海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外旅行体験談

海外一人旅と「あり得ない旅の話」

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
海外旅行のびっくり現地人体験

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150925-00010000-triport


   『こんにちは! TRiPORTライターのヤマダです。 今回のテーマは「あり得ない旅の話」 。

 海外旅行
は「あり得ない」の連続です。カルチャーショック、信じられない程の絶景、衝撃的な食べ物…。今日はそんな中から「現地で出会ったあり得ない人達」についてお話ししたいと思います。


  ■ ありえないマッサージ師

   香港での出来事です。アジアの魅力の一つである格安マッサージを体験するために、口コミで評判のお店へと向かいました。私の担当になったのはベテラン風の強面なおじいさん。

  マッサージをしながら店内のテレビに映る競馬をチラチラ気にしている様子…。それぐらいの雑な接客は海外では当たり前ですが、それだけでは済みませんでした。

   マッサージも終盤に差し掛かった頃、彼は突然立ち上がり雄叫びをあげたんです。その様子に呆然としていると握手を求められ、さらにはハイタッチまでされる始末。どうやら競馬が大当たりしたみたいです。

 その後はずっとニコニコしてマッサージをしてくれたおじいさん…。もし負けていたらどうなってたんだろうと思いつつも、腕は確かだったので満足して店を後にしたのでした。


  ■ あり得ないカウントダウン

  これは以前に「誰でも簡単!旅のトラブルをミラクルに変える方法」でも紹介したエピソード。

   ウユニ塩湖を訪れた帰り、航空会社の不備で飛行機に乗れないというハプニングがありました。 1日延泊することになったのですが、その日は大晦日。こんなトラブルで年を越すのかと、沈んだ気持ちで地元の小さなバーに飲みに行った時の話です。

  賑やかな地元のグループと仲良くなり一緒に飲んでいたところ、なんと彼らはその航空会社の社員だと言うことが判明! 事の顛末を話せば「運が悪かったね!」と大爆笑。

  怒っていいやら笑えばいいやら、結局彼らと肩を組んで年を越すという忘れられないカウントダウンになったのでした。


  ■ あり得ないスタバ店員

  学生時代にトルコを訪れたとき、イスタンブールのスターバックスで起こった話です。トルコ旅行中「どこから来たの? 日本? じゃあ僕たちは兄弟だ!」なんていう日本大好きトルコ人に何人も出会い、嬉しい思いをしたものですが、ここのスタバ店員さんは飛び抜けていました。

   まず、いきなり頼んでもないデザート(上の写真)が登場! なんとサービスだと言うのです。

  さらに冗談半分で「街を案内してほしい」と頼んだら「もちろんさ! 今から休憩取るから行こう!」とそのまま店を飛び出す店員さん。30分程でしたが、しっかり観光案内をしてくれました。


  ■あり得ない人達に会いにいこう 海外旅行をする度に、あり得ないほど親切にしてくれる人に必ず出会います。もちろん中には悪意のある人がいないとは言い切れませんし、運が良かっただけかもしれません。

   それでも、美しい絶景より絶品グルメより、そんな「あり得ない人達」がいつも旅の想い出を一番輝かしてくれるのです。あなたも彼らと出会いに、に出てみませんか?』


  海外一人旅の楽しみは色々あるけど、現地の人との触れ合いもその1つ。

  僕も海外一人旅中のちょっとした親切に心が温まったりしていましたからね。

  この記事の「ありえないカウントダウン」などで紹介されていた航空会社のトラブル海外旅行では時々あります。

   ウユニ塩湖と言われているので場所はボリビアでしょうね。もしくは、チリに抜けてのチリから帰る便か。

   ボリビア南米の中でも貧しい国ですから、一般のボリビア人は飛行機に乗らないと思います。ある程度の階層のボリビア人か外国人か。

   航空会社のミスで延泊は辛いですが、時間的に余裕があるならそれも楽しい思い出になったりもします。

   僕は大晦日なら、絶対飛行機の中にいるよりは現地で楽しむ事をお勧めします。 いつもと違いますし。

  ここで1ポイント。
  現地の休み前、特に連休前に予約している場合は、要注意です。

  連休前は既にみんな休み気分になっている事も多々ありますから、働いている人もいつもと対応が違ったりする事も珍しくありません。 時には勤務中でもお酒をかっくらっていることも・・・。 仕事してないジャンって言いたくなる事も(笑)。

  とにかく、連休直前にはできるだけ移動しないというのがベストですが、そうもいかない場合があるので、その場合は早め早めに行動するように心掛けましょう。

  オーバーブッキングなどのトラブルにも対処しやすいですしね。

プノンペン〜パクセの旅No3

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
プノンペン(カンボジア)〜パクセ(ラオス) バスの旅No.3


  プノンペン(カンボジア)〜パクセ(ラオス)の旅No2の続きです。 まだNo2を読んでいない方はこちらをチェックしてからお読みください。
  
       プノンペン(カンボジア)〜パクセ(ラオス)の旅No2


    プノンペン〜パクセ間 バスの旅です。

  ずっと走り続けてきたバスがようやく停車。昼ご飯を食べる事になりました。今回はここからスタートです。


    午後1時40分。ようやくバスが停車して食事休憩。1時間遅れて出発しているから、その分遅くなった。お腹すいたよ〜。 これまで休憩は、ガソリンを補給する時にガソリンスタンドで取ったトイレ休憩1回きりだった。

   でも、食事休憩でもゆっくりできなかった。 食事時間は僅か20分。 食事はご飯とおかず1品という質素なもの。それで値段はUS2ドル。カンボジアでは普通の値段かな。

   カンボジアって安いイメージがあるかもしれないけど、ベトナムタイに比べて実は食事代が高かったりする。これはラオスにも当てはまるけどね。


    食事が済んだら、トイレに行っておく。トイレ休憩がほとんどないというのがわかったからね。お腹の調子でも悪い時に乗ったら、このバスの旅は地獄と化す。

    プノンペン〜パクセのバスに乗る時は体調を整えておいて!

   くれぐれも下痢気味の時には乗らないでね。道中、トイレがある所はほとんどないので、道端で隠れて用を足すことになるからね。特に女性バックパッカーは要注意!


   休憩がほとんどない事がわかったので、他にも車内で食べるパンやお菓子などを買っておこうと思った。だけど、なんと何も売っていなかった。売っているのは水ぐらいのもん。えっー!だよね。

早朝のバスターミナルでもセントラルマーケットが目の前にもかかわらず、食べ物を売っている人が全くいなかった。途中でも店を見かけなかった。ようやく止まった食事を取る所にも何もないなんて・・・。有り得ない・・・。

 
 クッキーの残りが少しあったけど、予想外の展開。値段が高いのは覚悟していたけれど、食べ物その物がないというのは想像していなかったな。 やはり途中で買わなくていいように、プノンペンで予め買い込んでおくべきだった。


  あって食べないというのはいいけど、何か食べたいのに何もなくて食べられないというのは疲労度を倍増させるからね。


  エアコン車ではあったけど、車内は暑かった。道路もガタガタ。工事をしている所が多かったから、来年辺りは少しは良くなるかな? southeast Asia 2015 388


  砂埃が凄く、道路から10mくらいの木々の葉っぱは赤土の埃をかぶり、緑ではなく赤色に染まっている。

  

 エアコンをしていて外の空気も取り入れているから、車内も砂埃が少し入っているような気がする。何となく口がざらざらしているように感じるんだ。


 河のほとりにある、KARATIEという町に着いた。 道中とは比較にならないくらい、けっこうきれいな所。 ここで降りるバックパッカーも何人かいた。カンボジアにもこんな所があったんだぁ。

  それではまた次回に。


タイのソンクラン体験記

ブログネタ
★旅行★ に参加中!
ソンテウでソンクラン



  前回の「ソンクラーン体験記機の続きです。

 「ソンクラーン体験記機の記事をまだ読んでいない方はこちらを先に読んでくださいね。
     ソンクラーン体験記


  それではソンクラーン体験記を始めます。

 

  その後、もっと酷い目に遭った。

  運転手もタイ人なので、バケツに水を入れて待っているのを見ると、わざとスピードを落とすのだ。
  自分はちゃんと窓を閉めていて、絶対に濡れないしね。

  そして、待ち構えていたタイ人のバケツの餌食になった・・・。他の旅行者もいるのだが、座っている位置が良くてあまり被害を受けていない。

  スピードが落ちてくると窓を閉めたら、今度は実際にお客が待っていて乗ってきたり(笑)。
  ソンテウには決まった停留所はないので自分の降りたい所で自由に乗り降りできる。

   車が走っている時は、窓を閉め切ると暑いからどうしても開けておく。
  このソンクラーンの時期のタイは1年でも最も暑いぐらいなのだ。

  前方に水を掛けるタイ人が待ち構えている状況がわかれば、僕らもすぐに窓を閉められる。しかし残念な事に、ソンテウの後ろの座席からは、前が見えない構造になっていた。

  だから、ソンテウが走っている最中にちょっと油断していると、突然バケツいっぱいの水が全身に飛んでくるのだ。

  タイ人は毎年ソンクラン(水掛祭り)をやっているだけあって、狙いを定めたバケツの水はかなり正確に僕らに飛んできた。

   もうズボンを通り越してパンツもビショビショ状態。
   
    気持ち悪い〜。

  それでも、幸いその日は天気が良かったので1,2時間もするとけっこう乾いてきた。

    やったー!  ラッキー!

   しかし、そう思ったのも束の間。僕はその後も水をかけられ続け、時には顔面にモロにかけられたり、耳に水が入ったりと散々な目に遭った。

   僕は決してソンクラーン(水掛祭り)が嫌いなわけじゃない。でも、移動の時にされると本当に腹立たしい。

  全身びしょ濡れになるのももちろんだけど、一番困るのはパスポートや重要書類が濡れてしまうこと。

  本当に必要なものは一応ファイルに入れて防御はしているが、ガイドブックなどは水を含んでごわごわに・・・。一番重要とまではいかないが、それなりに重要なものが被害に・・・。

   都市間の移動なのだから、ソンテウの中には当然バックパックを始め僕の全ての持ち物が載っている。 移動時のソンクラーンは体だけでなく、そういった荷物もびしょ濡れになってしまうのだ。

  普通の大型バスで移動している分には窓の高さも高いし、窓もきちんと閉められるので全く問題ないが、こういったソンテウのようなローカルな乗り物で移動する場合は非常に困るのが正直なところ。

 それに顔にかけられた水。

 その水が必ずしもきれいだとは限らない・・・(泣)。

 ソンクラーン楽しむ時は濡れてもいいような準備をして、濡れて困るような重要な物は持ち歩かないから、少々濡れても全然平気だが、全部の荷物を持っている時には本当にやめてほしい。

 こっちの状況いかんにかかわらず、突然水をかけられるんだから。
 まだ、歩いている時の方がいい。

 さすがにバックパックを持っているとはっきりわかる時には、タイ人も考えてくれる。

  でも、ソンクラーンで水をかけられても、怒れないのが辛いところ。

 ソンクラーンって、水をかける行為自体が「敬意を払う」という意味合いがあるからね。


 以上、 私のタイのソンクラーン体験の一部を紹介しました。

 ソンクランの時期にタイやラオスなどを旅行する時には、移動はできるだけ控えて、その町でタイ人と一緒にソンクラーンを楽しむのが一番ですよ。
 

ソンクラーン(水掛祭り)とは?

ブログネタ
タイ・バンコク旅行 に参加中!
ソンクラーン(水かけ祭り)

 
  ソンクラーンは、タイやラオス、ミャンマーなどで行われる「水かけ祭り」です。

  ソンクラーンは元々タイの旧正月でした。

 仏像や仏塔に水をかけてお清めをしたり、家族の年長者の手に水をかけお清めをして相手に敬意を示すものだったらしいのだけど、今では見ず知らずの相手にさえ水を掛け合う水掛け祭りになってきています。

  タイでは4月13日〜15日がソンクラーンと決められていますが、その前から水を掛け合ったりしている所も。
  その時期のタイは1年でも暑い時期にあたり、水を浴びるとけっこう気持ちのいい季節なのです。

  タイやラオスの人々は道端に水がめを準備して、行き交う人々にバケツで水をかける行事になっています。バケツやホースで水をかけるだけでなく、外国人観光客水掛祭り用の水鉄砲を買って水を掛け合ったりもしています。

  私も道端で水をかけているタイ人と仲良くなって、一緒に水をかけてました。

  ただねぇ。写真のように掛けられる水が常にきれいなものであるとも限らないんですよね(苦笑)。

DSCN4414


 それに正直、海外一人旅をしている者にとっては困ることもあるんです。

  タイとラオスのソンクラーン体験者として、次回はちょっとソンクラーン体験談をお届けしますね。
【送料無料】タイの祭り [ 梶原俊夫 ]

【送料無料】タイの祭り [ 梶原俊夫 ]
価格:2,700円(税込、送料込)

海外タクシーの利用時の注意

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
海外のタクシーと日本のタクシーの違い


   貧乏旅行を決めた海外一人旅であっても、長期間海外旅行を続けていると時にはタクシーに乗る機会もあると思います。

   ましてや短期海外旅行だと、時間節約の為にタクシーに乗っちゃうという事も多いのでは?

   海外のタクシーは、国にもよりますが、大抵は日本より料金安いですからね。  
  限られた時間で観光地を回りたい時や急いで行かなきゃいけない時など、便利です。

  ところで、日本人観光客がよく犯す海外タクシーでのミス。  

  それは日本のタクシーと多くの国のタクシーが違っている事で起こるミスなのですが・・・。  
  何だと思います?




















    答えは、タクシーのドアが自動でないこと。

   乗る時はドアが開かないから自分で無意識のうちに開けるでしょうからそんなに気にならないようですが、トラブルになりがちなのは降りる時。  

   日本的感覚ではドアは勝手に閉まるもんだと思っていますから、日本人観光客はドアを閉めないんですよね。   


   でも、海外タクシーのドアは自動じゃない。

   というわけで、タクシーの運転手が開けたまま行こうとする観光客に文句をいうという訳です。

   確かにタクシーの運転手からすれば、ドアを開けたまま出発することはできず、そのまま行かれると、降りて自分で閉めなければいけなくなりますからね。  

   海外でタクシーに乗る時には気をつけてくださいね。     

マレーシアの??な缶ジュース

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!

えっ! ○○味の缶ジュース  


  海外一人旅をしていると、世界各国で日本では味わえないようなものに出会います。
日本人と外国人では味覚が違っているんでしょうね。   日本ではえっ!というような物を見かける事もしばしば。

  私はできるだけトライしてみるようにしているんですけどね。


 今回はマレーシアで見つけた缶ジュース。
その味は>>>>



DSCN3065




                  そう、きゅうり味です。  


  日本でも「もろきゅう」は人気だし、日本人もきゅうりをよく食べますけど、ジュースとはね〜。

  それも生ジュースではなく、缶ジュースの味ですよ。 という事は、それなりのマレーシア人気商品なの???


  飲んでみたら、暑い国だから、さっぱりした感じにはなりましたけどね。

  味覚もそうですけど、現地の気候もけっこう影響しているんじゃないでしょうか?

  マレーシアに行ったら、ちょっと試してみてくださいな。


  

海外と日本の習慣の違い

海外と日本の支払い方 (異文化体験)  


  海外一人旅をしていても、ホテルで他のバックパッカーと仲良くなる事はよくある事です。

  それで、まあ一緒にご飯でも食べに行こうという事になります。

   お互いバックパッカーですから一緒に食べに行く所と言っても、高級レストランよりも路上の屋台であったり、地元のおばちゃんの店であったりする事が多いと思います。

   ご飯を食べて勘定を払う時です。

   日本では割り勘が当たり前で、一人一人自分の分をお店に払っていく事が多いと思います。

   しかし、海外ではあまり割り勘という意識がありません。だから、そのグループで全部かかったお金を言ってくる事が多いです。  


   えっー!メチャ高い!   

  と思っても、実は2人分の値段だという事もあるのです。 よく確認してくださいね。

   できたら自分の食べた分の値段を覚えておいて、お店には全部まとめて払って、後で調整した方が喜ばれると思いますよ。

海外旅行と異文化体験

ブログネタ
夏休みに海外旅行を考えていますか? に参加中!
異文化体験(メキシコ編)  


  今回はちょっと海外ででくわした私gido異文化体験を紹介しようと思います。  

  今回の国はメキシコ。   テーマは写真。  

  私は普段でもメガネを使用しているのですが、メキシコのオフィシャルな写真ではメガネをかけた写真はダメでした。  

  人相が変わると言う意味なのでしょう。

  日本ではパスポートだって、免許証だってメガネの写真はOKですよね。

   逆に普段メガネをかけている人がメガネをかけていない写真を使うと「これ、誰?」みたいな感じになりますよね?   実は私gidoは、これよく言われます。

  どちらがいいと言うわけではないですが、海外旅行をしていると色々な異文化にでくわすわけです。   


  この異文化体験。  

  日本で当たり前と思って考えもしなかった事の本質に気付かせてくれます。

  井の中の蛙じゃダメ。 海外一人旅をすると、人間的にも大きくなれるチャンスがいっぱいです。

ベトナムの常識

ブログネタ
海外旅行での失敗談、ありますか? に参加中!
ベトナム警察官の珍ルール 

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111229-00000052-jij-int


 『【ハノイ時事】ベトナム南部ホーチミン市で「交通警察官は10万ドン(約370円)以上所持してはならない」という規則が試験導入された。賄賂防止が目的。

  北部の首都ハノイでも実施方針が決まり、「非現実的」「人権侵害ではないか」との声が出ている。 

  ベトナムの警察官は悪評が高く、交通違反者に「袖の下」を要求することが珍しくない。特にテト(旧正月)前は書き入れ時とされる。

 「10万ドンルール」は窮余の策だが、「所持金をどうチェックするのか」「お昼も食べられない」と導入を疑問視する見方も。

  これに対しハノイ警察幹部のルー・クアン・ホイ氏は、電子新聞VNエクスプレスに「交通警官の評判が悪過ぎる」と述べ、実施を貫く構えを見せた。』


  日本で警察官と言えば、一応社会の治安を守る人という目で見ていますよね?
  ところが海外一人旅で一歩外国に出ると、日本の常識は吹っ飛ぶ事も多々あります。

  この記事のベトナムだけじゃなく、世界には賄賂を要求する警官もけっこういるんですよ。

  彼らに難癖をつけられると非常に厄介です。腐った警官と言えども、その国では一応ある程度の権限は持っていますからね。

  適当な理由をつけられて留置場に放り込まれても嫌ですよね。

  用がないのに警官には近づかない。
  これが私gido海外一人旅の鉄則にもなっています(笑)。

海外一人旅の風邪薬

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
海外旅行の風邪薬  


   海外一人旅で何よりも心細くなるのが病気になった時です。 

   知っている人もいない土地で、言葉も不自由。そんな状況になると、誰しも心細くなるものです。


    そんな時に役に立つのが常備薬。

   初めて海外旅行する人の中には、薬などは入国で検査されてまずいんじゃないかと思われている人もいるようですが、普通の常備薬なら何の問題もありません。


   海外でも薬は買えるから持っていかなくてもいいやと思っている人。ちょっと注意が必要です。

   確かに海外でも薬は買えます。  

   しかし、海外の薬は日本人にとって強い事が多いです。日本では認められていない成分が入っている事もあります。 gidoの体験談で言わせてもらうと、飲むと効き目が強すぎて物凄い眠気が襲ってきた時もありました。


    これって、寝る前ならまだいいですが、外出している時など強盗のいい餌食になる可能性もあります・・・。実際、強盗やスリにあう時は集中力が切れた時が多いですからね。


    アジアの一部の国ように日本の薬が買えるような国もありますが、一応日本から薬を持っていくのが安心だと思います。日本の薬でも、人によって体質が違うので、よく効く薬、あまり効かない薬というものがあると思いますしね。

 
    特に風邪薬は、自分にあった薬を持っていった方がいいですよ。

     ★自分にあった風邪薬★

中国トイレ事情 No2

ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
gidoの伝統的な中国トイレ体験


 中国昔ながらのトイレは世界60近く旅してきたgidoにも衝撃的だった。

  前回の中国トイレ事情を読んでいない方は、先ずそちらをご覧ください。

               中国トイレ事情


  先ず中国トイレでビックリさせられるのは、駅やバスターミナルの公衆トイレの扉がないことだ。

  見知らぬ人が入れ替わり立ち替わり入ってくる公衆トイレで、並んで「大」しているんだよ・・・。  いや〜、考えただけでもかなり衝撃的でしょ。

  自分が見られるのはもちろん嫌だけど、はっきり言って人のを見るのも気分がいいものじゃないよね?

  トイレは個室という概念が中国では通じない。  


  また扉があっても、普通に歩いていると中が覗ける程度の低い扉もある。一体何の為に???  中に人がいるかどうかチェックするため??? 

  何気なくトイレを見て、上目使いをして用を足している人と目が合った時には・・・。いや〜、日本人としてはかなり気まずいです・・・。

  このように日本人だととてもじゃないが落ち着いて用が足せない中国の伝統的トイレ


  ところが、中国人を見ていると、平気で用を足しているばかりでなく、中には隣と話したり、携帯をいじくったり・・・。  いや〜、習慣とは恐ろしいものです。 感覚が違う・・・。 

    異文化理解を超えているかも(笑)。


  gidoはかなり現地に馴染むタイプだけど、この伝統的な中国トイレだけは未だに抵抗があります。 他にも中国トイレが気になった方もいらっしゃるようで。

            
     寄生虫博士の中国トイレ旅行記  


  ちなみに上海など大都市のデパートには、日本並みのきれいな個室のトイレもあります。  


  日本人旅行者はそんな所のトイレを利用した方がよさそうですね。 
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ