海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

旅行者

中国トイレ事情 No2

ブログネタ
ディープ・チャイナ に参加中!
gidoの伝統的な中国トイレ体験


 中国昔ながらのトイレは世界60近く旅してきたgidoにも衝撃的だった。

  前回の中国トイレ事情を読んでいない方は、先ずそちらをご覧ください。

               中国トイレ事情


  先ず中国トイレでビックリさせられるのは、駅やバスターミナルの公衆トイレの扉がないことだ。

  見知らぬ人が入れ替わり立ち替わり入ってくる公衆トイレで、並んで「大」しているんだよ・・・。  いや〜、考えただけでもかなり衝撃的でしょ。

  自分が見られるのはもちろん嫌だけど、はっきり言って人のを見るのも気分がいいものじゃないよね?

  トイレは個室という概念が中国では通じない。  


  また扉があっても、普通に歩いていると中が覗ける程度の低い扉もある。一体何の為に???  中に人がいるかどうかチェックするため??? 

  何気なくトイレを見て、上目使いをして用を足している人と目が合った時には・・・。いや〜、日本人としてはかなり気まずいです・・・。

  このように日本人だととてもじゃないが落ち着いて用が足せない中国の伝統的トイレ


  ところが、中国人を見ていると、平気で用を足しているばかりでなく、中には隣と話したり、携帯をいじくったり・・・。  いや〜、習慣とは恐ろしいものです。 感覚が違う・・・。 

    異文化理解を超えているかも(笑)。


  gidoはかなり現地に馴染むタイプだけど、この伝統的な中国トイレだけは未だに抵抗があります。 他にも中国トイレが気になった方もいらっしゃるようで。

            
     寄生虫博士の中国トイレ旅行記  


  ちなみに上海など大都市のデパートには、日本並みのきれいな個室のトイレもあります。  


  日本人旅行者はそんな所のトイレを利用した方がよさそうですね。 

海外一人旅の心構え 【言葉でストレス編】4

ブログネタ
海外一人旅の心構え に参加中!
海外一人旅の心構えシリーズ、「言葉でストレス編」です。


 
  海外一人旅をしていると、コミュニケーション上の誤解はよく起こるという話をしました。

  それはバイリンガルだろうが、トリリンガルだろうが起こりえます。
  考えてみてください。 
  日本人同士で日本語で話していても誤解って起こるんですよ。


  ましてや、母語じゃない言葉を使ってコミュニケーションをするわけですから、誤解が生じても当たり前なんですね。
 
 でもそれがストレスになってくると、海外一人旅をしていて問題が大きくなります。
 自体、つまらなくなりますからね。



 言葉が思うようにできなくて、自分の言いたい事が充分伝えられなくてストレスになる海外旅行者がいます。

 でも言葉で通じないなら、ジェスチャーや筆記など色々な手段でコミュニケーションをとる事だって可能なんです。もちろん、難しい話はできないですけど(汗)
  それが面白いと現地の人と楽しんでいる旅行者だっています。


            これって大きな差なんですね。 


  海外で言葉が日本のように伝えられない。
  それがストレスになるか、楽しいと思えるか。

  楽しいと思えるようになれば、このジェスチャーは日本と違うんだ!とか、新たな発見に気付いたりするでしょう。




  海外一人旅では、あまり完璧を求め過ぎないようにする事です。



  そうは言っても、実際海外に出ると、どうしても言葉の面でストレスになってしまうと言う事もあるでしょう。特に初めて海外一人旅をする人はね。


  そんな時は、観光地に行って日本人を見つけ、思いっきり日本語で話しましょう。

  愚痴ったっていいんです。思いっきり日本語で発散しましょう。


  そうすれば、気持ちも落ち着き、スッキリした気分になれるでしょう。
  新たな一人旅の活力が生まれるわけですね。



ガイドブックの必要性3

ブログネタ
ガイドブック に参加中!
ガイドブック - livedoor Blog 共通テーマ


ガイドブックは必要かどうか


  それについて話をしてみようと思います。


  海外一人旅を初めてしようとしていますね?


  その時にやっぱり重宝するのはガイドブックです。
  ガイドブックには、その国の基本情報が載っているからね。


  旅慣れた旅人の中には、ガイドブックを持たないでをしている人もいますが、海外旅行初心者ならガイドブックは困った時に一番頼りになるお供です。


  日本人観光客の多い国や場所に一人旅というのなら、日本人の旅行者と友達になって色々聞く事もできるかもしれません。しかし、それでも自分の都合の良く事が進むとは限りません。


  海外一人旅をすると言う事は、自分で宿を探して、自分で行き先を決めるなんです。

 他の旅行者を当てにしてはいけません。自分で色々決めるのに、参考になるのがガイドブックなんですね。



  また、ガイドブックを持たないと入国時に早速困ってしまうでしょう。
  
             なぜだかわかりますか?
  

  外国へ行く時には、必ず機内(もしくは船内)で入国カードが配られます。


  密入国しない限り、どこの国でも入国カードを書かされます。
(1度入国した後のEU諸国は国が変わっても現在はいらないでしょうが、日本からヨーロッパに飛行機で入国する時には必要です)


  その入国カードパスポートを押してもらう入国審査官に提出するわけですが、問題はその入国カードの内容なんです。


  海外旅行初心者と言えども、入国カードに名前や国籍、生年月日などを書かされるのは予想がつくでしょうが、厄介なのはその国での滞在先を書く欄があることです。
  
  滞在先はホテル名でもOKですが、国によってホテルの住所や電話番号を書かされる入国カードもあります。


            その時、ガイドブックがないとどうですか?


  入国審査官がいちいちホテルに電話して調べるわけではありませんが、空欄だと非常にマズイです。


  目を付けられる可能性があり、下手をすると、別室に連れて行かれます。


  旅慣れた旅人なら、その国にありそうな名前のホテルを適当に考えて、近くの人に適当な住所を教えてもらうなんて芸当もできるでしょうが、海外旅行初心者にはなかなかそこまでできないものです。


  それに入国審査を通過してからも困りますね。
  どうやって市内に出たらいいのかも、どこにホテルがあるのかもわかりません。



  というわけで、ガイドブック海外旅行初心者にとっては非常に重要なんです。


海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ