海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外旅行の安全対策

海外安全情報「たびレジ」知ってますか?

ブログネタ
ヨーロッパの旅 に参加中!
海外旅行安全対策の「たびレジ」


     海外一人旅で気になるのは海外旅行中の安全対策ですよね?

  日本と違って海外は危険がいっぱい。 現地の情報を日本語でもらえると安心しますよね?
  日本で待っているあなたの家族も安心だと思いませんか?

   この「たびレジ」の記事を先ずは見てみてください。
     http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151001-00010000-biz_dime-nb


  『観光や仕事などのために外国に行かれる場合、旅先での「もしも」に備えて、事前に安全対策を行うことはとても重要だ。

  外務省が提供している「たびレジ」(外務省海外旅行登録)というメール情報サービスがある。

  これは、観光や仕事、短期留学など滞在期間3か月未満の海外旅行へ行く人を対象に、旅行前に旅行日程・滞在先・連絡先などを登録しておくと、滞在先の最新の渡航情報緊急事態発生時の連絡メールが受けられるほか、いざという時に緊急連絡が行なえるもの。

  「たびレジ」に登録しておくと、万一、渡航先で大規模な事故や災害に遭ったときにも、必要な支援がスムーズに受けられる。

  政府広報オンラインでは「『たびレジ』登録と安全対策4つのポイント」について紹介している。


  ■「たびレジ」登録のメリットとは?

  (1) お役立ち情報の提供 旅行日程を登録すると、旅行先在外公館の連絡先や旅行先の国の渡航情報などが見られる。

  (2) 緊急時の情報提供 登録したメールアドレスには、在外公館が出す緊急一斉通報、最新渡航情報が送られる。

  (3) 緊急時の連絡 旅行先の国・地域で緊急事態が発生した時には、事前に登録した電話番号や、宿泊先をもとに、緊急時の連絡を行なう。

  ※登録していただいた情報は上記の目的以外には利用されない。また、帰国してから1か月(希望された場合には1年)後には、すべての個人情報が消去される。

  詳しくは、「たびレジ」ウェブサイトの個人情報保護方針にて確認を。

  台風やハリケーンの接近や、大規模なデモやテロによる急激な治安悪化など、海外では様々な緊急事態が起こる可能性があり、安全のために一時避難や旅程の変更が必要になることがある。


  しかし、大都会を離れたリゾートや小さな地方都市などにいると、渡航先で何が起きているか情報を得る手段が限られがちだ。  

 そんな場合でも、事前に「たびレジ」に登録しておけば、渡航先の確かな情報を日本語メールで知ることができる。登録は外務省の「たびレジ」ウェブサイトで簡単に行うことができ、ご本人以外のご家族や職場の人も登録することができる。


  ■渡航前の安全対策4つのポイント  

  海外旅行の際、何よりも大事なのは、海外でトラブルに遭わないようにすること、また、万一、トラブルに遭っても対応できるよう、しっかりと事前に安全対策を行っておくこと。


  海外旅行の準備をする際に、次にあげた安全対策4つのポイントを確認しておきたい。

 (1)意識を「海外モード」に

  一般に、海外の治安は日本と比較して良いとは言えない。海外へ行くときは、「自分の身は自分で守る」という意識をしっかり持つことが大切。


 (2)安全に関する最新の情報を入手

   税関や渡航先でのトラブルや海外での犯罪について、事前に予備知識を持っていれば、トラブルに遭う可能性を低くすることができる。

 外務省の「海外安全ホームページ」や報道などで渡航前に情報収集をしっかり行ないたい。また、渡航先においても常に、最新の安全情報を入手するようにしてほしい。


 (3)海外旅行保険に入る

   海外旅行保険に加入していなかったために、病気やケガによる緊急移送費用や入院費用の支払い、盗難被害などで多額の損害を被ったケースが数多くある。「もしも」の時に備えて、十分な補償が受けられる海外旅行保険に加入しておきたい。 海外旅行保険


 (4)日程や滞在先などを家族、友人などに知らせておく 行き先を告げずに海外旅行へ出かけ、そのまま、連絡が取れなくなってしまうケースがある。家族や知人には、旅行日程や滞在先を知らせておき、旅行中は日本の家族などとの連絡を絶やさないようにしよう。

  また、出発前にパスポートのコピーなどを家族に渡しておくと、万一の際の所在・安否確認に役立つ。


  ■滞在期間3か月以上になる人の渡航登録は?


   「海外に転勤になった」「半年間留学することになった」など、海外のひとつの国や都市に3か月以上滞在する場合は、滞在先の日本の在外公館(大使館や領事館など)に「在留届」を提出する必要がある。

  外務省の在留届電子届出システム「ORRネット」から電子届出を行うことができる。

  在留届について、詳しくは外務省の「渡航関連情報」で確認しておこう。』


   海外一人旅は自由ですが、日本では有り得ない危険がある事も事実です。

  海外旅行をする時には海外安全対策も考えておかないといけません。 事前に「たびレジ」に登録しておけば、渡航先の確かな情報を、しかも日本語で知ることができるのは大きいですね。

   海外一人旅をしている日本人バックパッカーの中には英語もあまり得意でない人が多いです。 多少話せるとしても、海外安全情報などは特殊な単語がたくさん出てくるのはなかなかハードルが高いですよね?

   それを海外旅行をしている現地の危険情報を日本語で受け取れるのはなかなかメリットがあると思いませんか?

   「たびレジ」は新しい外務省サービスです。
   特に海外女性一人旅をされる方は、日本の家族を説得する時にも役に立つと思います。

   「たびレジ」に興味がある方は外務省のこのページをチェックしてください。    たびレジ

海外の交通ルール

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
海外一人旅と海外交通ルール

      http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130728-00000001-rnijugo-life


      『夏休みに海外旅行の予定を立てているみなさんは、渡航先の交通ルールは理解しているだろうか。

  現地でクルマを運転する予定の人はもちろん、道を歩くときでも、日本と同じ感覚だと、思わぬ事故にあってしまう可能性も否定できない。

  そこで、世界中に友好団体をもつJAF(日本自動車連盟)に依頼して海外での交通マナーや注意点を調べてもらった。

  調査に協力いただいた、JAF国際課の矢淵敏幸さんによると、現地の友好団体からは、こんなアドバイスが寄せられたという。

   「ヨーロッパの路面電車は音が静かで、接近に気がつかないことがあるので注意が必要です。あとは、歴史のある街でヘタに路地に入り込むと、道が狭すぎて立ち往生してしまい他の人の通行の邪魔になることもあるそうです」

  
  ほかにも、特にイタリアなどヨーロッパ南部は運転が乱暴で、“人よりもクルマが優先”といった意識が強いという指摘も。

  道路を横断するときは、“クルマは止まってくれない”と考えておいた方が無難だとか。また、駐車時にスペースがない場合、バンパーを軽くぶつけてスペースをつくるという荒っぽい常識もあるとのこと。


   また、オーストラリアの回答によれば、「不用意にクラクションを鳴らすとトラブルになりがち」とのこと。相手の運転が乱暴でムッとしても、自制した方がいいだろう。


  「インドからは、“そもそも、運転はオススメしない”とアドバイスされました。歩道が露店で埋まっているので歩行者が道路を歩いており、また、自分が渡りやすい場所で急に斜め横断をするのでとにかく危ないとのこと。

  車両整備が徹底していないので、ヘッドライトがひとつしか点灯していないクルマも多く、それらをバイクと勘違いして重大事故につながることも多いとか」


  また、世界各国で試乗会などに参加している自動車評論家の菰田 潔(こもだ・きよし)氏によると、欧州の踏切で一時停止を行うと、追突される危険性があるとの指摘も。


 「日本では一旦停止が義務づけられていますが、欧州では停車が義務づけられていません。“遮断機が下りていない=電車がこない”が前提で、そのまま通過します」

  そして、踏切に加えて注意したいのが信号だとか。

 「欧米は進行方向が赤に変わったら、すぐに横の信号が青になりクルマが動き出します。日本のように“進行方向の信号が赤に変わっても、1秒間は横の信号が赤のまま”といったことはないので注意しましょう」


  日本の一部のドライバーのように、信号が変わりかけているのに交差点に進入すると、側面に衝突されるおそれもあるので注意が必要だ。

  所変わればルールも変わる。渡航前にしっかりと確認をして、トラブルを避けるようにしましょう。   (R25編集部)』  


  海外旅行中は交通状況には注意しましょう。 

  タイベトナムなど東南アジアではバイク、ヨーロッパアメリカなどでは自動車と注意する交通機関はちょっと違いますが、共通点は歩道を歩いている時も注意が必要だということです。

  マレーシアのクアラルンプールなど車中心になっていて歩道自体ないような所もありますからね。


  この記事ではレンタカーを借りる時の注意が主となっていますが、普通に歩いているバックパッカーにも注意が必要なんですよ。

  私gidoの経験からいうと日本の交通ルールと一番大きく違うところは、歩行者優先ではない国が多いことです。

  横断歩道に人が立っていても、車が止まってくれる国の方が少ないんです。

  また信号がない所も多く、車をかき抜けて反対側へ行かなければならない事もあります。

  海外一人旅をする時は、自分で自分の身を守らなければなりませんから、バイクや自動車には十分注意してくださいね。
 
      

在日外国人からの国情報 No3

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
海外一人旅 現地情報3  


  No1,No2の情報をまだ見られていない方はこちらをチェックしてみてくださいね。

    在日外国人からの国情報 No1       在日外国人からの国情報 No2

  それでは第3弾です。

  『■だまされないように。モノの値段などは情報の書類をもって確認してください(イタリア/30代前半/男性)
  ■口がうまいので、だまされないように。特に買い物やタクシーの値段(マリ/30代前半/男性)

    いわゆるぼったくりですね。相場が分からないので、どうしようもない部分もありますが……。なので店員さんとのコミュニケーションが重要になります。値段交渉もやってみると面白いものです。


   ■日本は安全だから、交通機関や喫茶店でのスリに気を付けた方がいいと言っておきたいです(ロシア/20代後半/女性)
  ■お財布やカバンに気をつけた方がいいと思います。イランは日本ほど安全ではありません。(イラン/20代後半/女性)

  一番多かったのは、スリに気を付けて!というアドバイスでした。日本でもスリの被害はありますが、海外ではより一層注意が必要です。


  ■現地のマナーを無理やり日本と比較して、無理やり合わせようとしないこと(ミャンマー/30代前半/女性) 郷に入っては郷に従え、ということですかね。』  


   だまされないようにというのは海外一人旅をする上で非常に難しい問題です。
  というのも、現地の物価水準がはっきりとわかっていないからです。

   対策としては、行ってきた他の旅行者から情報を得るのがその時の現地生情報でベストですが、新しい国に入国したら水や日常品などの値段を確認しておく癖をつけましょう。

   どこでもある物を比較する事によって、大体のその地域の物価が推測できます。  
  それでも100%防止は不可能なので、僅かな金額の損害などは海外旅行の必要経費と思いましょう。
 
  スリ対策はカバンを前に持つとか、イスやテーブルの上に手を放してバッグなどを置かないなどの注意が必要です。

  癖にすると意識しなくてもできるようになるので、日本にいる時から少しずつ注意して慣らしていきましょう。   海外一人旅をするからと言って、すぐに海外でできるようになるわけではありませんからね。

  注意していても被害に遭ったら、現地の警察へ。  

  海外旅行保険をかけていれば現金以外の被害は補償されますが、盗難証明書のようなものが必要になります。  その時のためにも英語で必要な単語ぐらいは覚えておきましょう。

在日外国人からの国情報

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
海外一人旅 現地情報


    海外旅行の面白い記事を見つけたので皆さんとシェアしたいと思います。



  『海外へ行く時、現地の治安情報はやはり気になるもの。治安のよい国に住む我々日本人に向けての海外での注意事項について、日本に住む20人の外国人に聞いてみました!

  ■日本ほど安全ではない。だが決して危なくもない(カナダ/20代後半/男性)

   世界平和度指数に基づく「世界の平和な国ランキング」、2012年の結果は日本第5位、カナダは第4位でした。

   カナダ
も比較的治安の良い国で、世界中から留学生がやってきます。どんな平和な国でも危険が皆無なわけではありませんから、適度な緊張感は必要ですね。


  ■母国は日本に比べて治安が悪いから、カバンなどを椅子に置いてトイレに行ったりしないよう、また、周りの状況に注意してくださいと伝えたい(アメリカ/30代後半/男性)

   飲食店などで場所取りのためにカバンを置きっぱなしにしても大丈夫なのは日本ぐらい、と言うのは有名な話。大事なものは肌身離さず持っててくださいね。


  ■バックは必ず身体に身に着ける、質素な格好をする(ブラジル/50代前半/女性)
 
    海外での基本とも言える注意事項ですが、ついおしゃれをしたくなるんですよね。そんな時は現地で服を買って、その土地の人たちの格好をしてみると、おしゃれ心を満たせるかも!?』  

  
  海外一人旅でカバンなどをテーブルやイスにそのまま置いておくのは論外として、ここで気をつけたいのは海外旅行では目立たない格好をするという点。     

  女性バックパッカーの中にも、海外でもおしゃれをしたいと言う人もいるでしょう。

  しかし、海外一人旅で目立つ事は禁物です。それでなくても、海外一人旅初心者は目立っている事が多いんですから。  日本人の僕でもすぐにわかります。

   どうしてもおしゃれをしたい人は、ここに書いてあるように、現地で買った服などでおしゃれをするのがいいですね。  

   例えばベトナムへ行ったらアオザイを一つ買ってみるとか。  
  
  
  かさばらない服なら、旅の記念にもなりますよ。

海外旅行と置き引き

ブログネタ
NO TRAVEL, NO LIFE に参加中!
海外一人旅と置き引き


  海外一人旅をしていると、自分でも気付かないうちに疲労が溜まっています。そんな時はホテルで無理をせず休みましょう。

  さて、注意力が散漫になった時に遭いやすいのが置き引き

  重いリュックやデイバッグを長い間担いで、疲れてちょっと一休み。食堂等でバッグを置いたのはいいけど、食事に夢中になっている最中にバッグがどこかにいってしまった・・。

   海外旅行では、そんな例が多いです。

  特に中南米ではほんの僅かな時間でも被害にあっています。

   日本人の海外一人旅者はつい日本の癖で隣の席などにバッグ置いちゃうんですね。そして、食事などに気を取られているうちに盗まれる。

  もうちょっと高度になると、一人が何か話しかけてきてこちらの気をひきつけて、もう一人別の人間がバッグを盗んでいく。連係プレーです。


  私gidoはちょっと格好悪いですが、バッグをテーブルの下に置いて足にバッグを引っ掛けて食べていました。  バッグがあまり目につかないし、こっそりバッグを持っていこうとしても足に引っかかるからわかります。  


  それに何より、置き引きしようとする連中もターゲットを選んでいるんです。 やりやすそうで、尚且つ高価な物がたくさん入っていそうなものを。

  バッグの中にあまり高価なものがなさそうで、置き引きに注意しているなとわかる人間をわざわざターゲットには選ばないものです。


   ちなみに置き引きがやりやすそうな旅行者というのは、疲れて注意力散漫になっている旅行者です。

  見るからにボーっとしている海外一人旅の旅行者。  これが一番危ないです。

  だから、疲れている時は無理をせず、ホテルで休みましょうね。

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ