ブログネタ
海外の旅 に参加中!
海外一人旅 現地情報3  


  No1,No2の情報をまだ見られていない方はこちらをチェックしてみてくださいね。

    在日外国人からの国情報 No1       在日外国人からの国情報 No2

  それでは第3弾です。

  『■だまされないように。モノの値段などは情報の書類をもって確認してください(イタリア/30代前半/男性)
  ■口がうまいので、だまされないように。特に買い物やタクシーの値段(マリ/30代前半/男性)

    いわゆるぼったくりですね。相場が分からないので、どうしようもない部分もありますが……。なので店員さんとのコミュニケーションが重要になります。値段交渉もやってみると面白いものです。


   ■日本は安全だから、交通機関や喫茶店でのスリに気を付けた方がいいと言っておきたいです(ロシア/20代後半/女性)
  ■お財布やカバンに気をつけた方がいいと思います。イランは日本ほど安全ではありません。(イラン/20代後半/女性)

  一番多かったのは、スリに気を付けて!というアドバイスでした。日本でもスリの被害はありますが、海外ではより一層注意が必要です。


  ■現地のマナーを無理やり日本と比較して、無理やり合わせようとしないこと(ミャンマー/30代前半/女性) 郷に入っては郷に従え、ということですかね。』  


   だまされないようにというのは海外一人旅をする上で非常に難しい問題です。
  というのも、現地の物価水準がはっきりとわかっていないからです。

   対策としては、行ってきた他の旅行者から情報を得るのがその時の現地生情報でベストですが、新しい国に入国したら水や日常品などの値段を確認しておく癖をつけましょう。

   どこでもある物を比較する事によって、大体のその地域の物価が推測できます。  
  それでも100%防止は不可能なので、僅かな金額の損害などは海外旅行の必要経費と思いましょう。
 
  スリ対策はカバンを前に持つとか、イスやテーブルの上に手を放してバッグなどを置かないなどの注意が必要です。

  癖にすると意識しなくてもできるようになるので、日本にいる時から少しずつ注意して慣らしていきましょう。   海外一人旅をするからと言って、すぐに海外でできるようになるわけではありませんからね。

  注意していても被害に遭ったら、現地の警察へ。  

  海外旅行保険をかけていれば現金以外の被害は補償されますが、盗難証明書のようなものが必要になります。  その時のためにも英語で必要な単語ぐらいは覚えておきましょう。