海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

日本の常識

海外の常識と日本の常識

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
日本と海外の常識の違い

   http://news.livedoor.com/article/detail/9027106/

  日本の常識と海外の常識の違いによって損をしないために。
  こんな記事を見つけましたので、海外一人旅に出かける前にチェックしておいてくださいね。


  『旅行外国を訪れて、日本との違いに驚いた経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。教えて!gooには、海外と日本の違いについて次のような質問が寄せられました。

  質問者は、海外旅行の経験をもとに、「日本では常識のことなのに海外に行ってみたら違っていたということを教えて下さい」「うっかりすると気がつかない盲点となるような情報をお待ちしています」という質問にどのような回答が集まったのでしょうか。


 ■ビックリした日本との違い 「チベット:一生に二度しか身体を洗わないのが普通という感じでした(標高3500mほどの村ですが)。その二度というのは、産湯…そして、死んだ後の清めの湯‥つまり、産湯の後は死ぬまで入浴しないのですが、皆さんいたって健康でした」(kawakawaさん)

 チベットでも、地域によるのかもしませんが、入浴が一生で2回というのは驚きでですね。

  ほとんど仕事ではあるものの、200回も海外へ行ったと話すkawakawaさんは、アジアだけではなくアフリカやヨーロッパなど、さまざまな国に行ったことがあるそうです。

 チベット以外の国での様々な経験も挙げていますので、元のQ&Aも是非ご覧ください。

  「イギリスでは、セルフサービスではない店では、係員が案内するという表示がある場合が多いので、たとえピザハットのようなファーストフード店でも、ウエィトレスやウェイターがサービスしている店では入り口で待つのが賢明です」(kirjolohiさん)

  kirjolohiさんは、勝手に席について、サービスを受けることができなかった東洋人を見たそうです。食事をする際には、事前にサービスの確認をした方が良いかもしれません。

  日本との違いは、他にもたくさん挙げられていましたが、特にインパクトの強かったエピソードの一部をご紹介しました。


  ■注意したい日本との違い 「シンガポールでは横断歩道のない道路を渡る、ごみのポイ捨て、灰皿のない場所での喫煙。食べながら歩く(ポイ捨てに繋がる)、は全て罰金刑です(たしかS$500くらいだったかな?)観光客も問答無用です」(madmanさん) 日本にはない条例を掲げている国もあります。

 
 海外旅行をする際には、楽しい思い出にするためにも、きちんとリサーチをした方が良さそうですね。

  「英国での体験です。電車などで乗り越しをした場合、日本では車内または降車駅で手持ちの切符と降車駅までの運賃を払って清算すれば問題ありませんが、ロンドンの地下鉄では、この手は通用しません。
 キセルとみなされ罰金を取られます」(kirjolohiさん)


  日本の常識が海外では通用しないことも多くあります。

 海外に行く際は、日本とは違うということを認識した上で行動しないと、時には罰金などの思わぬ事態に遭ってしまうこともあるかもしれません。

 他にも、楽しいエピソードや意外な話が満載です。海外旅行の前にぜひこのQ&Aを一読してみてくださいね。』


 夏休みに海外旅行をする人も多いと思います。

 海外の失敗談は時として笑い話で済まないこともあります。

 特にシンガポールなどはルールに違反するとすぐ罰金という感じですので、入国前にチェックしておいた方がいいです。罰金額はけっこうなお金ですから。

  しかし、全ての国のルールを知るのは、海外一人旅者にとっては非常に難しいです。というより、不可能ですよね?

 そんな時は、周りの人の行動をよく観察して、それに準じた行動をすればいいと思いますよ。

  では、良いご旅行を!

海外一人旅心構え (異文化編)4

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
海外一人旅心構え」の異文化について話してみたいと思います。


  海外一人旅では、毎日が異文化体験と言ってもいいでしょう。
  日本の常識が通じません。
  海外では独自の文化習慣があるんです。


  日本で良いと思っていた事が、実はその国ではとんでもない事だったりします。

 
  例えば、タイで子供がかわいくてつい頭をなでてしまったり、女性の前で「コーヒー」と言ったりすると、きっとタイ人から嫌な顔をされるでしょう。

 
      日本の常識で言うと、これのどこが悪いの???

        そんな感じじゃないでしょうか?
        そこが異文化の落とし穴なんですね。

  
  この2つ、日本では別にどうということのない、日常的な行為ですよね。
  日本人でこれらの事で怒る人は先ずいないでしょう。


            でもタイでは違います。


  先ず、子供の頭をなでる行為。
  日本なら子供に対する愛情表現ですが、タイでは頭に神が宿るとされているので、例え子供の頭でも触るのはタブーとされています。


  次の女性に「コーヒー」と言う行為。
  「コーヒー」という発音をタイ語で直訳すると「女性器を欲している」のような意味になり、かなり卑猥な想像をされ、タイ女性からは軽蔑されるかもしれません。

 
  このように国が違えば、文化習慣が違うので注意が必要です。
  日本の常識しか知らなかったら、誤解を生んでしまう事もしばしばです。



  現地の習慣は、できる限りチェックしていった方がいいです。

   トラブルの巻き込まれないだけでなく、自分自身の知識も広がりますしね(笑)。


   こんな異文化心理の本もでています。

                 


   もっと異文化体験を読んでみたい人はこちら
    
★異文化体験コーナー★
    
★海外カルチャーショック★


海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ