海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外旅行情報ブログ

ラオカイ(越)〜河口(中国)国境情報

ベトナム中国国境の街 <ラオカイ>


  ベトナムのラオカイから中国の河口(雲南省)へ陸路で行けます。

 ベトナム側の国境の街ラオカイまでは首都ハノイから列車かバスで行くパターンがメジャーです。

 さて、ラオカイ駅(バスも駅前に停まる)から中国国境までは歩くと20分以上かかります。バスやバイクタクシーもあるので、状況に応じて利用するのがいいでしょう。

 バイクタクシーでも20000ドン(2016年8月現在)で行きます。


 ラオカイは国境の街ですが、ここでは英語は通じないものと思ってください。国境の街は通常他の街に比べて英語の通用度が上がるものですが、ここは例外です。

 私は国境の橋が見える付近のホテルに宿泊しましたが、誰も英語がわかりませんでした。ここに宿泊する前に幾つかホテルをチェックして回ったのですが、他のホテルも英語がわかるスタッフは皆無でした。

 だから、英語がわかる人がいた場合はラッキーと思ってください。実際、中国語の方がまだ通じるようです。

 因みにミニホテルと呼ばれるホテルはどこも250000ドンぐらいでした。現在の日本円換算で1200円ぐらいですね。


 ベトナム政府が2015年からビザランを廃止したので、ベトナムから出国して1か月以内にベトナムに戻る場合はビザ(VISA)を取得しなければならなくなりました。

 1日か2日、中国の河口にいて再びベトナムへ戻る事ができなくなったんですね。

 ですから、現在のラオカイにはバックパッカーなどの旅行者はいません。実際、私はバックパッカーなど海外旅行者は1人も見ませんでした。

 P_20160731_072732 
 ラオカイで中国の情報収集をしようと思っても無駄だと思ってくださいね。
 ベトナムを旅行する時は、旅の指さし会話帳があると便利です。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ベトナム第2版 [ 池田浩明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)




海外旅行の超便利なリュック

どこでも座れるリュック  


 海外一人旅をしていると自分で歩く距離は知らず知らずのうちに長くなります。

  あのショッピングセンターに行きたい、あの博物館も見たい。 海外旅行をしていると、そんな風に普段より歩く量が増えるのです。  

 そうすると、普段運動不足の方や少し高齢の方は足が疲れてきたりしてちょっと休もうかという事になります。
 もちろん若いバックパッカーだって、毎日10km以上歩いていれば、さすがに疲れますよね。

 でも、海外ではいつもいつも座れる適当な場所があるとは限りません。
 いや、ない方が多いかもしれませんね。


 そんな時に便利なのが、この「どこでも座れるリュック」。


  この「どこでも座れるリュック」って海外旅行だけで重宝するわけじゃありません。日本で長い行列に並んだり、山などにトレッキングする時にも使えますよね。


  海外旅行にリュックは必需品

  同じリュックを持っていくなら「どこでも座れるリュック」が便利でいいですよよ。
  海外ではほとんど売っていないリュックなので、座っていると海外で人気者にもなれるかも!?


  色は4色から選べます。
     【全4色】 どこでも座れるリュックサック/レディース リュックサック    

 
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ