海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

旅情報

ロンドン(英国)の都市情報

ブログネタ
イギリス生活 に参加中!

      ロンドン(英国)の都市情報

 

 

 

 ロンドン(倫敦)英国の首都で、ニューヨーク、パリ、東京と並びトップ水準の世界都市とされています。

 

 

 ロンドン都市圏は比較的平坦な土地に広がっており、その中心部を有名なテムズ川が西から東に流れています。霧の町としても、ロンドンは有名ですね。

 

 

 ヨーロッパ有数の歴史の街「ロンドン」に、2000年のミレニアム・プロジェクトを機に、観覧車" London Eye "やシティの新オフィスビルなど新たなランドマークが誕生しています。

 

 ロンドン・ブリッジビッグベンバッキンガム宮殿大英博物館などの歴史的建造物もたくさんあり、ロンドンは街歩きが大きな魅力のひとつとなっています。

 

   またミュージックアート、ファッションなど、ロンドンが発する斬新なトレンドは常に世界の注目の的。有名な美術館もありますしね。ロンドンは非常に芸術性の高い街です。

                   

 

   【観光査証(ビザ)】

      通常6ヶ月以内の滞在なら不要だが、入国審査官の判断に委ねられる。

      パスポートの有効期限は帰国時まで必要。

 

 

   【通 貨】 

      1ポンド(£/POUND)=100ペンス(PENCE)。

      紙幣/502010、5ポンド。

      貨幣/2、1ポンド。502010、5、2、1ペンス。

 

 

   【時 差】

      −8時間 (夏期:3月最終日曜〜10月最終日曜まで/冬期は−9時間)

 

  

   【オフィスアワー】

      一般商店/9時〜1730分(月〜土)

        *季節、商店により異なる。レイトナイト・ショピング・デーは19時まで。

      銀行/9時30分〜1630分(月〜金)

 

 

     言葉に不安がある人はこちらをどうぞ。                   イギリスの会話帳                        

ジャカルタ (インドネシア)の都市情報

ブログネタ
アジアが好き! に参加中!

          ジャカルタの都市情報

 

 

 ジャカルタ (Jakarta) は、ジャワ島の西部に位置し、世界最大のイスラム教人口を有するインドネシアの首都で、同国最大の都市でもあります。

 

 ちなみに、植民地時代の旧称はバタヴィア (Batavia)です。

 現在、ジャカルタには東南アジア諸国連合 (ASEAN) の事務局も抱えています。

 

 ジャカルタはかつてはオランダによる東インド会社の拠点でしたが、今日では東南アジア経済の一大メッカとして、世界各国のビジネスマンが集う国際都市です。

 

 

 ムルデカ広場を中心に広がる街は、ジャラン・スディルマンの高層ビル群や市内中心部のモスクやカテドラル、コタ地区周辺にみられるコロニアルな風景が鮮やかなコントラストを映し出しています。

 

【観光査証】

(ビザ)

必要。到着時にパスポート・E/Dカード・出国用航空券・査証発行代を持参し、到着カウンターで手続きを行う.。

パスポートの有効期限は入国時から6ヶ月以上必要。余白ページは2ページ以上必要。

【通 貨】

1インドネシア・ルピア(IDR)=100セン(SEN)。紙幣/100,00050,00020,00010,OOO5,0001,000500100ルピア。 

【時 差】

−2時間(夏期・冬期共)

【オフィスアワ ー】

銀  行/8時30分〜1530分(月〜金)

一般商店/10時〜21時(月〜土)  *商店により異なる

            言葉の不安はこれで吹き飛ぶ!!                                                      旅の指さし会話帳 インドネシア語

デリー(インド)の都市情報

ブログネタ
世界の都市情報 に参加中!

デリー (インド)都市情報

 

   デリー(Delhi)はガンジス川北部流域の街で、10億の人口を有するインドの首都です。インドの商業・工業・政治の中心地の1つでもあります。

  

   デリーは、ニューデリーオールドデリーに分けられます。歴史を見てみると、オールドデリーだけだった町に、イギリス統治下の新しい首府としてニューデリーが建設されたのでした。

   つまり、イギリスの設計と建設による新都市部分をニューデリーと呼び、古くからある町をオールドデリーと呼んでいるのです。

   以前はインドの首都と言えばニューデリーとなっていましたが、現在はデリーに変わりました。

 

   ニューデリーの中にはニューデリー行政区があり、ここに連邦の首都機能があります。 首都機能を集約したニューデリーの繁華街、コンノート・プレイスには、ファッショナブルなショップや魅力的なレストランが集まり、各地からのビジターで賑わいが絶えません。

 

  一方、旧市街のオールドデリーには、赤い城ラール・キラー回教寺院ジャマーマスジットが建ち並び、チャンドニチョウクのバザールが無限のエネルギーを発散しています。

 

  【観光査証(ビザ)】 

    インド入国に際して、観光ビザが必要です。

   一般観光ビザの有効期間は発給から6ヶ月。パスポートの有効期限は6ヶ月以上必要。余白は見開き2ページ以上。(2008年現在)

 

  【通貨・貨幣】

     1ルピー(RUPEE)=100パイサ(PAISA)紙幣/500、100、50、20、10、5、2、1ルピー。貨幣/5、2、1ルピー。50、25、20、10、5パイサ。

 

  【時 差】  −3時間30分(夏期・冬期共)

  【 法定休日】 

     1/26  共和国記念日

    8/15  独立記念日

    10/2  ガンディー誕生日

    12/25  クリスマス

 

  【オフィスアワー】  銀行/9時30分〜17時(月〜金)・〜14時(土)

              一般商店/10時〜19時(月〜日)

                  *季節、地域、商店により異なる。

  ヒンディー語を学ぼう  

ビザ免除滞在期間の落とし穴2

ブログネタ
海外旅行の準備 に参加中!
ビザ免除適用条件の滞在期間』の落とし穴の事例を紹介します。


  海外一人旅初心者がビザ免除適用条件の滞在期間で、勘違いしやすい事例です。


  ビザ免除適用条件には滞在期間があるという話はしました。


   国によってビザ免除の滞在期間が違っているので、海外一人旅をする時には行きたい国のビザ情報を大使館やガイドブックで調べます。

 
   ここで海外一人旅の人が陥りやすい、「ビザ免除適用条件の滞在期間の落とし穴」について、説明しますね。



   海外一人旅を決心した貴方は、先ずA国へ行くと仮定しましょう。
   ビザ情報を調べた結果、日本人は3ヶ月ビザなしでいられるという事がわかりました。


  
   そして貴方はA国へ到着します。
   入国書類を書いて提出し、入国係官にパスポート入国スタンプが押されました。
   
              無事入国。やったー!

  
    初めての海外一人旅、先ずは順調に第一歩を記しました。



    それから貴方は2ヵ月半、A国に滞在して、海外一人旅を充分満喫しました。


    そして出国の時。
    貴方は滞在期間がオーバーしているから、罰金を払えと言われます。

                「えっ、なんで???」

    よく見ると、パスポートのスタンプには滞在期間が1ヶ月になっていました。

    でも、日本人は3ヶ月ビザなしじゃぁ・・・・。


    これが、「ビザ免除適用条件滞在期間の落とし穴」です。



   次回は、どうしてこういう事が起こったのか、「ビザ免除適用条件滞在期間の落とし穴」について解説をしていきますね。

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ