海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

格安海外旅行のコツ

どこで両替するか

ブログネタ
旅行 に参加中!
両替  


  国が変われば、貨幣も変わります。

  日本から海外旅行する場合、どこで両替するか。それが問題です。 

  金銭的に余裕がある海外旅行者はこの先、読まないでもいいでしょう。 


  両替手数料などはできるだけ節約して、もっとお金を有効に使いたいと思っているバックパッカーなどの貧乏海外旅行者は読んでください。    


  空路で入国した場合、両替は空港になるでしょう。  
  その国のお金を全然持っていなければ、空港からホテルまでの交通費にも困るでしょうからね。   

  但し、一般的に空港の両替所のレートは悪いです。   市内の両替所と比べると、良いという事は先ずありません。よくて同じぐらいでしょう。


  ですから、空港では1日分くらいの両替だけして、大きな額は市内のレートのいい両替所でお金を替えるようにしましょう。

  途上国なら、それだけで食事の2,3食分ぐらいは浮かせる事ができます。


  その場合、一つ注意点があります。翌日が日曜日やその国の祝祭日でない事を確認しておいてください。銀行や両替所が休みの可能性があるからです。その場合、空港でもう少し両替をしておかないといけませんからね。

  海外一人旅ナビでは、安くて充実した旅の情報を提供していきたいと思っています。

チップのある国

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
バックパッカーのチップ 


  チップ。  日本では全く馴染みのない制度なので、チップ日本人の旅行者は戸惑う事も多いです。   

  チップを払わないで来る人もいるようですが、それはマナー違反。日本人全体に悪い印象を与えるのでやめましょう。

  でも、バックパッカーのような海外一人旅を続けている貧乏旅行者にとって、このチップは非常に痛い。

  だから、欧米のようにチップが必要な国では、チップが必要ないような所で食べるのです。ハンバーガーショップや安い食堂のようなところで。

  gidoフランスでは学食を利用したりもしましたよ。

   一般的なレストランに入るとチップを払わなければなりませんが、どこもかしこもチップが必要かというとそうではないんです。   


  ユースホステルなどにはキッチンも付いているので、バックパッカーなどは自分で料理をして食べている人もけっこういます。  

  チップの必要な国でも、色々情報を得て、うまくお金のやり繰りしましょう。  
 

エアーアジア(Air Asia)特集

ブログネタ
旅の下調べ に参加中!
エアーアジア(Air Asia)特集  


  マレーシアの格安航空会社、エアーアジア。  

  エアーアジアのキャッチコピーは  Now Everyone Can fly    「今 誰もが大空へ」  


  ある意味、飛行機の旅の常識に挑戦するコピーと言えるでしょう。

  今まで飛行機のイメージと言えば、電車や船などの他の交通機関から見ればかなり高いものでした。  

 いくら飛行機の料金としては安くしていても、他の交通機関と比べると高い!  だから、飛行機に乗るだけで、「お金あるね〜」のような時代でした。


  しかし、エアーアジアは徹底的にコスト削減を実施。   

  今では電車やバスと比べてもあまり変わらないぐらいの料金が出ていることもあります。

  時期やチケット購入のタイミングなどにもよりますが、ネットではビックリするようなプロモーションセールも行われているんです。


  陸続きでない場所に行く時は、更に価値が上がります。
  いくら安くても船と飛行機ではかかる時間が全然違いますからね。

   海外一人旅のバックパッカーには利用価値大なのです。いや、時間的に余裕があるバックパッカーよりも、短期間の海外一人旅の人の方がもっと恩恵を受けるかもしれませんね。

  Air Asia(エアーアジア)は東京の羽田空港にも就航しましたし、マレーシアのクアラルンプールタイのバンコクに行けば更に利用価値があがりますよ。


   基本的に直前で予約するとエアーアジアといえども、それほど安くはないので、海外旅行の予定が決まったら早めにチェックしてみたらいいですね。

    Air Asia ホームページはこちら
        エアーアジアHP

格安航空会社(LCC)

ブログネタ
アジアが好き! に参加中!
格安航空会社

 日本ではまだあまり馴染みのない格安航空会社

  しかし、格安航空会社ヨーロッパアジアなどでは既存の航空会社の常識を超えたビジネスモデルで急成長しています。電車で行くより安かったりする時も。

  日本で言うなら、スカイマーク北海道国際航空格安航空会社に近いと言えば、近いですが、海外の格安航空会社と比べると全然イメージが違いますね。


  格安航空会社(Low-Cost Carrier、No-Frills Airline、Budget Airline)の定義は、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格でサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社のことです。

  ローコストキャリア(LCC)
とも言われていて、ヨーロッパアジアでは市民権を得ています。

  マレーシアのようにLCC専用の空港があるところだってあります。

  格安航空会社は荷物を預けたり、機内食を食べたりするのも全て有料。チケット予約などもインターネットが主流と言った感じで、徹底的にコストを省いています。

  清掃もSWがやっていたりね。

  これらの格安航空会社は通常の航空会社の無料サービスのコストが削られています。逆に言えば、それが海外一人旅のバックパッカーなどにとっては非常に有難いのです。

  座席の間隔が狭かったり、快適さでは劣りますが、路線網も充実している格安航空会社もありますし、バックパッカーのような貧乏旅行者には利用価値大です。

          とにかく安く行けるんですから。

 必要なら追加料金を払って、サービスを受ければいいだけの話ですしね。


  東南アジアには、マレーシアのエアアジアインドのエア・デカン、インドネシアのライオン・エアなどがあります。


  海外旅行の計画を立てる時に、インターネットで少しのぞいてみるといいでしょう。

JAL とANA サーチャージ撤廃

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
  JALとANA サーチャージ撤廃

  
  2009年5月現在のサーチャージ(燃油特別付加運賃)に関するニュースです。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090507-00000573-san-bus_all

 
  『日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の国内航空2社は7日、石油価格の高騰から国際線運賃に付加されている燃油特別付加運賃(サーチャージ)を7月から9月の発券分について、無料にすることを明らかにした。

  石油価格の安定とともに、両社は4月にもサーチャージの引き下げを行っており、北米欧州路線で片道2万2000円から3500円となっていた。』   

  一時期サーチャージ代が何万円もしていたけど、変われば変わるもんですね。 日本を代表する航空会社、JALとANAが夏の期間の国際線のサーチャージを撤廃する事になりました。  

  これは旅行者の立場からすると、JAL、ANAからの大きなプレゼントですね。その分、自分を楽しませることにお金が使えるんですから。


  不況の中で、円高メリットを受ける海外旅行は、国際線を運航している航空会社にとっては超目玉のセールスポイントでしょう。


  こういう機会を利用して海外旅行をすれば、海外旅行費用を節約できるでしょう。

   今なら世界一周にチャレンジしても面白いかも。


                      
                      世界一周navi
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ