海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外情報

ボツワナ大使館

ブログネタ
世界一周 に参加中!

ボツワナ共和国大使館


アフリカボツワナ大使館情報です。

住所:〒108-0014
東京都港区芝4丁目5−10

TEL:03-5440-5676

外国公館



ボツアナをもっと知りたい方
★ボツワナ情報★

ボツワナ大使館(東京都港区芝4丁目5−10)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

ハイチ大使館

ブログネタ
大使館情報 に参加中!

ハイチ共和国大使館


 

   カリブ海に浮かぶ島をドミニカ共和国と二分するハイチ共和国在日大使館です。


住所:〒106-0031

東京都港区西麻布4丁目12−24−906

TEL:03-3486-7096

外国公館


 

ハイチの情報はこちら    → カリブ海に浮かぶハイチ
ハイチ大使館(東京都港区西麻布4丁目12−24)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

スロベニア大使館

ブログネタ
大使館情報 に参加中!

スロヴェニア共和国大使館


 

  ヨーロッパにある、旧ユーゴスラビアスロベニア在日大使館です。


住所:〒107-0062 

東京都港区南青山7丁目14−12

TEL:03-5468-6275

外国公館

スロベニア大使館(東京都港区南青山7丁目14−12)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

スロバキア大使館

ブログネタ
ヨーロッパ に参加中!

スロヴァキア共和国大使館


 

ヨーロッパにあるスロバキア在日大使館です。


住所:〒106-0046 

東京都港区元麻布2丁目11−33

TEL:03-3451-2200

外国公館



 

スロバキア大使館(東京都港区元麻布2丁目11)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

シンガポール大使館

ブログネタ
シンガポール   に参加中!

シンガポール共和国大使館

 

  東南アジアにあるシンガポール在日大使館です


住所:〒106-0032 

東京都港区六本木5丁目12−3

TEL:03-3586-9111

外国公館

シンガポール大使館(東京都港区六本木5丁目12−3)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

ザンビア大使館

ブログネタ
海外安全対策・危険情報 に参加中!

ザンビア共和国大使館

アフリカザンビア在日大使館です。


住所:〒142-0063

東京都品川区荏原1丁目10−2

TEL:03-3491-0121

外国公館


ザンビア大使館(東京都品川区荏原1丁目10)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

サウジアラビア大使館

ブログネタ
旅の下調べ に参加中!

サウジアラビア大使館

 

 アラビア半島にある中東、サウジアラビア在日大使館です。


住所:〒106-0032 

東京都港区六本木1丁目8−4

TEL:03-3589-5241

外国公館


サウジアラビア大使館(東京都港区六本木1丁目8−4)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

トルコ大使館

ブログネタ
大使館情報 に参加中!

トルコ共和国大使館

 

アジアヨーロッパの架け橋となっているトルコ在日大使館です。


住所:〒150-0001 

東京都渋谷区神宮前2丁目33−6


TEL: 03-3470-5131

外国公館

トルコ大使館(東京都渋谷区神宮前2丁目33−6)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

海外一人旅での旅の情報収集4

ブログネタ
海外安全対策・危険情報 に参加中!

  海外一人旅では情報収集が非常に重要です。

    

 「僕はガイドブックを持っているから大丈夫」  

   

   海外一人旅をするのに、そんな風に考えていたとしたら大きな間違いです。   

  

   ガイドブックの情報は、少なくとも1年前、ガイドブック編集期間とか考えれば通常2〜3年前の情報なんです。   

 

  1週間程度の短期の海外旅行であれば、それほど気にしなくてもいいかもしれません。    

  長期間の海外一人旅でも、EUなどの先進国を旅行するなら、まだ大丈夫かもしれません。  

 

   しかし、途上国をする場合は、旅人同士の情報交換が欠かせません。

 

   特にバックパッカーのように長期間、海外一人旅をする人には、自分の身を守る為にも旅の情報収集は必須事項です。    

   なぜなら、先進国に比べ、途上国は旅の状況がコロコロ変わるからです。

 

   最近では、イランの観光地日本人観光客が拉致された事件だって起こりました。少し前には、イラクに行って殺された日本人もいたでしょう?    

 

   つまり、現在の状況を全く知らずに行くと、命に関わる危険が待ち構えているのが世界なんです。    

 

   次回、もう少し「海外一人旅の情報収集」について、みていく事にします。

グアテマラシティ(グアテマラ)の都市情報

ブログネタ
中南米 に参加中!

 グアテマラシティ(グアテマラ)の都市情報    

 

   グアテマラシティ(西;Ciudad de Guatemara,英;Guatemala City) は、スペイン語シウダー・デ・グアテマラと言い、グアテマラの首都であり最大の都市である。   

   現地の人はグアテマラシティの事を、単なるグアテと呼んでいる。   

   グアテマラシティは、グアテマラの経済・政治・文化の中心である。また中央アメリカ(中米)における最大の都市でもある。    

   標高約1500mの高原地帯に位置しており、緯度的に熱帯気候に区分されるグアテマラの中では1年を通じて比較的過ごしやすい気候である。

   一方で、空気が濃縮され、大気汚染がおこることにつながっている。グアテマラシティも途上国の大都市の例に漏れず、排ガスなどで空気が悪い。

 

    歴史を遡れば、グアテマラシティは古代マヤ文明の大都市カミナルフユ(Kaminaljuyu) のあった場所の近郊に建設された。    

   カミナルフユの歴史は先古典期中期の2000年前までさかのぼり、メキシコ中央高原のテオティワカンと交易をもっていたことが知られる。  

 

   グアテマラシティには旧市街と新市街の2つの地区があり、15の行政区 (Zona1-Zona15) に分けられている。  

   旧市街地区の中心はZona1、Zona3、Zona5周辺であり、中央市場やカテドラル、国立劇場などがあるが、海外一人旅をする人間には気をつけないといけない地域である。   

  新市街は比較的安全だが、旧市街は治安がよくないので要注意だ。

 

  【観光査証(ビザ)】   

     ビザなしで入国できる。  

     入国時に90日間滞在のスタンプを押してくれる。

 

  【通 貨】  ケツアル     

  【時 差】  −15時間        

                      

 

  情報は突然変更になる場合があるので、重要事項については、最新情報を関係機関で確認してください。

ビザ免除滞在期間の落とし穴2

ブログネタ
海外旅行の準備 に参加中!
ビザ免除適用条件の滞在期間』の落とし穴の事例を紹介します。


  海外一人旅初心者がビザ免除適用条件の滞在期間で、勘違いしやすい事例です。


  ビザ免除適用条件には滞在期間があるという話はしました。


   国によってビザ免除の滞在期間が違っているので、海外一人旅をする時には行きたい国のビザ情報を大使館やガイドブックで調べます。

 
   ここで海外一人旅の人が陥りやすい、「ビザ免除適用条件の滞在期間の落とし穴」について、説明しますね。



   海外一人旅を決心した貴方は、先ずA国へ行くと仮定しましょう。
   ビザ情報を調べた結果、日本人は3ヶ月ビザなしでいられるという事がわかりました。


  
   そして貴方はA国へ到着します。
   入国書類を書いて提出し、入国係官にパスポート入国スタンプが押されました。
   
              無事入国。やったー!

  
    初めての海外一人旅、先ずは順調に第一歩を記しました。



    それから貴方は2ヵ月半、A国に滞在して、海外一人旅を充分満喫しました。


    そして出国の時。
    貴方は滞在期間がオーバーしているから、罰金を払えと言われます。

                「えっ、なんで???」

    よく見ると、パスポートのスタンプには滞在期間が1ヶ月になっていました。

    でも、日本人は3ヶ月ビザなしじゃぁ・・・・。


    これが、「ビザ免除適用条件滞在期間の落とし穴」です。



   次回は、どうしてこういう事が起こったのか、「ビザ免除適用条件滞在期間の落とし穴」について解説をしていきますね。

パスポートはどうやって保管??5

ブログネタ
NO TRAVEL, NO LIFE に参加中!
「パスポートはどうやって保管???」

  

  海外一人旅というか、海外旅行初めての人はパスポートを手にしたけど、旅行中、どうやってパスポートを保管すればいいの?

 
  そんな素朴な疑問があるかなと、このコーナーを設けました。



  パスポートは、外国では唯一の身分証明書です。
  失くしたり、盗られたりすると、その国の日本大使館領事館へ行って、パスポートの再発行をしなければなりません。

  そうしないと、その国から出られないんですから。
  海外一人旅をする人は、パスポートの重要性をしっかり認識してくださいね。



  パスポートの常時携帯を義務付けている国もある中で、パスポートの持ち運びは非常に危険を伴いますよね?


  疲れていた時、体の調子が悪い時、そんな時までパスポートに注意がいきますか?

                 普通は無理です。


  私も経験がありますが、熱とかあって具合が悪い時に、パスポートの事なんて頭に浮かぶ余裕なんてありません(笑)。


  ところで現地在住の人はパスポートを家に置いている場合がほとんどです。しかし、旅行者はそうはいきません。


  というのも法律で、外国人パスポートを常に携帯している事と決められている国もあるからなんです。

  そういう国では警官に質問された時、パスポートがなければ犯罪者扱いです。

  現地在住なら、知り合いもいるからパスポート問題でトラぶっても、なんとかなるでしょう。パスポートに代わる別の身分証明書を持っているかもしれません。

  ですが、海外一人旅の貴方は、現地に一人も知り合いがいない事でしょう。
  そんな状況でパスポートがないとなると、密入国者扱いされる場合もあるんです。


  実際、私は南米のある国で、そういう目に遭った人に話を聞いた事があります。

 
  仲良くなって同じホテルに泊まっていた日本人ですが、彼はたまたまビザ取得の為にパスポートを某大使館へ出している時に、運悪く警官に捕まってしまったんです。

  警察で何時間も拘留された挙句、パスポートがあると主張していた大使館にやっと電話をかけてもらって、パスポートがあるのを確認されて始めて、警察から解放されたという話です。
  彼曰く、かなり精神的に辛かったと言います。
  
  
            そりゃ、考えてみて下さい。


  誰も知り合いもいない所で、警察に何時間も拘留されて色々言われる。実際、その日のうちに解放されたからいいようなものの、パスポートの確認が遅れればずっとそのまま警察ですからね。

  この場合は、彼に非があったわけではなく、偶然悪い方に物事が重なってしまったわけですが、パスポートがないと貴方は何者かわからないんです。


  ですから、パスポートはきちんと身に着けておく必要があるんですね。


  また、パスポートを安宿に置いておくと、盗難に合う可能性だってあります。
  世界には日本へ密入国したい連中はたくさんいますからね。

  そういう連中にとっては、日本のパスポートは価値があると言う事を覚えておいてください。



  じゃ、どうやって旅行中、パスポートを守るかと言えば、これは常に身に付けておくしかないんです。

         
         それに便利なのがこのキャッシュベルトです。
                
                   

          ちょっとこちらを覗いてみてください。
                   ↓
                 キャッシュベルト


  この中にパスポートも当面の現金も入れておく事ができます。

  私も長年キャッシュベルトを愛用してきました。
  


  ただ、人によっては首からぶら下げるタイプがお気に入りの人がいますね。
  こんなタイプです。


  【男性用】
                  

  詳しくはこちら
    → 【送料無料】安心ベルト付き本牛革パスポートホルダー




  【女性用】
                  

  詳しくはこちら
    → トラベル用品・パスポートホルダー
                        
          

    パスポートホルダーの方は、暑い地域だとすぐに持っているのがわかるので、僕はあまり使わないけど、旅行者の中にはけっこう使っている人もいますね。

    
           人それぞれ好みがありますから。


    とにかく、ナップサックやカバンの中にパスポートを入れておくのは盗難に遭うリスクも大きいので、キャッシュベルトパスポートホルダーどちらか購入して常に体にパスポートを身に付けておく事をお薦めします。


            海外では安全にお金をかけましょう。


    と言っても、キャッシュベルトパスポートホルダーとも値段は安いので、そんなに負担にはならないですよ(笑)。




パスポートの受領2

ブログネタ
海外旅行を格安で行く! に参加中!
パスポート受領



   さて、前回の「パスポートの取り方」でパスポート申請もした。後は受領するだけ。
   でも、パスポート受領についても幾つか注意点があるんです。


   パスポート受領で一番重要なことは、本人が必ず窓口に行かなければいけないという事です。


   偽造パスポート防止でしょうけどね。 
   とにかく代理人は認めていないので、本人がパスポート申請窓口に行って受領します。


          これって非常に重要ですよ。



  〈b>パスポート受領に必要なもの。

   パスポート申請の時に渡された受理票(受領証)

  ◆,金。これはパスポート申請窓口で、必要額の収入証紙や収入印紙を受領証に貼付して払います。

   パスポート申請の時に提出し、自宅に送られてきたはがき


   パスポート申請をすると、後日、申請時に提出した葉書が届きます。それもパスポート受領の時に必要というわけですね。



  
  さて、これで念願のパスポート(旅券)が取れました!

  これで、貴方も夢の海外旅行の第1歩を踏み出したという事ですね。


パスポート5年と10年、どっちがいい?4

ブログネタ
世界一周♪ に参加中!
 日本のパスポートには、5年パスポート10年パスポートがある事は、前回の「パスポートの種類」でお話しました。


  では、どちらのパスポートがいいんでしょうか?


  ここでパスポート取得について、Gidoからのワンポイントアドバイスです。



  バックパッカーとして長期で世界を回ろうとする人は10年のパスポート、気に入った国には何度でも行きたいと考えている人なら5年もののパスポートの方がお薦めです。



  その理由を言いますね。


  世界各国を回ろうとする人には、当然たくさんの国のスタンプを押されますよね? きっとビザ(査証)も取るでしょう。


  するとパスポートのページが足りなくなる事があるんですね。
  その場合どうするか?

  
  2つ方法があって、1つは在外日本大使館等で新しくパスポートを取得し直す。もう一つは現在持っているパスポートの増刷をする。


  パスポートの増刷の方が値段的には安くなりますが、増刷は1回しかできない事になってます。


  実は、10年パスポート5年パスポートのページ数は違っているんです。
  10年パスポートは44ページ、5年パスポートは28ページになってます。

               けっこう違うでしょう?

  長期する予定の人は、パスポートの更新等の心配をしなくてすむ10年パスポートがお薦めです。



  実はもう一つ理由があるんです。
  パスポートの期間がまだ有効であっても、入国させてくれない国があるんです。

  どういう事かというと、ビザ(査証)の取得条件にパスポートの有効期限が6ヶ月以上なんて条件をつけている国があるんですね。

  
  つまり6ヶ月以上有効期限がないパスポートでは入国させませんと言う事です。


  そうなるとパスポート自体はまだ有効だけど、新しいパスポートに切り替えないと行きたい国に行けないっていう事態も起こるんですよね。
  

  海外でパスポート申請しようとすると、予期せぬ所で足止めをくらう可能性もありますからね。

  

  ですから、長期間世界しようとする人には、10年パスポートが便利なんです。


    


  次に気に入ったら、同じ国に何度でも足を運ぶだろうという性格の人。
  その国にもよるんですが、こちらは5年パスポートの方が都合がいいかもしれません。


  バックパッカーとして途上国をたくさん訪問していると、日本へ帰国した時の検査がかなり厳しくなります。


  それは、ツアーで行ったり、短期間の一般旅行者には絶対わかりません。そういう人は税関でも素通りに近いですからね。


  しかし、年季の入ったバックパッカーは違います。長期間しているバックパッカーの中には、日本が世界一検査がきついと言っていた人もいたくらいです。


  つまり税関係員麻薬などの持込などを疑うわけですね。


  自分ではそんな気は全くなくても、たまたま気に入って行った国が麻薬の栽培地であったり、麻薬が簡単に手に入る状況だとして認識されている国だったら、チェックがかなり厳しくなるのが実情です。


  そんな所に、休みになると何度も行って帰ってきている状況を考えてください。
 
  短期間の滞在でも、そういう麻薬汚染地域に何度も行っている。パスポートスタンプをみれば一目瞭然です。

  そんな時、税関係員は貴方のパスポートを見てどう思うか?


  そういう人が10年もののパスポートを持っていると、過去に行った国のスタンプもたくさん残っているわけだから、余計な質問まで受けて嫌な思いをさせられる可能性があるんですね。

  
  
  以上がGidoからのアドバイスです。
  人それぞれ事情が違うと思います。

  
  パスポート申請料金10年パスポート5年パスポートでは違います。


  Gidoのアドバイスを参考にしながらも、最終的にはご自分で判断されて、どちらのパスポートを申請するのか決めてもらえばいいと思います。
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ