海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外旅行のタブー

海外一人旅では現地習慣に細心の注意を!

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
海外旅行で最も大事なポイント

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000005-rcdc-cn



    『2015年10月28日、ボルネオ島のマレーシア領であるサバ州で、全裸の写真を撮影したとして拘束された中国人観光客らに対し、サバ州警察はブラックリストに入れてサバ州への立ち入り禁止を検討すると述べた。中国新聞網が伝えた。

 サバ州センポルナ沖のSibuan島のビーチで21日、中国人観光客らのグループが全裸で撮影しネットで拡散したとして、現地の警察が中国籍の男(33)の身柄を拘束した。

  サバ州警察の責任者は、「観光客は現地の風土や住民を尊重すべきで、むやみに裸になるべきではない」としたうえで、法律に基づき中国人観光客らをブラックリストに入れることを検討するとしている。

  同件について現地の中国総領事館は、「今回の一件は社会の反感を買った」と苦言を呈し、海外旅行の中国人に対し現地の法律や習慣を守るよう呼びかけている。(翻訳・編集/内山)』


  マレーシアのビーチで中国人が全裸になって写真撮影し、ネットで拡散した為、その中国人が捕まりました。

   海外旅行先での中国人観光客のマナーの悪さ
は今や世界で有名になっていますが、状況によってはマナー違反云々だけでは片付けられない事態にもなってきます。

   これは決して中国観光客だけの問題ではありません。 日本人観光客もよく認識していなければいけない問題です。

  
   マレーシアはマレー系、中国系、インド系などで構成されている多民族国家ですが、半分以上を占めるマレー系の大半はイスラム教徒です。

  ですから、マレーシアはイスラム国家になっています。

 イスラム教では女性は髪や腕、足などの肌を配偶者や家族以外の男性に見せない事になっています。 現地のマレーシア人を見ていると、Tシャツ姿で海に入っているのが普通です。

  世界にはヌーディストビーチなる所もありますが、マレーシアのビーチは全く状況が違います。

  そんなマレーシアのビーチ事情を全く無視して全裸ヌードになり、それを写真撮影してネットでも流したというのは現地のマレーシア人にとっては衝撃的です。

  マレーシアのサバの警察は、法律に基づき中国人観光客らをブラックリストに入れることを検討しているようです。

  当然ブラックリストに載せられると、次回からマレーシアに来にくくなります。マレーシアに入国拒否されるかもしれません。 運良く入国できても、色々不都合な条件が付くかもしれません。 こんな事になりたくないですよね?

  当たり前のことですが、国によって文化や習慣は違います。現地の人の文化や習慣を無視するような行動は控えなければなりませんね。

  余談ですが、マレーシアに麻薬を持ち込んだ日本人女性の死刑が確定しました。

  マレーシアの法律では麻薬の持ち込み外国人であっても厳罰で臨んでいます。

  海外一人旅では、団体ツアー客であれば当然添乗員から注意を促される事も知らずに現地に着いているケースも多いでしょう。

  一応、 ガイドブックやネットでちょっとチェックしておいた方がいいですよ。
  まあ、余程変な事をしなければ大丈夫ですが。

   マレーシアの死刑事件についてはこちらをチェック。   マレーシア入国の注意点  
 

ロシアのマナーとタブー

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
ロシアのマナー 

 
  ソチオリンピックで注目度が増しているロシア
 そのロシアのマナーが書いてある記事を見つけました。是非、参考にしたいところです。 


     http://news.livedoor.com/article/detail/8516811/ 


  『筆者(女性)は語学短期滞在で、ロシアのサンクトペテルブルグにホームステイしていたことがあります。そのときに感じた、日常のマナーに関する諸注意をご紹介します。

  ■ 徹底したレディファースト

 事前の調べで分かっていたつもりでしたが、「ここまで?!」と改めてびっくりするくらい徹底したレディファーストの国です。

  ◎ エレベーターに乗る際 エレベーター等には女性が先に乗るまで男性は決して乗ろうとしません。ドアは男性が開けて必ず女性を先に通します。

 ◎ お酒を飲む際 ワインやウォッカ等の酒類をお酌するのは、日本ではなんとなく女性の役割とされていますが、ロシアでは男性の仕事になります。

  ◎ 遠慮は通じないと思って◯ そのほかにも煙草に火をつけたり、コートを脱がしてくれたり、荷物を持ってくれるなど、日本人女性としてはちょっとこそばゆいくらいのレディファーストっぷりです。

 遠慮したりもしてみましたが、ロシア人には日本人の「遠慮」の精神はたいてい通じません。素直にやってもらったほうがいいようです。

 たとえ男性が目上の者であっても変わらず、何より優先されるべきは女性のようです。 ■ 会話・ジェスチャーについて


 ◎ 物を指差すのもNG 日本でも人を指さす行為はマナー違反ですが、ロシアではたとえ対象が物であっても人差し指で指すのはマナー違反です。

 どうしてもその必要のある場合には、手のひら全体を使って指し示します。

  ◎ 相槌は打たない 日本では話を聞いている最中に頷いたり、相槌を打ったりしますが、ロシアでは普通は相槌を打ちません。誰かの話を聞いているときは、じっと黙って相手を見ているほうが「よく聞いている」と捉えられます。

 ◎ 身体的特徴は話題にしない 日本では、ほめ言葉のつもりで「背が高い」や「色が白い」など相手の身体的特徴について発言することがありますが、ロシア人に対しては失礼に当たります。たとえ褒めているつもりでも避けましょう。

  ■ 食事のマナー

  ◎ 音を立てて食べない 食事については欧米諸国と同じく、音をたてるのはマナー違反です。日本人として気を付けたいのは「すする音」くらいでしょうか。麺類はもちろん、どんなに熱いスープでも音をたててすするのは禁物です。

  ◎ フォークの扱い方

  日本でいう「寄せ箸」や「箸渡し」の箸がフォークに替わるだけで、こちらもマナー違反には変わりありません。

 ◎ 勧め上手なので断ることも必要

  そのほかにも本格的なマナーもあるのでしょうが、格式ばった食事の席でなければ、さしてマナーにうるさい点はありません。ただ、どんどん食べ物やお酒を勧めてきて放っておくと際限がないので、無理であれば正直に言いましょう。


  ■ 訪問のマナー

 ◎ 手土産はお菓子が無難

 欧米
と同じくパーティ好きで、滞在中ご近所の家に度々招待されました。お宅訪問の際にちょっとした手土産を持っていくのは日本でもありますが、日本よりもその習慣が根付いてます。

 お茶請けのお菓子を持っていくのが一般的ですが、子供のいる家庭なら子供のおもちゃも喜ばれます。ロシアでは珍しい日本の食材や日本酒などはすごく喜ばれました。

  ◎ 女性には花を ホストの家庭に女性がいるのなら、花を贈るのもごく当たりまえに行われています。その際、「偶数本」と「黄色い花」は不吉とされているので避けるのがいいでしょう。

 花は、どんな場合でも女性に対して贈られる物なので、ホスト側に女性が不在の場合は必要ありません。

 ◎ コート類は部屋に持ち込まない 招待先ではコート類は必ず玄関で脱いでコート掛けに掛け、リビングに持ち込んだりしないようにしましょう。コート等の上着類は、「ものすごく汚れているもの」という認識があるようです。


  ■ お祝いに関しての注意

  ◎ 前もってのお祝いは避けるのがベター 日本だと、「明日、誕生日なんだ」などと言われたらその場で「おめでとう!」と普通に言いますが、ロシア人には避けた方が無難です。おめでたい事に関して先に祝ってしまうと、その日を迎えられなくなるという考え方が根付いています。


  ◎ プレゼントも当日を過ぎてから プレゼントも「当日会えないから」といって先に贈ったりはせず、当日または過ぎてからにします。日本では、過ぎてしまった誕生日に対して贈り物をすると「忘れていた」ような印象を与えますが、ロシアでは失礼には当たりません。

  ◎ 妊娠などのお祝いもタブー 同じ理由で、妊娠中の女性に赤ちゃん用品を贈る行為もタブーとされています。

  ■ おわりに

  ロシアのマナーについて思いつく限り並べてみました。ビジネスや特殊な組織でないかぎり、日常生活に関わってくるマナーは上記くらいだと思います。

 筆者はホームステイだったので、外出の際には必ずロシア人のパトロンがついていて安心できましたが、まだまだ外国人観光客にとって治安は良くありません。

 外国人観光客を狙って不法な罰金を取ろうとする警官までいるとのことなので、一人歩きの際は注意しましょう。夜間は決して外を歩き回らないほうがいいようです。』


  やはり、日本とは色々違っていますね。

  ロシアではたとえ対象が物であっても人差し指で指すのはマナー違反というのはちょっとビックリです。

  海外一人旅をしているバックパッカーは、他の国でも人差し指でささないように癖をつけていたほうが無難ですね。

  また、日本で警官と言うと、一応社会の安全を守っていて観光客にとっては安心できるというイメージですが、世界ではその日本の常識が通じない国が幾つもあります。

  ロシアもその1つのようですね。

  海外旅行外国人観光客として海外を訪れた時は、こちらに用もないのに警官と係わり合いになるのは、避けた方がいいです。特に海外一人旅をしている人は。

  難癖つけてお金をせびろうという警官がいる国は、世界には幾らでもありますからね。

 

在日外国人からの国情報 No2

ブログネタ
海外出張と海外旅行ノウハウなど に参加中!
海外一人旅 現地情報2をお届けします。  

   海外一人旅 現地情報1をまだ読んでいない方はこちらをチェックしてください。
      海外一人旅 現地情報1


  『■衛生的な面を考えれば、屋台よりもちゃんとしたレストランで食事することです(インドネシア/40代前半/女性)  

   アジアの国々へ行った時の醍醐味(だいごみ)でもある「屋台メシ」。たしかに不安を覚えることもありますが、活気あふれる楽しげな雰囲気に誘われて行ってしまいます。あとは自己責任です!


   ■道を渡る時、車に気を付けてください、ということです。エジプトは交通量が多くて危ないので(エジプト/40代前半/男性)
  ■できるだけバイクに乗らないこと(台湾/40代前半/男性)

  日本では歩行者優先ですが、海外では自動車優先と考えておいた方がいいかもしれません。スピードもハンドルさばきも豪快なことが多いですからね。


  ■母国では決まっているルールは守る人は少なくて、その時その場のルールで人が動くので、状態をよく見てその場で決めることを練習した方がいいと思います(トルコ/30代後半/男性)

   空気を読む、という感じでしょうか。それならばKYになることを恐れる日本人は得意かもしれませんね。


  ■深夜にアムステルダムの危険地帯をうろつかないこと! でも実際は新宿や六本木も、深夜の危険度は同じくらいだと思いますが……(オランダ/30代前半/男性)

  深夜に出歩くのはどこの国でも危険と隣り合わせ。興味本位で安易にフラフラしないようにしましょう。』  


   さて、gidoの感想です。

   屋台はその国の庶民の食べ物なのでgidoはいつもこういう所で食べています(笑)。  けれど、体調が良くない時は避けた方が賢明でしょうね。

      

   また、海外一人旅では自動車にはよく注意してください。信号がなくてバイクや車が次々に来る道路を渡らなければいけない事もありますからね。車社会になっている国では、日本と違って歩行者優先という意識は全く通用しません。


   最後にオランダ人が言っている深夜の徘徊。 
   海外では文字通り命取りになる事もありますので、用事がなければ夜は外出を控える事をお薦めします。

   場所が場所なら、深夜の徘徊は本当に危ないです。 

   昼と夜の顔が違う街は数知れません。


海外ATMでお金をおろす時の注意点

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
海外一人旅でやってはいけない事(ATM)



   最近の海外一人旅をする人はカードで現地通貨の引き下ろしをする人が増えています。

   海外のATMでお金を引き出すのは、両替する必要がないので便利ですよね?

    でも気をつけてください。  

   海外では海外旅行者を狙った犯罪は多発しているんです。  


    海外旅行ATMからお金をおろす場合は、ATMがある場所に気をつけましょう。  

   日本ではほとんど意識していないと思いますが、海外一人旅ではATMの場所がけっこう重要です。

   大きな通りに面した、人通りが多いATMなどは避けましょう。   あなたは大金を引き出したのを確実に誰かに見られています。  

   海外で犯罪を行う犯人も馬鹿じゃありません。 

   お金を持っているかどうかわからない海外旅行者より、今、確実にお金を持っている海外旅行者のどちらの方を狙うかと言えば、今、確実にお金を持っている海外旅行者の方です。 当たり前ですよね?  

   そして確実にお金を持っているとわかるのは、銀行や両替所から出てきたばかりの海外旅行者やATMでお金をおろしたばかりの海外旅行者です。

    特にATMの場合、どれだけの現金を引き出したかわかりやすいですからね。 強盗や引ったくりに遭いやすいです。


    日本人の海外一人旅をしている人の多くは、すぐに現地の人間ではないと見抜かれますから、お金をおろす時は現地の人以上に注意を払ってください。

    また、お金を引き出したらわからないように、すぐにカバンの中などに隠しましょうね。   

         

海外でタブーのハンドサイン

ブログネタ
海外旅行での失敗談、ありますか? に参加中!
世界でやってはいけないハンドサイン

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000020-inet-inet


  『トリップアドバイザーは2012年5月24日、インフォグラフィック「外国でやってはいけないハンドサイン」を公開した。

  海外でタブーとされているハンドサインをまとめている。

   同インフォグラフィックによれば、日本人が記念撮影などでよく使う「ピース」サインは、ギリシャでは侮蔑の仕草なのだという。

  これは、ギリシャではかつて犯罪者に2本指で物を投げたことに由来しているそうだ。

   親指と人差し指で丸をつくる「OK」サインは、フランスでは「役に立たないもの」表しており、人に向ければやはり侮辱の仕草となるという。


   小指は日本では女性を意味することが多く、小指を立てると女性の「恋人」や「愛人」などの意味になる。だが、中国では「最も小さい、できの悪い人」を表すサインとなるという。


   親指を下に向けてブーイングという光景は、日本でも目にするようになってきた。だが、このサインは日本人が考えるよりも強い意味をもっており、米国の野球場英国のサッカ―場では、トラブルの原因になることがある。

  このように日本ではあまり問題にならないハンドサインも、海外ではタブーとされているものがある。

  同社では、訪問先の国の人々を不快にさせることなく、また自身も安全な旅を楽しめるよう、基本的なタブーを知っておくことを勧めている。』  


  トリップアドバイザーというのは、世界のホテルなどが予約できる、知る人ぞ知る旅行口コミWebサイトです。 ホテルの空室なども料金別ででてきたりして、すぐに予約もできます。


  そのトリップアドバイザー海外でタブーのハンドサインをまとめたと言うニュースです。

  日本のハンドサイン外国のハンドサインは意味が違う事も多々あります。もちろん、外国と一口に言ってもそれぞれの国で意味が違うわけですからね。


  ここではギリシャ、フランス、中国の例が載っていますね。  

  海外一人旅をする人は、どこの国がどのハンドサインがダメでと丸暗記までする必要はないですが、一応ハンドサインも色々あるという事は覚えておきましょう。

 

海外旅行と置き引き

ブログネタ
NO TRAVEL, NO LIFE に参加中!
海外一人旅と置き引き


  海外一人旅をしていると、自分でも気付かないうちに疲労が溜まっています。そんな時はホテルで無理をせず休みましょう。

  さて、注意力が散漫になった時に遭いやすいのが置き引き

  重いリュックやデイバッグを長い間担いで、疲れてちょっと一休み。食堂等でバッグを置いたのはいいけど、食事に夢中になっている最中にバッグがどこかにいってしまった・・。

   海外旅行では、そんな例が多いです。

  特に中南米ではほんの僅かな時間でも被害にあっています。

   日本人の海外一人旅者はつい日本の癖で隣の席などにバッグ置いちゃうんですね。そして、食事などに気を取られているうちに盗まれる。

  もうちょっと高度になると、一人が何か話しかけてきてこちらの気をひきつけて、もう一人別の人間がバッグを盗んでいく。連係プレーです。


  私gidoはちょっと格好悪いですが、バッグをテーブルの下に置いて足にバッグを引っ掛けて食べていました。  バッグがあまり目につかないし、こっそりバッグを持っていこうとしても足に引っかかるからわかります。  


  それに何より、置き引きしようとする連中もターゲットを選んでいるんです。 やりやすそうで、尚且つ高価な物がたくさん入っていそうなものを。

  バッグの中にあまり高価なものがなさそうで、置き引きに注意しているなとわかる人間をわざわざターゲットには選ばないものです。


   ちなみに置き引きがやりやすそうな旅行者というのは、疲れて注意力散漫になっている旅行者です。

  見るからにボーっとしている海外一人旅の旅行者。  これが一番危ないです。

  だから、疲れている時は無理をせず、ホテルで休みましょうね。

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ