海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外の病気

長期滞在旅行者用のデング熱対策

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
デング熱対策  


  このデング熱って田舎だけでなく大都会でもかかりますからね。
  デング熱には治療法はないので、ひたすら対処療法で治るのを待つ事になります。 

  デング熱って何?という方はこちらをチェック。  デング熱関連   


  デング熱には予防が一番。長袖を着て蚊にさされにくくするとか、蚊帳は必ずつけるとかですね。
  でも東南アジアに長期滞在する人はこれに挑戦しても面白いかも。自分でも簡単にできそうです。

   http://www.ibelieveinadv.com/2013/12/maynilad-water-services-dengue-bottle/

  『Dengue fever is the most deadly mosquito-borne viral illness in the world. In the Philippines, hundreds upon hundreds die from it every year. What people don’t know is that simple technology is available to prevent it. All it takes is clean water–plus brown sugar and yeast placed in a bottle. Producing carbon dioxide, the mixture attracts mosquitoes, trapping and killing them inside the bottle. Maynilad, a company that supplies clean water to the Philippine capital, distributed hundreds upon hundreds of these bottle mosquito traps to Filipinos. 』

  材料はペットボトルとブラウンシュガー、イースト。 

  簡単にいうと、ペットボトルの上の部分を切り、中にきれいな水を入れます。そして、切り取った口をペットボトルに逆さに差し込みます。

  後はその中にブラウンシュガーとイーストを入れるだけ。
  ブラウンシュガー、イーストときれいな水が混ざり合って二酸化炭素を発生させます。

  それにつられて蚊がおびき寄せられ、ペットボトルに入った蚊は逃げられなくなって死ぬというわけです。
  
  動画もありますよ。 興味がある方はこちらをクリックしてください。
    デング熱対策ペットボトル

海外の病気チェック!

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
海外旅行には虫に注意

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100806-00000504-sspa-soci


  『★世にも恐ろしい奇病の話  衛生環境が完備し、寄生虫とは縁遠いと思われがちな日本だが、専門家は「今だからこそ警鐘を鳴らしたい」と言う。

  寄生虫学に詳しい東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎医学博士に話を聞いた。

  「日本では北海道を中心に、今でもエキノコックスが流行しています。この寄生虫はキタキツネの腸の中にいると静かにしているんですが、人間に感染すると肝臓や脳に巣くう。寄生して10年以上がたつと症状が現われます。脳に入ると言語障害を引き起こす恐ろしい感染症です」

  頭に虫が湧くなどという冗談が通用しない虫なのだ。

  「キタキツネの数は減っていますが、一方でエキノコックスの人間や犬への感染率は増えています。人間の転勤と一緒に、年間約400匹の犬が北海道から移動し、うち1%が感染したまま本土へ上陸しているという統計があります」  


  我が国で生命に関わる寄生虫エキノコックスだけと断言する藤田氏だが、夏の海外旅行シーズンを見据え、「マラリアエイズより恐ろしい」と警鐘を鳴らす。


  「ハマダラカという蚊に刺されると感染するマラリアは世界最大の感染症で、毎年200万人が亡くなっています。

  特に熱帯熱マラリアはインフルエンザと区別がつきにくく、帰国して2週間目に高熱が出るんですが、5日以内に治療しないと死に至る。

  南アフリカから帰国して、2週間以内に発熱した場合は感染症科に行ってマラリアかどうかを必ず調べてください」  


  熱帯地には昆虫など、寄生虫を媒介する生き物が多く、ブユからはオンコセルカ(失明する病気)、アブからはロアロア(目の中に寄生虫が宿る)などに感染する危険性があるという。


  「象皮病など、フィラリアが引き起こす感染症が有名ですが、あまり危惧することはありません。脚が2倍、3倍に腫れあがったり、陰のうが地面に着くまで腫れるなどの症状は長年にわたってフィラリアに感染して起こるものです。

  オンコセルカロアロアなども同様です。

  数日アフリカに行ってブユに刺されたからといって、いきなりなるものではありません」

  しかし、備えあれば憂いなし。こうした地域に行く際は、長袖のシャツと虫よけは必須だと藤田氏は念を押す。

  ■藤田紘一郎氏 1939年生まれ。東京医科歯科大学名誉教授。医学博士。「笑うカイチュウ」で1995年講談社出版文化賞・化学出版賞を受賞。著書に「恋する寄生虫」「空飛ぶ寄生虫」など多数』


  海外旅行をする人は、日本と違った奇病が世界には存在していると言う事をきちんと理解しておきましょう。

  特に海外一人旅の人は、自分の体を守るのは自分自身しかないと言う事を肝に銘じておいた方がいいです。


  マラリアは幾つか種類がありますが、放置しておくと1週間以内に死ぬ強烈な熱帯熱マラリアもあります。

  マラリアには予防薬もありますが、完璧ではないので油断しないようにしましょう。


  一番の予防は、蚊に刺されないようにすること。蚊取り線香や殺虫剤、虫除けスプレーなどを上手に使いましょう。

  また夜間は蚊帳も大きな防御になります。

   安宿に泊まる時は蚊帳もチェックしてみては。熱帯地方に行く場合、自分で蚊帳を持っていると安心かもしれないですけど、荷物になるのでね・・・。


  経験上、ファンや扇風機を回しておけば大丈夫だけど、その場合風邪をひいたりする事もあるので注意が必要ですね。

海外一人旅の常備薬

ブログネタ
海外出張と海外旅行ノウハウなど に参加中!
海外旅行の常備薬

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000702-reu-int


  『[ニューヨーク 24日 ロイター] スイスの研究者が、海外旅行中にかかる病気には男女によって傾向に違いがあるという研究結果を発表した。

  チューリッヒ大学の研究チームが約5万9000人の海外渡航者を対象に行った同研究によると、女性は下痢などの胃腸疾患にかかりやすく、男性は蚊やダニといった媒介生物が原因の発熱性感染症にかかりやすいという。』


  海外旅行中にかかる病気についての研究結果記事です。

   男の海外旅行者女の海外旅行者では罹りやすい病気が違うようですね。

  いずれにしても海外旅行の常備薬は日本から持っていくようにした方がいいです。


  えっ、海外でも薬は買えるだろうって?

  大体は買えますが、途上国では満足に買えない事もありますよ。


  そうかぁ。でも僕は先進国に行くからいいやですって?


   gidoの海外旅行経験から言うと、先進国であっても海外の薬は一般的に日本人にとってはきついように思います。日本で許可されていない成分が入っている事もありますしね。


   だから、下痢止め風邪薬程度なら日本で飲み慣れた薬の方が安心なんですよ。 お腹を壊しやすい人にはこういったものもあります。

         
水の中の大腸菌を処理し、飲料水を作る 粉末除菌剤3本セットAQUAQU 3本組


  結果として海外旅行で使わなくても、海外一人旅中では持っているというだけで、気持ち的に安心できるかもしれませんね。

デング熱

ブログネタ
旅のアドバイス に参加中!
デング熱


 海外では日本であまり知られていないような病気もたくさんあります。
 このデング熱もその一つでしょう。


 デング熱とは、媒介する蚊に刺される事で感染します。
 東南アジア、中南米などの熱帯・亜熱帯地域でよく流行します。


 マラリアと違って、ちょっとした水溜りなどからも発生するので、田舎じゃない都会でもデング熱は流行します。


 こんな本も海外一人旅をするなら、参考にしてください。
                 
              アジア旅行者のための感染症対策


 デング熱の症状は、5〜6日の潜伏期を経て、突然40度近くの発熱が出ます。
 激しい頭痛関節痛発疹が1週間程度続きます。


 悪い事に、デング熱には治療法予防薬も特にありません。
 但し、特別な治療を行わなくても、デング熱のほとんどは治ります。


 ただデング熱にかかると、ホテルで大人しく寝ていなければならないし、苦しさを伴いますからね。

 ホテルで寝ていると言うことは、短期海外旅行者だと全然遊べなくて帰国なんて事にもなりかねません。


 海外旅行者としては、罹りたくない病気の一つですね、デング熱って。



 さて、予防接種予防薬もないデング熱の唯一の予防方法は、蚊に刺されない事です。

 ですから、蚊帳のあるホテルを選んだり、海外一人旅には蚊取り線香を用意しておきましょう。


 現地でも蚊取り線香は手に入りますが、gidoの経験や他のバックパッカーの話からも、蚊取り線香は日本製が一番効果が高いように思います。

 蚊取り線香はそんなにかさばるものじゃないですし、海外旅行に少しは持っておくといいでしょう。

                 
                【日本製】菊花蚊取り線香


 言葉に不自由する海外では、蚊取り線香もすぐに手に入るとは限りませんからね。
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ