海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外ひとり旅

海外旅行とiPhoneアプリ No4

ブログネタ
世界の安宿で に参加中!
海外旅行で使えるiPhoneアプリ No4

  
  海外旅行のモバイル関係で役に立ちそうな情報を紹介しています。

  まだ前回の海外旅行で使えるiPhoneアプリを読んでいない方はこちらをチェックしてください。

   海外旅行で使えるiPhoneアプリ No1

  海外旅行で使えるiPhoneアプリ No2

  海外旅行で使えるiPhoneアプリ No3


 この情報ソースはこちらです。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130507-00010013-giz-prod

  『【7. SmartNews】

   なんだかんだ言って便利です。 ネットがある時に日本のニュースをさっと読み込んでいつでもオフラインで読めるのはやっぱり使わずはいられません。


   【8. 世界会話手帳

   海外ではせめて挨拶くらい現地の言葉で交わしたいもの。 世界会話手帳世界各国の基本会話がひとまとめになってて、音声ファイルも提供されています。

  このアプリで地味に便利なところが、使いたいフレーズを検索できること。
  例えば「いくらですか?」が知りたいとき、「いくら」と検索するだけで該当するフレーズが出てきます。
   世界13ヶ国語に対応しています。


   【9. 050plus

    日本に電話をする時に大活躍。 WiFi環境下にいれば、格安料金で電話がかけられるサービスで、オリジナルの電話番号ももらえます(かかってくることは無かったけど)。

   イタリアキャッシュカードクレジットカードを無くした時、すぐに日本に格安料金で電話をかけてカードを止めることができました。

  050plusに入っておいて良かったと思った瞬間でしたね...(白目)。

   いかがでしたか? 世界一周したい方もそうでない方も、海外旅行に行く予定がある方もそうでない方も、参考になれば幸いです。』  


   
   海外旅行をしていると世の中の動きに疎くなるもの。

   SmartNews日本のニュースを読むのもそうですが、現地の危険情報を察知するのにも役立ちそうです。

   海外旅行では挨拶だけでも現地の言葉ですると、現地の人の反応は断然良くなります。買い物などしていると時にはおまけをしてくれる事も。

   世界会話手帳など利用できるものは利用して、日本民間外交を行いましょう(笑)。


   私は050plusは知りませんでしたが、盗難などにあった場合には便利そうですね。

   実際、南米で盗難にあって日本へ電話がかけられる所を探し、尚且つそこのオープン時間をチェックした事がある経験者としては、すぐにカード会社などに電話ができる安心感は何事にも替えがたいメリットですね。



海外旅行とiPhoneアプリ

ブログネタ
海外旅行 に参加中!
海外旅行で使えるiPhoneアプリ 



    今回は世界一周旅行をして使えたアプリの記事があったのでご紹介します。

   3ヶ月で世界一周というかなり駆け足の旅をされたようですが、iPhoneアプリを使った感想が載っています。アプリは年々進化してくるので、絶えず情報のアンテナを張っておいた方がいいですね。

  ご自分の海外旅行
で使うアプリの参考にできるのではないでしょうか。


   『3ヶ月間の世界一周旅行の前には、いろんなアプリをインストールして準備万端にしておくわけですが、実際に頻用したアプリはさほど多くありませんでした。

   そ こで、今回世界一周旅行で本当に役にたったiPhoneアプリをご紹介します。もちろん、世界一周という長期旅行に限らず、2?3日の気軽な海外旅行に役 立つと思いますよ。

  なお、Instgramで写真を撮影してTwitterFacebookにアップしたりしていましたが、そういったソーシャルサービ ス系のアプリは省略します。

   また、国によっては現地SIMを購入してGalaxy Noteに入れてテザリングして使っていましたが、基本はホテルのWiFiなど、フリーWiFiが通信の要だったので、いかにオフラインで便利に使えるかというのが選定基準に大きく影響しているのはご了承下さい。


   【1. Google Maps】 とにかく一番使ったのがこれ。 本当にiOSにGoogle Maps復活してくれて有難うという感じ。ネットがある環境で必要な場所の地図を事前に読み込んでおけば、オフラインでも使えるのが素晴らしい。

  目的地に星をつけておけば(保存しておけば)、GPSの自分の位置と組み合わせてオフラインでも容易にその場所にたどり着けます。

 見知らぬ土地でタクシー やバスに乗ったはいいけど、目的地に向かってるかどうか不安...というときにGoogle Mapsを開いてGPSで自分の位置と目的地を随時確認できるので、間違って乗ったバスはすぐに気づき、ぼったくりタクシーにはすぐに文句を言えるので す。

  あえて言う必要も無いけど、アップル純正の地図もオフラインで使えるのですが、分かりづらすぎて使い物になりません。』  


  見知らぬ街に着いた時にはGoogle Mapsは役に立ちそうですね。  

  ただ、Google Mapsに夢中になって荷物などを取られたりしないように注意しましょうね。
       
  海外旅行をしている時、フリーのWiFi利用にも注意が必要です。
   海外フリーWiFiの落とし穴

                  

海外のフリーWi−Fiの注意点

ブログネタ
海外出張と海外旅行ノウハウなど に参加中!
海外旅行  Wi−Fiの落とし穴


 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130502-00000011-rnijugo-sci

  『出張中や移動中に重宝するフリーWi-Fiスポット。しかし、こうしたスポットで利用者の個人情報が盗まれるケースが増えてきている。なかでも海外は危険性が高いとか。具体的にどのような被害が起こり得るのだろう?

  「悪意を持った利用者がフリーWi-Fiスポットにいると、自分のインターネット上の通信をすべて見られてしまう可能性があります。

  簡単なツールを設置するだけで、同じスポットにいる利用者のパソコンとWi-Fiのアクセスポイントの間の通信を横取りして、内容を傍受することができるのです。

  そうなると、利用者のIDやログインパスワードが盗まれてしまうおそれがあります」 お答えいただいたのは、シマンテックノートン事業部の吉田一貫さん。

  たとえばネットバンキングの手続きをフリーWi-Fiスポットで行った場合、それらの情報を入手されてしまう危険性があるという。

   「特に海外では、フリーWi-Fiスポットの範囲内に紛らわしい名前のネットワークを作り、利用者のアクセスを待つ『なりすまし』も多いですね。接続先のネットワーク名をよく確認してから接続しましょう。聞き慣れないネットワークに接続するのは避けるべきです」

  “利用可能なワイヤレスネットワーク”として表示された中から、ネットワーク名をよく確認せずに接続すると、このような「なりすまし」の餌食になってしまう可能性がある。

   とはいえ、もちろんフリーWi-Fiスポットすべてが危険というわけではない。日本では大手通信会社のWi-Fiスポットが多いため、海外より安全性は高いというが、油断は禁物だ。

   「もっとも安全な手段としては、モバイルルーターをレンタルしたり購入したりすることでしょう。

  また、海外製品ですが、フリースポットでの通信時に他者の侵入を難しくするセキュリティソフトもありますので、これらを購入するのもひとつの手だと思います」

  Wi-Fiルーターのレンタルサービスは各種あり、海外でも利用可能なものが増えてきている。
  利用料金は、1日1000円ほどがだいたいの相場で、海外旅行時にレンタルして使うのもよいだろう。

  フリーWi-Fiスポットでの犯罪は、被害者が気付かぬまま情報を盗まれているケースが多い。細心の注意を払って利用することが大切だ。』  

   タブレットなどの発達によって、海外旅行にもパソコンを持って行くバックパッカーが増えてきています。

   以前は、海外旅行インターネットをする時はインターネットカフェが定番でしたが、最近では自分でWi−Fiを使ってネットをする人が増えています。

   但し、フリーWi-Fiスポットを 利用する際には危険も潜んでいます。

  海外一人旅をする時には、個人情報が洩れる危険性がある事をしっかり理解しておきましょうね。

在日外国人からの国情報 No3

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
海外一人旅 現地情報3  


  No1,No2の情報をまだ見られていない方はこちらをチェックしてみてくださいね。

    在日外国人からの国情報 No1       在日外国人からの国情報 No2

  それでは第3弾です。

  『■だまされないように。モノの値段などは情報の書類をもって確認してください(イタリア/30代前半/男性)
  ■口がうまいので、だまされないように。特に買い物やタクシーの値段(マリ/30代前半/男性)

    いわゆるぼったくりですね。相場が分からないので、どうしようもない部分もありますが……。なので店員さんとのコミュニケーションが重要になります。値段交渉もやってみると面白いものです。


   ■日本は安全だから、交通機関や喫茶店でのスリに気を付けた方がいいと言っておきたいです(ロシア/20代後半/女性)
  ■お財布やカバンに気をつけた方がいいと思います。イランは日本ほど安全ではありません。(イラン/20代後半/女性)

  一番多かったのは、スリに気を付けて!というアドバイスでした。日本でもスリの被害はありますが、海外ではより一層注意が必要です。


  ■現地のマナーを無理やり日本と比較して、無理やり合わせようとしないこと(ミャンマー/30代前半/女性) 郷に入っては郷に従え、ということですかね。』  


   だまされないようにというのは海外一人旅をする上で非常に難しい問題です。
  というのも、現地の物価水準がはっきりとわかっていないからです。

   対策としては、行ってきた他の旅行者から情報を得るのがその時の現地生情報でベストですが、新しい国に入国したら水や日常品などの値段を確認しておく癖をつけましょう。

   どこでもある物を比較する事によって、大体のその地域の物価が推測できます。  
  それでも100%防止は不可能なので、僅かな金額の損害などは海外旅行の必要経費と思いましょう。
 
  スリ対策はカバンを前に持つとか、イスやテーブルの上に手を放してバッグなどを置かないなどの注意が必要です。

  癖にすると意識しなくてもできるようになるので、日本にいる時から少しずつ注意して慣らしていきましょう。   海外一人旅をするからと言って、すぐに海外でできるようになるわけではありませんからね。

  注意していても被害に遭ったら、現地の警察へ。  

  海外旅行保険をかけていれば現金以外の被害は補償されますが、盗難証明書のようなものが必要になります。  その時のためにも英語で必要な単語ぐらいは覚えておきましょう。

海外一人旅の本 「何でも見てやろう」

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
 何でも見てやろう 

                            著者    小田 実


 
  海外旅行をするバックパッカーなら一度は読んで欲しい「小田 実」の本です。  

  小田氏は国際的な行動的作家で、知る人ぞ知る、バックパッカーの元祖のような旅をした人です。

   1ドルが250円よりもっと高かった時代。  

   まだ日本人の海外旅行者が少なかった時代に、世界を貧乏旅行した話です。

  「何でも見てやろう」でその当時の事がよく書かれています。

   外交官やエリートビジネスマンとしての世界ではなく、庶民の目から見た世界を描いていたものなので、海外一人旅をする人には勇気をくれます。   

【送料無料】何でも見てやろう [ 小田実 ]

【送料無料】何でも見てやろう [ 小田実 ]
価格:770円(税込、送料込)

 

   小田実氏の「何でも見てやろう」には当時の世界貧乏旅行の苦労もうかがえます。  

   それに比べれば、現在の海外一人旅は円も高くなったし、インターネットも発達して、ずいぶん便利になりました。

関空からインドネシアへ

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
ガルーダ航空 関空〜ジャカルタ線 再開

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130412-00000159-jij-asia


   『来日中のインドネシア国営ガルーダ航空のエミルシャ・サタル社長兼最高経営責任者(CEO)は12日、東京都内で記者会見し、2007年7月に撤退した大阪(関西国際空港)―ジャカルタ線を10月から再開する方針を発表した。

  週4便の運航で、機体はエアバスA330―200型機(222席)を使用する。

  同路線をめぐっては、新関西国際空港会社の福島伸一会長が2月にインドネシアのガルーダ航空本社を訪れ、復活を要請していた。』  (2013年現在)

   インドネシアの国営航空会社であるガルーダ航空関西国際空港インドネシアの首都ジャカルタを結ぶ路線の再開を発表しました。  

   日本とインドネシアの経済関係が良くなってきたという事でしょうが、海外一人旅をする私達にも便利になりますね。

    インドネシアは現在はイスラム国家となっていますが、昔は仏教ヒンズー教が栄えていた所です。  

   ジョグジャカルタ近郊には世界遺産の仏教のボロブドール遺跡ヒンズー教のプランバナン遺跡があり、その見事さは遺跡好きにはたまらないです。

   女性にはエステが人気。  

   インドネシアでは日本と比べると驚くほど安い値段で美容エステができるので、マッサージなどをしていく海外一人旅の女性も多いようです。  
  
   
    関空〜ジャカルタ線は週4便ですから使い勝手も悪くないし、西日本に住んでいる人にとっては交通費や前泊などの国内での費用が安くなるので、海外旅行の費用が抑えられます。 嬉しいニュースですね。   

   インドネシア入国にはビザがいるけど、空港で取れる到着ビザが便利ですよ。
        インドネシアの到着ビザ

トラベルプリペイドカード 第2弾

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
トラベルプリペイドカードのメリットとデメリット


  トラベルプリペードカードの前回の記事の続きです。
   前回の記事はこちらです。まだ見ていない方はチェックしてください。
     トラベルプリペイドカード


  今回は、トラベルプリペードカードの具体的なメリット、デメリットを見ていきましょう。

  『旅行なら十分に使えそうなプリペイドカードだが、具体的にはどんなメリット、デメリットがあるのだろうか。下の表にまとめてみた。

   メリット

    ・大金を持ち歩く必要がなくなるので安心。
    ・万が一盗難にあっても、銀行口座にリンクしない、暗証番号でロックしているうえ、無制限に引き出せないので、被害が少なくて済む。
    ・留学中の子どもへの送金、長期滞在の生活費として活用できる。
    ・手数料が4〜5.5%と割安。 ・口座開設が必要なく、海外のATMから現地通貨を引き出せる。
    ・追加入金ができる。

   デメリット

   ・1回の引き出し限度額、加盟店利用時の上限金額が決まっているので、大きな買い物はできない(限度額はカードの種類によって異なる)。
 
    ・1年間に追加入金できる金額に制限がある。
   ・1日に引き出せる金額に制限がある。
    ・1日に加盟店での利用限度額がある。
    ・本人以外の人が入金する場合は、前もって委任状が必要な場合もある。

    限度額や一度に使用できる金額などに制限が多いのがデメリット部分。だが、短期の旅行なら十分に使える。散財しがちな旅行先なら、限度額がしっかりしているプリペイドカードのほうが、何かと安心かもしれない。』


   デメリットの「1日の引き出せる金額に制限がある」は、海外の銀行では当たり前の事が多いです。

  というのも、強盗などの犯罪が多い国では、犯人の見張っている中で本人に銀行のATMで現金を引き出させる犯罪パターンが多かったからです。

  無制限にお金を引き出せるとなれば、預金額の全部被害にあいます。 だから、ATMで1日に引き出せる金額を制限して被害を最小限度に食い止める意味合いもあったのです。

  海外旅行の安全面から考えると、1日の引き出し額に制限がある事は、実はメリットとも言えるんですよ。

外国人旅行者に優しい国ランキング

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
外国人旅行者に優しい国、優しくない国ランキング

 http://www.cnn.co.jp/travel/35029545-2.html

 観光客に優しい国ベスト10

  1.アイスランド 6.8点
  2.ニュージーランド 6.8点
  3、モロッコ 6.7点
  4.マケドニア 6.7点
  5.オーストリア 6.7点
  6.セネガル 6.7点
  7.ポルトガル 6.6点
  8.ボスニア・ヘルツェゴビナ 6.6点
  9.アイルランド 6.6点
  10.ブルキナファソ 6.6点

 観光客に優しくない国ワースト10

  1.ボリビア 4.1点
        2.ベネズエラ 4.5点
  3.ロシア 5.0点
  4.クウェート 5.2点
   5.ラトビア 5.2点
   6.イラン 5.2点
   7.パキスタン 5.3点
   8.スロバキア 5.5点
   9.ブルガリア 5.5点
  10.モンゴル 5.5点

  
   海外一人旅をしていれば実際には会った人や自分の好みなどで違った印象を持つかもしれませんので、あくまでも参考ということで。

   海外旅行者に優しい国ベスト10モロッコ、セネガル、ブルキナファソアフリカの国が3つ入りました。

  アフリカは戦闘があったり、怖い病気があったりと悪いニュースばかり耳に入るので日本人バックパッカーは敬遠しがちですが、世界の旅行者は違った見方をしているようですね。

   偏った見方を修正するのも海外一人旅の効能です。

海外一人旅の必須の事前準備

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
海外一人旅と各種コピー

  海外一人旅は楽しい事ばかりではありません。

  海外旅行をしていると、荷物や財布を盗まれてしまうという悲しい出来事に遭遇してしまうかもしれません。

  特に治安があまり良くないと言われている国や地域に行く時は、いくら用心していてもやられてしまう事があります。  

  例えば南米のスリはプロの集団で、本人が気付かないうちに盗まれていると言う感じです。

  
  さて、財布やバッグを盗まれてしまったら・・・。  

  クレジットカードトラベラーズチェック(T/C)なども当然盗まれてしまってますよね。
  時には海外旅行で唯一の身分証明書である大事なパスポートも・・・。  

  そんな盗難にあった時は急いで色々な処置をしなければなりませんが、その後の対応をスムーズにする為にも各種コピーをしておく事をお薦めします。

  パスポート紛失の場合は日本大使館や日本領事館クレジットカード、トラベラーズ・チェック(T/C)、海外旅行保険、航空券の場合は、それぞれのクレジットカード会社、トラベラーズ・チェック会社、海外旅行保険会社、航空会社へ連絡しなければなりません。  

  そんな時に必要なのは先ずは連絡先の電話番号。それからパスポートクレジットカード等の番号です。  

  日本の会社か現地の関連会社に連絡する事になると思いますが、その時に役に立つのが連絡先や番号が書いてある各種コピーなのです。これがあるのとないのとでは、本当に負担が全然違います。

   連絡先や番号がわからなければそれだけ手続きに時間がかかり、その地に足止めされて次の目的地に影響が出ます。

  ですから、以下のものは番号や連絡先が書いてあるページをコピーして、海外旅行中は別に保管しておくことをお薦めします。

   パスポート クレジットカード トラベラーズ・チェック(T/C) 海外旅行保険
  
航空券  (予約番号と搭乗日や便がわかればOKの事も  国際学生証(持っていれば)
   ユーレイルパス (持っていれば) 


   海外旅行リスク対策は万全にして、思いっきり海外一人旅を満喫してくださいね。

 

ポルトガルのリスボン

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
リスボンの街並み


  ヨーロッパユーラシア大陸最西端の国、ポルトガル

  ヨーロッパ旅行と言えば、イタリア、フランス、ドイツ、スイスなどがすぐに頭に浮かぶのではないでしょうか?

  イギリススペインも有名な観光地がありますね。

  そんな有名どころの観光地がたくさんあるヨーロッパで、イベリア半島の端にあるポルトガルを訪れる海外旅行者はそんなに多くありません。  

  今回はポルトガルへ行った時の海外旅行体験談を少し紹介します。

  ポルトガルの首都リスボンの話です。  

  リスボンは首都ですが、ロンドンパリ、ローマなどに比べると人口も少なく、日本の中都市のような感じでした。 東京など大都市のイメージとは程遠い感じの街です。

  リスボンの街には路面電車ケーブルカーが走り、道幅もそんなに広くないので、ヨーロッパの雰囲気が漂っていて私のお気に入りの街の一つです。

  
             DSCN4329    
 特にケーブルカーは急勾配の道を登る交通機関です。私も乗ってみましたが、観光客用ではなく、市民の足として利用されています。 


  時間的にはあっと言う間ですが、観光客としては日本で体験できない時間でした。
  

   意外かも知れませんが、リスボンの街中の広場には多くの黒人がいました。恐らく、アフリカ旧ポルトガル植民地から来た人達かその子孫でしょう。


  ポルトガルアフリカ大陸アンゴラモザンビークなどを植民地にしていましたからね。    


  海外一人旅をする人でも、ポルトガルヨーロッパの端に位置し、特に目玉となる観光地もないので素通りするバックパッカーが多いようですが、できればリスボンは訪れて欲しい街ですね。

  ヨーロッパの違った面が見られますよ。

               

海外一人旅と語学力アップ

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
海外一人旅で英語力アップ  


  海外旅行に行ったり、海外生活をすれば自然と語学力が伸びると思っている人、多いです。

   しかし、それは幻想に過ぎません。

  海外旅行に何回行っても、海外生活何十年していても、実際に自分がその言語を使わない限り、絶対に上達しません。  

  日本に何年も住んでいる外国人なのに、日本語がほとんどできないという人、見かけた事ありませんか?   

  いくら海外で生活していても、スーパーで値段が貼ってあるものを買い、家族や仲間内とは母語で話す生活をする。そんな現地の人とほとんど会話をしない生活をしていると、いくら日本に何年住んでいても、日本語が話せるようにならないのは当然ですよね。

   海外旅行海外生活は日本にいる時と比べると語学が上達しやすい環境が整っているだけで、その場所にいれば自然とうまくなるわけではないのです。

   海外一人旅をしていると「ホテルを探して泊まる」、「バスに乗って移動する」など毎日自分で何とかしないといけない状況に置かれます。

  だから、海外パック旅行に比べると必要最低限の語学力は身につきやすいのです。
   ホテルなどで世界のバックパッカー外国語で話をすれば、もっと効果があります。

   しかし、英語など語学力にコンプレックスを持っている日本人のバックパッカーはなかなか欧米のバックパッカーの中に入っていけないのも現実です。

  だって、話している事がほとんどわからないのですから。 私gido最初の一人旅などでは欧米系のバックパッカーの輪になかなかは入れませんでした。

  1対1になった時にようやく片言の話ができたと言う情けない状況でした。

   最近では海外一人旅に慣れてきたのもあるし、多少は英語力も上がってきたので、「ネイティブスピーカーじゃないんだから下手で当たり前!」と開き直って話をしたりするように努力しています。

   でも、最初の一歩がなかなか踏み出せないというバックパッカーの気持ちも非常によくわかります。

  だから、海外長期旅行を計画しているバックパッカーなら、最初に英語を勉強してから海外一人旅を続けるのも一つの手です。

  1ヶ月ぐらい日常会話に支障がないくらい語学学習するんです。
  すると、その後の海外一人旅がスムーズに、そしてもっと充実した楽しいものとなるでしょう。 
  中南米を回る予定のバックパッカーなら英語よりもスペイン語ですね。

   語学を勉強すること自体を海外一人旅の目的の一つにしても楽しいです。
  日本で勉強するより格安ですし、雰囲気も違って面白いです。

  海外での語学学習経験は日本に帰国してからもきっと役に立つと思います。

  日本で語学留学と言うと一大決心のように聞こえますが、海外では1週間から語学研修を受け入れてくれる学校もけっこうあります。

  例えば、英語なら穴場はフィリピンでしょうか?  その他だとシンガポールとかでしょうかね?  

  アジアの国はアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどに比べれば費用も格安です。

   まあ、フィリピンは治安の問題がクローズアップされる事もありますが、リゾート地のセブ島はあまり問題を聞きませんね。フィリピンは島によって、かなり雰囲気が違います。

 


  海外の語学学校は多種多様なので、中にはお金だけ払わされていい加減な授業しか受けられないという悪徳な学校もあります。

  私はこの学校NILSで勉強したことはありませんが、NILSフィリピン政府公認認定学校ということですし、日本人スタッフがいて日本語でのバックアップもしているようなので信頼できるのではないかと思います。

  資料請求や無料相談も設けているので、資料請求してみては。自分には合わないと思えば、やめればいいだけですからね。興味がある方はチェックしてみてください。

  海外一人旅をするには行動力が必要です。  

   4倍速で英語が身に付く!常夏の楽園セブでマンツーマン留学

  ただ、誤解しないでほしいんですが、私はNILSが絶対にお薦めと言っているわけではありません。人によっても環境や条件が合う合わないがあると思いますしね。

  何よりも重要なのは、このフィリピン・セブ島での英語研修に対して資料請求や無料相談を通じて、ご自分で納得される事です。

  あくまでも決断するのは、自分流の海外一人旅を作り上げる「ご自身」ですから。    
    

海外旅行で便利なもの

 電卓付き時計   


  海外一人旅で一番不安な要素って何ですか?   
  そう尋ねると、多くの人が言葉の問題と答えるのではないでしょうか?  

  言葉はできなくても海外一人旅はできます。もちろん、言葉ができれば海外一人旅の面白さは倍増しますけどね。  

  世界中をしている「世界の旅人」が全世界のあらゆる言葉を話しているかといえばそんな事ありませんし、そんな旅人は実際に実在しないでしょう。

  国際語としての最低限の英語力海外一人旅をするのに必要だと思いますが、それでも英語圏でない限り住民全員が英語を話す事はありえません。

  いや、アメリカなど英語圏でさえ、ほとんど英語がわからない人がけっこういます。 ましてや、英語圏でなければ尚更ですよね。  

  海外一人旅をするのに絶対必要な事は何だと思いますか?

  それは値段交渉です。  

  地元の人に密着した旅、または貧乏旅行、海外節約旅行を目指しているバックパッカーなどが行く市場や屋台、土産物屋には英語が話せる人は非常に少ないです。

   そんな所の値段交渉時に便利なのは電卓です。

   電卓を渡して相手に希望の値段を売ってもらう。そして、それをみてこちらも希望額を打ち返す。  

  数字の言い方が紛らわしい言語も世界にはけっこうあるんですが、電卓交渉なら目で見ながら交渉するので間違いがありません。

  携帯電話にも電卓がついているからといらないという人もいるかもしれませんが、この電卓は相手側にも渡して交渉するツールなので携帯電話などは使わない方がいいと思います。

  海外旅行している最中に安い電卓を買ってもいいのですが、壊れやすかったりします。

   電卓だけではちょっとと言う方には、世界の16都市の時間がわかって、アラーム付きのこんな電卓もありますよ。  

  アラームって意外と海外旅行で重宝します。朝早い飛行機やバス、電車に乗らなきゃいけない時なんか特にそうです。格安航空券などは乗り遅れたりしたら航空券はパーですからね。

  短期で海外旅行をしている人は次に行く地域の時間を気にする人も多いですし、長期海外旅行でも日本時間は常に気になるものですからね。

    【美心】世界時計電卓・ミニ4個組 8298!世界時計をスライドさせると電卓に!【美心生活 STORE-MIX (生活用品総合ショッピングサイト)】

ホンジュラスの小学校

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
海外旅行の楽しみ方(学校訪問編)

   
  海外一人旅
では危険な事もありますが、自由に自分だけの旅をすることができます。
  海外パック旅行では決して味わう事のない海外体験ができるのです。

  私gidoは海外一人旅の時は特に何でも見てやろうという好奇心いっぱいで旅してきました。  

  と言うわけで、今回はホンジュラスのある島へ行った時に撮った写真をご紹介します。

  中南米では旅行者でも先生と仲良くなれば、学校にだって入れちゃいます。それどころか、クラスも見せてくれたりもします(笑)。

   日本では生徒の安全上、見知らぬ人が勝手に学校に入るのを防ぐ為、入口にモニターをつけたりしていますが、中南米ではそんなものありません。

  多少のスペイン語力がいるかもしれませんが、「日本から来てクラスを見てみたいんだ」ときちんと先生に言えば、けっこう見せてくれたりします。


DSCN6605
 














 


   写真の子供達もフレンドリーで、なんかホッとしませんか?  
  ホンジュラスには色の白い子も色の黒い子もいるのがわかるでしょう。

   これも海外の観光地回りでない、海外一人旅の醍醐味ですね。

南アフリカの旅

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
南アフリカ旅行

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130224-00000302-dime-soci

 『2010年はFIFAワールドカップでにぎわった南アフリカ
  2012年も日本人渡航者が前年同期比で約32%増と、好調を維持している。その秘密とは?

  ■2012年上半期、南アフリカへの日本人渡航者数が急増 今、旅慣れた日本人旅行者の間で、世界屈指のツーリストパラダイスと人気が急上昇している国、それがズバリ、南アフリカだ。

  「ワールドカップでメディアへの露出が増え、観光資源の豊富さが認知されました。都会と大自然、両方で非日常体験を楽しめることが最大の魅力です」(南アフリカ観光局・近藤由佳さん)

  マンデラ元大統領の「レインボーネーション(七色の民)政策」が実を結び、多種の民族が多様な自然に抱かれる国。

 政治体制は極めて安定し、立派なハイ ウェイ、清潔な公衆トイレ、飲用可能な水道水など基幹インフラは欧州並みだ。

 「地球上で限りなく美しい港町」と称えられた南西部のケープタウンは、背後に そびえるテーブルマウンテンと宝石のような街並みの調和で2011年新・世界七不思議に選ばれた。

  春はここから南北600kmにもわたる夢のような花園が 出現する。

  喜望峰には、日本の高級寿司店にも輸出される新鮮な海の幸があふれ、ステレンボッシュ周辺には、市場に一大旋風を巻き起こしている極上ワインの 醸造所が300も集結している。

   中でも世界中の旅人を引き寄せているのが、ゴージャスで自由なゲームサファリだ。その代表がクルーガー国立公園カラハリ砂漠

  豪華なスパ付きのロッジ に宿泊して、ビッグ5と呼ばれるライオン、バッファロー、サイ、ゾウ、ヒョウをレンジャーとともに間近で見る。

  そんな極上の休日が約束されるクルーガー国 立公園。  

  対して南アフリカ、ボツワナの国境にまたがり、総面積が九州よりも大きな中央カラハリ砂漠野生動物保護区では、自家用車で自由に走り回りながら、いとも 簡単に大型動物との遭遇が楽しめる。

  ライオンが1m先に迫ることもあるワイルドな場所だ。ちなみに現地通貨ランド紙幣には、ビッグ5の雄姿がデザインされ ている。

  一般的には日本でまだまだその存在が十分に知れわたっていない南アフリカ

  ブームになる前に訪れれば、土産話は尽きないはず。』


  南アフリカ共和国は魅力ある国です。

  しかし、ヨハネスブルクは世界でも最も危険な街とも言われていました。すぐに強盗に遭うので街中を歩けないとい噂でした。

  今回の記事の中心も南アフリカの西側のお薦めです。

  私はケープタウンしか行った事がありませんが、空港からバックパッカーズホテルまでみんな送迎の車で移動していました。  

  当時、幾つかのホテルを回る送迎バンは無料ではなくそれなりのお金を払うのですが、歩いて行くバックパッカーなどいませんでした。

  それだけバックパッカーでも南アフリカでは安全に気を遣っていました。
  
  南アフリカケープタウンの街は言葉は悪いですが正に黒か白と言う感じで、黄色人種の僕はけっこう街で浮いていました。今はそんな事もなくなったのかもしれませんね。

  ケープタウンでは喜望峰テーブルマウンテンなど記憶に残る旅ができました。 野生?のダチョウがいたりして。

   お金がかかってもいいから希少な海外体験をしたいという旅人には南アフリカはお薦めかもしれませんね。   

  但し、海外一人旅なら、ある程度海外旅行経験を積んでからの方がいいとは思います。
  初めての海外一人旅だと南アフリカはけっこうハードルが高いかもしれません。

ひとり女子旅の三種の神器

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
ひとり女子旅とカード  

 
  前々回のひとり女子旅の続きです。 ひとり女子旅3部の最終部です。

  まだご覧になっていない方は、こちらをチェックしてから見てください。
      ひとり女子旅の勧め    ひとり女子旅の目的   

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130117-00000046-scn-bus_all

  『一方、「海外旅行に必ず持っていく三種の神器」を聞いたところ、「カード(クレジット・国際デビット・海外専用プリペイド含む)」(79.4%)、「カ メラ・デジタルカメラ」(66.8%)、「ガイドブック」(51.3%)の順だった。

  また、2013年の海外旅行に向けて注目しているツールやサービスに ついては、「タブレット端末」、「スマートフォン」に加え、「翻訳系アプリケーション」、「GPSルート検索」などの電子端末に関係するものが多くなって いた。

  ガイドブックに代わって、スマートフォンやタブレット端末などの電子端末を現地のガイド役に活用する傾向が強くなっている。

   また、海外旅行中の現地での支払い手段は、「カードをメインに使う」(41.5%)、「どちらかというとカードを使うことが多い」(22.6%)という 「カード派」が過半数。

  ひとり旅を経験した女性では、「三種の神器」で81.3%がカードを選択し、カード派が65.2%を占めるなど、カードの利用率が 高いことがわかった。

  さらに、海外旅行先のATMから現金を引き出した経験があるかと尋ねても、全体の39.1%が「経験がある」と答えたことに対し、ひ とり旅を経験した女性は45.0%が「経験がある」と回答し、そのうち30.1%が「毎回旅行先のATMから現金を引き出している」と回答するなど、海外 旅行時に必要以上の現金を持ち歩かない、身軽な旅を楽しんでいることがわかった。


   このように、ひとり女子旅を経験した女性がカードでの支払いを選択する理由について、久我氏は「女性の方が、より『お得・節約・安全』に対する意識が強 い傾向がある」とコメントしている。

  クレジットカードで支払いすることで、ポイント面での「お得」、ポイントを活用することによる「節約」、現金をあまり 持たなくて良い・荷物を減らし身軽に動けるため「安全」という側面があると指摘する。

 「旅慣れたひとり旅女性は、この辺も良く知っているのかもしれませ ん」という。  

  久我氏は、「ひとり女子旅」について、「働く女性たちがひとりで海外旅行をし、自分の自由な時間を取り戻すための行動」と評している。

  調査を行った フォートラベルは、「これまで、『海外のひとり旅=男性』というイメージが強かったが、今回の調査で半数以上の女性がひとり旅の経験があり、ひとり旅をし てみたいと考えている女性も6割にのぼることがわかった。

  もはや、海外を一人で旅するスタイルは、男性だけのものではない。

  他人に気兼ねすることなく、自 由に自分のペースで旅を楽しむ『ひとり女子旅』の今後の動向に注目したい」としている。(編集担当:風間浩)』  


  ひとり女子旅海外旅行でもカード派が多数を占めるようになってきている傾向がでましたね。

  カードは多額の現金を持たなくていいと言う点とATMで気軽におろえると言う点で海外旅行でもとても便利です。  

  但し、1枚のカードで全て済ませようとするのは危険です。

  クレジットカードを盗まれたり、割れてしまったり、ATMにうまく反応しなくなったりする場合だってありますからね。    

  海外旅行では日本と違うシステムもありますので、カードのトラブル対策も考えておきましょう。 

   2012年度のものですが、カードについてもっと情報が欲しい方には以下の本が参考になるかもしれません。

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ