで見せるという手順を取ります。もしくはスマホ予約確認表を見せます。
  
  そしてチェックインして荷物を預けたカウンターでもらうのが写真の搭乗券です。
      
Untitled
  青色部分に名前が記載されます。
     自分の正しい名前か確認してください。

  国内線だとそう問題はありませんが、国際線だとパスポートと違った名前だと大問題になる事もありますので、後々トラブルに巻き込まれない為にも名前の綴りも一応確認しておきましょう。


  赤色部分がフライトナンバーですFightと書いてあります。つまりジェットスターの何便かと言うことですね。

  その後のアルファベットは出発地と到着地を表しています。

  航空会社は3文字のアルファベットで空港の名前を決めています。
  例えば東京ならTYO,大阪ならOSAと言った具合です。

  この航空券ダナン(DAD)からホーチミン(SGN)という事ですが、空港コード海外旅行初心者の方にはよくわからないと思いますので、便名だけチェックすればいいと思います。

  黄色の部分はシートナンバーです。Seatと書いてあります。
  自分の席はどこかと言うことですね。


  実はその下にあるのも海外旅行初心者にとって、けっこう重要です!!
  しっかり理解しておいてくださいね。

  赤の丸の下にある「9」はゲートナンバーです。Gateと書いてあります。
  つまり、空港のどこのゲートから乗るのかチェックしなければなりません。

  大都市の空港は大きいですから。 
  アメリカなどの巨大空港ではモノレールなどで移動しなければならない場合もあります。


  その隣の15:50は搭乗時間です。 Boarding Time と書いてあります。
  
  搭乗時間
はよく理解しておいてくださいね。

  
例えば飛行機の出発が16:30だとしましょう。
  その時間、つまり16:30にゲートに行っても飛行機は既に動いていますから、もう乗る事はできません。

  飛行機新幹線やバスなどと大きく違う点ですね。

  ですから、この搭乗時間までに指定されたゲートに行かなければなりません
  そうしないとアナウンスで呼び出され、最悪出発時刻が遅れ、他の乗客の方に迷惑をかけてしまいます。

  搭乗時間の10分前にはゲート前で待っておくようにしましょう。


  特に国際線の場合は、イミグレーション(パスポートコントロール)で長い列ができていて予想以上に時間がかかる事がありますから、注意してください。国際線の場合は時間に余裕を持っていてくださいね。


  また、格安航空会社のゲートは空港内でも冷遇されている事が多く、そのまま歩いて機内へと言うことはあまりありません。

 

  空港内の駐機場の飛行機まで連絡バスで移動が普通です。

  ですから、ゲートの搭乗時間に遅れると、バスもあなた1人の為に待っていなければなりませんから、他の乗客の顰蹙をかわない為にも搭乗時間に合わせて行動してくださいね。

 


最後にBL176996 SGNのシールについてです。

これは何かというとバゲイジクレームです。


バゲイジクレームというのは、簡単に言うとカウンターで預けた荷物の番号です。荷物預り証のようなものですね。SGNが到着地のホーチミンを表しています。ホーチミンで受け取りという意味です。



これは万が一、荷物が到着しなかった時に非常に重要になりますから(この番号を頼りに今荷物がどこにあるか確認する)、失くさないようにしてください。



因みにこのシールは、空港を出る時に係員が立っていて、本当にあなたの荷物かどうかチェックされ、OKだとこのシールは取られるというシステムになっています。

 

格安航空券のチケットの見方と空港での注意点、ご理解いただけましたか。

 


それでは良い旅を!