海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

格安航空会社

航空会社選びで時間ロス?

【航空会社選びで泣き笑い】


  格安航空会社(LCC)などの登場により、飛行機が庶民の交通手段となった昨今。

 
 航空会社選びも多様になってきましたね。
    
格安航空会社関連記事 

  特に、有望路線には多くの航空会社が参入して、しのぎを削っています。

 

  さて、航空会社を選ぶ時って、航空券の値段出発、到着の時間帯乗り継ぎの有無航空会社独自のサービスなど様々なことを検討して選びますよね?


  

  今日はちょっと別の角度から見てみます。


  前回にもお話したのですが、バンコクへ行く際に、カタール航空を利用した事がありました。

  カタール航空バンコクが最終目的地ではなくカタールなのですが、その途中まで利用するという人もけっこういるんです。

 

  さてさて、今度はバンコクからベトナムのハノイへの帰り便。

  ベトナム航空利用では必要なかったことが義務付けられてました。

  それはと言うと、健康書類の提出。

 

  出発地が中東からの便だったために、ベトナム入国時に自身の健康状態などを記入して、検疫のところで提出しなければならなかったんです。

 

  それほど大したことではなかったんですが、それでも海外旅行初心者の方にとっては面倒でしょう。何も知らなかったら焦るかもしれません。

  そんなのガイドブックにも載ってないでしょうし・・・。

 

  要は2週間以内に以下の国へ行っていないかどうかと現在の健康について聞かれているのですが、その中に・・・・。

  

 

  結論から言えば、海外旅行初心者の方には最終目的地とダイレクトに結ぶ航空会社がお勧めです。

 
  ベトナムとタイの間には何の問題なくても、航空機の出発地が別の地だと、このように面倒な事が増える可能性が高いんです。

 

  今回はただ書いて提出するだけでしたが、これがニュースになるほどの時期だったら、けっこう厳しく調べられていたことでしょう。

 特に国によっては、そういう検査って時間かかりますからね〜。


  もし、これが厳しいチェックが実施されたら、何十分、何時間と待たされないとも限りません。

 
  それが全入国者に適応されるならまだ諦めもつきますが、航空会社によっては何のチェックもないとなるとどうですか?


  その分、観光の時間が減り、ずっと列に並ばされることを想像してみてください。

 

 というわけで、海外旅行初心者でなくても直行便が一番楽で、お勧めです。


 特に海外旅行初心者の方はANAJALなど日系の航空会社が、何か書類を配られても日本語で質問できますから楽ですよ。

 
  目先の航空券の値段だけで決めるのではなく、色々な要素を検討した方がいいです。

  その分、価値があるメリットもあるかもしれませんからね。

  今回はその具体例についてお話しました。

 

 

格安航空会社を上手に利用

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
格安航空会社(LCC)を使いこなそう


 格安航空会社の波が日本にも上陸して来ました。

  2012年は国内線でも格安航空会社がクローズアップされています。

  全日空系のPEACH(ピーチ)ジェットスター、エアーアジアジャパンなどが次々に路線を開設しました。 今後はアジア近隣の国際線にもどんどん進出すると思います。

  格安航空券ヨーロッパ東南アジアではよく利用されていました。
  但し、格安航空会社は費用を抑えている分、予約の仕方や荷物に対して別途費用を取られる事が多いです。

  例えば、インターネット予約ではなく電話予約するとけっこう手数料を取られたりします。
  機内の食事も有料ですし、座席の幅も席を多くしている分、狭くなっています。
  ですから、大きなスーツケースを持っている場合や長距離路線にはあまり向いていません。

  航空券は格安だったけれど、なんやかんやで別途料金を払っていたら普通の航空券代とかわらなくなってしまったという事もありえます。

  ANAJALなど一般航空会社だとマイレージがついたりもしますからね。
  マイレージが何かわからない方はこちらをチェック
                 マイレージ特集


  そうかと言って格安航空券がダメと言っているのでありません。逆にLCCの航空券はかなり魅力的なものが多いです。

   期間限定ながら有り得ないほど安い値段でチケットを販売する事もありますから、いかに格安航空会社(LCC)を使いこなすかが安く海外旅行をするキモになってきます。

   海外旅行初心者の方、格安航空会社に乗った事がまだない方は、先ずは世界中で格安航空会社を乗りこなしている人の話を聞くのが、具体的なイメージができていいと思います。

格安航空券のリスク

ブログネタ
海外旅行の準備 に参加中!
> 格安航空会社の落とし穴
 

  以前にも少し注意を喚起しましたが、またしても格安航空会社の経営破綻・・。
  今回もエア・オーストラリアというオーストラリアの航空会社が。

  海外旅行時のリスク分散を考えていただきたいので、このニュースを取り上げます。


  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120219-00000011-cnn-int


 『(CNN) オーストラリアの格安航空会社(LCC)エア・オーストラリアが17日、運営資金繰りに行き詰まって経営破綻(はたん)して運航を即時停止したため乗客約4000人が世界各地で立ち往生する騒ぎとなった。
 
 管財企業の任意管理下に置かれることになったが、同航空の報道担当者は短期、中期的に運航再開の見通しはないとし、乗客に対し別の便を確保することなどを求めた。
 
 管財企業と同航空は共同声明で、手持ちの運営資金が払底したため運航便を即時停止すると述べた。管財企業によると、運航中止で約4000人の乗客が米ハワイ、タイ、インドネシアやオーストラリアで取り残された。
 

 タイのリゾート地プーケット島新婚旅行に出掛け、荷物が航空機に積まれた後、空港に留め置かれている夫婦もいる。夫でオーストラリアの会計士は、同航空の経営破綻は航空燃料の支払いに窮したのが引き金になったとみている。
 
 今後の運航便については約10万枚の航空券を既に販売済みだが、フライト再開の時期の見通しがつかないためこれらの航空券が無駄になる可能性もある。
 

 同航空は、航空券の入手方法によって一部の航空券の払い戻しに応じる可能性があるとしている。ただ、現金で支払って必要な保険を掛けていない乗客は払い戻しの対象にならないと述べた。』
 

  ヨーロッパのスペインで突如運航停止した航空会社スパンエア

  ハンガリー政府が支援していると思われたのに、経営破たんしたマレブ・ハンガリー航空。 最近、航空会社が何の前触れもなく運航停止する事態が起こっていますが、今度はオーストラリアの格安航空会社(LCC)のエア・オーストラリア運航を停止しました。

  タイやオーストラリア、インドネシアなどで4000人ぐらいが、このエア・オーストラリアの突然の運航停止で大迷惑。

  スパンエアマレブ・ハンガリー航空のように突然運航を停止したのです。
 

  航空会社の選び方


  タイのプーケット新婚旅行に行って、荷物を航空機に預けたまま待機状態になったカップルがいるという。いや〜、何とも運が悪い・・・。
 
 それにしても10万枚航空券を売っておきながら、現金で払って必要な保険をかけていない乗客は払い戻しの対象にもならないらしいのは納得できないですね。

  航空会社にとっては、すぐに資金として使えるメリットのある現金払いが、払い戻しの対象にさえならないなんてね・・・。 こうなると、買った航空券はパァーです!
 
  航空会社の経営状態はそんなに外部からは分かるものではないけど、あまり名の知られていない航空会社はリスク分散の為にも避けた方がよさそうですね。

要注意の航空会社

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
海外旅行 航空会社の選び方


   http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20120204-00000015-nnn-int


 『ハンガリーを代表する航空会社マレブ・ハンガリー航空」が3日、運航を停止した。資金繰りの悪化が理由だという。

  ハンガリー政府は、これまでマレブ・ハンガリー航空に金融面で支援を行ってきたが、その内容がEU(=欧州連合)の規則に反するとして返還を求められたことが最終的な引き金になったとみられる。』


   ハンガリーの航空会社、「マレブ・ハンガリー航空」が運航を停止しました。ハンガリー政府がバックアップしていたのにです。政府がバックアップしていても、いつ運航停止するか分からないのはとっても不安。

  このマレブ・ハンガリー航空だけでなく、先日もスペインのスパンエアが突然運航を停止しました。

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120129-00000008-cnn-int


 『マドリード(CNN) スペインの航空会社スパンエアは28日、経営破綻(はたん)に陥ったと発表し、多くの乗客が急きょ他の航空会社の便への変更を余儀なくされた。

   スペインの空港・航空管制公団(AENA)は公式サイトで「(スパンエアは)すべての業務を停止した。そのため28日午前2時(日本時間28日午前10時)以降のスパンエアの全便がキャンセルされた」と伝えている。

  スパンエアは「向こう数カ月間の資金繰りのめどがたたないため、慎重かつ確実な手段として、全便の運行を停止した。今後はあらゆる法的措置を講じる」との声明を出した。

 スパンエア
は、同社の便を利用予定の顧客に対し、電話か同社のホームページ上で詳細を確認するよう求めている。

 この事態を受け、スペイン航空最大手のイベリア航空は、地方および国の当局と緊密に連携し、事態緩和に向けた策を練っている。

 イベリアは緊急時対策として、各所に人員を配置し、スパンエアの顧客にとって可能な限り最良の条件で事態を打開できるよう全力を尽くしているとしており、特別運賃での運行や特定路線の増便などを行うという。

  またブエリング航空エア・ヨーロッパスパンエアの顧客への支援策として特別運賃での運行や増便を予定している。』


  突然予約していた航空会社が破綻したら・・・。それも海外旅行の最中に・・・。考えただけでも恐ろしいですよね。  運良く他の航空会社に振り替えできたとしても、時間的ロスや精神的疲労は避けられません。

  運が悪いと、そのチケット代はパーで、現地で新しくチケットを買い直す必要がでてくるかもしれません。

  だから、例え航空券が安くても、あまり聞いた事がない航空会社や経営基盤が危ないと言われている航空会社は避けるべきです。

  経済が停滞している時代では、リスク分散の考え方も必要です。

 日本にも色々な航空会社が参入してきています。この本は航空会社選びに参考になるかもしれませんね。
  

格安航空会社(LCC)と関空

ブログネタ
旅の下調べ に参加中!
関空に格安宿泊施設

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000544-san-bus_all

 『関西国際空港会社が、格安航空会社(LCC)の利用客向けに格安の宿泊施設を設置する方向で検討していることが23日、分かった。

  3月以降、関空にはLCCの新規就航と増便が相次ぐ。現段階ではLCCに深夜・早朝便はないが、今後は増加することが見込まれ、旅行費用を抑えたいLCC利用客向け施設が必要と判断した。

   宿泊施設は旅客ターミナルの向かいにある複合施設「エアロプラザ」内に設置する予定。エアロプラザにはホテル日航関西空港が入っているが、正規の宿泊料金はシングルで2万円を超え、午後11時までの5時間以内の利用でも5775円の費用がかかる。

  LCCの航空運賃は、関空〜ソウル往復で2万円程度からあり、一般的な航空会社の3〜7割も安い。旅費を安く上げたいLCC利用客にとっては過大な負担となるため、新たな宿泊施設では大幅に料金を抑制する方向で、規模や設置時期を詰めている。

   関空2期島の第2滑走路の近くではLCC専用のターミナルが今秋に完成する。関空を拠点にする日本初のLCC、ピーチ・アビエーションのカウンターは、エアロプラザ内に暫定的に設置される。』


   航空業界は戦国時代に突入して、日本航空(JAL)アメリカン航空も破綻して現在再生しています。 そんな中、急激に業績を伸ばしているのはエアーアジアなどの格安航空会社

  必要以外のサービス、例えば食事や荷物預けには新たに別途料金がかかりますが、元が安いので顧客をしっかり掴まえています。

  日本でも全日空などがピーチ・アビエーションを設立して、格安航空会社世界に入り込みました。

     格安航空会社(LCC)の顧客が何を望んでいるのか?それはサービスよりも費用を抑える事です。いくら飛行機代が安くても、宿泊料など他の値段が高ければ意味がありません。

    こうした中、ようやく格安宿にも目が向けられるようになったようです。これって、外国人だけじゃなくて海外一人旅をしている日本人にも大いに喜ばしいことです。

     地方から海外旅行へ行く人や海外旅行から帰国して関空から地元へ帰る人にとって、安く宿泊できる施設が空港近くにあるのは色々とメリットがありますよね?

  見落とされがちですが、地方在住者にとって日本へ帰国してからの国内宿泊費国内交通費の節約対策も必要ですからね。

  海外旅行格安航空会社の進出で益々行きやすくなりそうです。
  格安航空会社を上手に利用して安く海外旅行を楽しみましょう。

 

航空会社の選び方 No2

格安航空会社のリスク 

  
   初めての海外一人旅格安航空会社を利用する場合のリスクもきちんと考えておきましょう。このニュースをチェック。

   http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110617-00000003-pseven-bus_all

  『格安航空会社(LCC)への注目が高まっているが、海外のLCCは、都市に近いメインの空港より、着陸料等の安い郊外のローカル空港に発着することが多い。都市へ移動するのに時間がかかったり、タクシー料金などの交通費が思った以上にかかることがある。

  事前にわかっていればまだいいが、突然、着陸する空港が変更されることまである。

  「LCCは燃料節約のため、本来着陸する空港が混雑していると、上空待機をせずに近隣の空港に着陸したりする。その場合でも移動の交通費や、宿泊する場合のホテル代は自己負担です」(格安航空券販売ラジカルボイス社長のカワベヒロカツ氏)

  到着が遅れて乗り継ぎ便に間に合わなかったときも、LCCでは代わりの便の手配もチケット代の補償もしない場合が多い。予想外の出費を強いられるケースもあるのだ。

  旅行代理店LCCを使って安いパッケージツアーを企画すれば安心して利用できるのだが、現実には難しいという。日本旅行広報部はこういう。

  「フライトがキャンセルされた場合や別の空港に着陸した場合、別の航空便の手配やホテルの手配をしなければならず、対応できないとツアーを履行できなくなる。ツアーに馴染まない面があり、現状はまだ様子見の段階です」


  既存航空会社旅行代理店の手厚いサービスに馴れた日本人には、LCCは少々敷居が高いようだ。 「初めての海外旅行や高齢者の旅行には向きません。LCCは、旅にはハプニングがつきもので、それを解決して楽しむ余裕のある人が利用するものだと思います」(カワベ氏)

  旅慣れた人にとっては“安い足”になることは間違いない。割高といわれてきた日本の航空業界にとって、起爆剤となることを期待したい。』  



  一言で格安航空会社と言っても、エアーアジアのように東南アジアでは知らない人がいないというくらい有名な格安航空会社から、週に数便しか飛んでいないような不安になる格安航空会社もある。


   航空料金が少しぐらい高くても、そちらの方が快適で、結果として全体の交通費を抑えられることもあるでしょう。 ローカル空港は空港からの足を確保するのが大変な場合もありますからね。


  格安海外旅行をしようと思えば、それなりにチェックも必要ですよ。

  格安航空会社の利用も一長一短。 使い方次第で便利になります。
  気になる方は、こんな本も出ています。   
 

タイのビザ情報

ブログネタ
安くていい旅 に参加中!
タイの入国ポイント


   日本国籍ならタイを観光するのにビザは要りません。大使館などに行ってビザを取得する必要がないと言う事です。つまり、パスポートを持ってそのままタイに行けばいいということです。

  日本人の海外一人旅の人パスポートだけでタイに入国できます。  

     しかし・・・。  

  タイの入国について、気をつけて欲しいことがあります。

  日本からタイに来る海外一人旅の旅行者は問題はないでしょう。 
  問題はタイ周辺国旅行していて、タイに入国する場合です。

  タイ空路入国なら約1ヶ月の滞在を許可してくれますが、陸路入国なら2週間の滞在許可しかくれません。(2011年4月現在)


  タイをあちこち見て回ろうという海外一人旅の人にとっては、大問題です。 2週間だとあっという間です。それから、一度近くの国へタイから出なければならないのは非常に面倒です。見たい所があっても、時間との闘いになるかも・・・。

  
   数日くらいならオーバーステイ(違法に滞在)をして罰金を払った方が、もしかしたらいいかもしれません。が、そのオーバーステイの記録が残って、今後タイに入国する際に影響してくる可能性は否定できません。ですから、なるべくなら、そんな事しない方が良いに決まっています。


   ですから、こういう場合は格安航空会社を使って空路で入国した方が、結果として得するという事です。

    格安航空会社エアアジア


  目先の料金の安さだけにとらわれないように旅の情報はしっかり集めておきましょう。 

格安航空会社 エアーアジア

ブログネタ
海外旅行激安旅行 に参加中!
マレーシア格安航空会社 エアーアジア

 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20101210-00000404-fnn-bus_all


  『マレーシアの格安航空会社「エアアジアX」羽田就航便が9日夜、到着した。

  9日午後10時25分ごろ、1機の旅客機が羽田空港上空に姿を見せた。滑走路に滑り降りた赤い機体、ライトに照らされた尾翼に書かれた文字は、「Air Asia(エアアジア)」だった。


  9日午後10時30分、エアアジアXの飛行機が、初めて羽田空港に到着した。世界の空を席巻するLCC(格安航空会社)としては、初めて羽田空港に乗り入れた。


  エアアジアXの乗客は、「第1便で、ほとんどの人が初めてなので、みんな興奮していました」、「海の近さは、ちょっと怖かったけど、それだけです」と話した。


  羽田 - クアラルンプール間の料金は、大手航空会社の半額程度で、その安さは徹底したコストカットや効率化にある。

  マレーシア・クアラルンプールのターミナルは、照明が少なく、とても簡素なつくりになっている。また、機内食は有料と、こうして低価格を実現した。

  
  日本の航空会社にとっては、まさに空からやって来た「黒船」といえる。


  しかし、黒船襲来の余韻に浸る間もなく、エアアジアXの飛行機は到着後、わずか1時間15分後の午後11時45分、羽田空港を飛び立つ予定が組まれていた。

  コストを削減するため、飛行機が空港に滞在する時間を短縮しているという。』


  マレーシアの格安航空会社、エアーアジアがいよいよ日本、それも成田ではなく羽田に参入しました。 

  メチャ便利〜。

 マレーシアのエアーアジアは、ボルネオ島を含むマレーシアの国内はもちろん、タイ、インドネシア、シンガポールなど東南アジアにかなりの路線網を持っていますから、利用価値は大。  


  日本参入で日本人バックパッカーも注目のニュースです。

格安航空会社(LCC)

ブログネタ
アジアが好き! に参加中!
格安航空会社

 日本ではまだあまり馴染みのない格安航空会社

  しかし、格安航空会社ヨーロッパアジアなどでは既存の航空会社の常識を超えたビジネスモデルで急成長しています。電車で行くより安かったりする時も。

  日本で言うなら、スカイマーク北海道国際航空格安航空会社に近いと言えば、近いですが、海外の格安航空会社と比べると全然イメージが違いますね。


  格安航空会社(Low-Cost Carrier、No-Frills Airline、Budget Airline)の定義は、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格でサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社のことです。

  ローコストキャリア(LCC)
とも言われていて、ヨーロッパアジアでは市民権を得ています。

  マレーシアのようにLCC専用の空港があるところだってあります。

  格安航空会社は荷物を預けたり、機内食を食べたりするのも全て有料。チケット予約などもインターネットが主流と言った感じで、徹底的にコストを省いています。

  清掃もSWがやっていたりね。

  これらの格安航空会社は通常の航空会社の無料サービスのコストが削られています。逆に言えば、それが海外一人旅のバックパッカーなどにとっては非常に有難いのです。

  座席の間隔が狭かったり、快適さでは劣りますが、路線網も充実している格安航空会社もありますし、バックパッカーのような貧乏旅行者には利用価値大です。

          とにかく安く行けるんですから。

 必要なら追加料金を払って、サービスを受ければいいだけの話ですしね。


  東南アジアには、マレーシアのエアアジアインドのエア・デカン、インドネシアのライオン・エアなどがあります。


  海外旅行の計画を立てる時に、インターネットで少しのぞいてみるといいでしょう。
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ