海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

安全対策

海外安全情報

ブログネタ
海外の旅 に参加中!

海外で犯罪に巻き込まれたら  

 

 海外の安全面について、参考になる記事を見つけたので参考にしてください。

  http://r25.jp/magazine/ranking_review/10004000/1112008040309.html?vos=nr25vioa000000010032

 

  『旅行仕事海外へ行くとき、一番心配なのは現地で犯罪やトラブルに巻き込まれること。

  被害者になるのは当然イヤだけど、その国の常識や法律を知らないばっかりに、自分が犯罪者になってしまうことだってあるかも? 

 

  身に覚えのない容疑で捕まって、日本に帰れなくなったら…なんて考えたくもない。そこで外務省領事局海外邦人安全課に、外国で逮捕されてしまった場合の対処法を聞いてみました。

 

  「基本的にその国で犯した犯罪は、必ずその国の法律によって裁かれます。何が違法で、どの程度の刑罰があるかというのは国によって異なりますが…悪質ではない軽犯罪では罰金刑や、国外退去になるケースが多いです」

 

  日本では特に問題ない行為が国によっては犯罪になることって結構あるんですか? 「様々な事例がありますが、例えばそれと気づかず軍関係の施設などを撮影してしまうケース。

  カメラ没収なら良い方で、スパイ容疑で拘留されることもあります。

  また、現地で知り合った人物から預かった荷物に麻薬が隠されていて、知らぬ間に運び屋にされていた…など、本人の意図に関わらず麻薬取引に巻き込まれることもあります。

  多くの国が麻薬には日本以上に厳しく、懲役刑で帰ってこられない日本人もいます」

 

  何らかの容疑で実際に逮捕されてしまったら、どう対処すればいいでしょう?

 

 「官憲に拘留されたら“領事に会わせてほしい”と必ず伝えてください。

  自国の領事と面会する権利は国際条約等で保障されていますが、当局側がそれを告げない場合もあるんです。

  要請があれば大使館総領事館から領事が出向き、通訳や弁護士の紹介、正当な人権や法的措置の確保といったサポートをします。

  また、通訳から状況をきちんと説明されるまでは、うかつに書類などにサインしないことも重要です」

  その場に直面したら、はたして冷静でいられるか…。とにかく海外では、普段以上にオウンリスクの精神で!(呉 琢磨)』  

 

  正直、海外一人旅で警察の拘束されたら、メチャメチャ心細いです。 

  例え、自分が悪い事をしていなくてもね。

  gidoも経験があります。  

 

  でも、「領事に会わせてくれ」というのは、頭の中に叩き込んでおきましょう。

  領事は英語で「consul」です。  

  海外一人旅をする前には、こんな本に一通り目を通しておくと良いです。 

                                

            海外旅行安全対策マニュアル

 

  海外一人旅で頼れるのは自分だけと言う状況が、発生するかもしれませんからね。

 

ジェイアイ傷害火災

ブログネタ
旅に出よう! に参加中!

ジェイアイ傷害火災   

 

  ジェイアイ傷害火災と言う会社は、旅行会社最大手のJTBと世界的な保険グループAIGとの合弁会社です。  

  最近では、JTBのカウンターに置いてある海外旅行保険のパンフレットは、このジェイアイ傷害火災海外旅行傷害保険ですね。

  旅行保険、この2つの分野における2社の世界規模のスケールとノウハウそして支援体制が、ジェイアイの経営を安定したものとしているようです。

 

  JTBという旅行を専門としている会社の出資なので、海外のサービスデスク(Jiデスク)には力を入れています。

 

  世界では、英語が通じない国も多数あるため、合計18ヵ国語の現地の言葉で対応できるJiデスク海外旅行者のトラブルを解決してくれます。

 

   Jiデスクは日本人の渡航先の約95%をカバー していると言われていますが、海外一人旅で自分の訪問する都市にJiデスクがあるかチェックしておくといいですね。

 

   詳しくは、ジェイアイ傷害火災に問い合わせてみて下さい。   

     

     参考までに 

          海外傷害旅行保険について

海外旅行保険ポイント

ブログネタ
旅のアドバイス に参加中!

 海外旅行傷害保険のチェックポイントです。

 

  最初にこちらをチェックしてくださいね。 

   海外旅行保険を選ぶポイントとは? 

 

   今回は提携病院の数と場所をチェックします。    

   キャッシュレスと謳っている海外旅行保険会社ですが、キャッシュレスサービスが使えるのはその海外旅行保険会社と提携している病院です。

   世界中、どこの病院でもキャッシュレスというわけではありません。  

 

   キャッシュレスサービスが受けられなければどうなるかといいますと、医師に海外旅行保険の診断書等を書いてもらって、その場は治療費を全部現金で立て替えをして、日本へ帰国してから保険会社へ書類を提出して請求と言う形になります。       

 

        これだと非常に面倒ですよね?

 

    特に長期の海外一人旅の人にはきついでしょう。

    一時的にしろ治療費を立て替えておくのは、治療金額によっては今後の旅の予定を変更しなければならなくなるかもしれません。   

 

   また、海外旅行保険会社へ提出しなければならない書類を紛失してしまえば、保険はパァーという事になります。   

   このようにキャッシュレスで受けられるかどうかは大きな違いがあるんです。  

 

  つまり、海外一人旅で訪問する国や都市に、たくさん提携病院がある方が楽という事ですね。  

 

   gidoも利用した事がありますが、バンコクの大きな提携病院になると、日本語の通訳がついたりする病院もあります。

   これだと、言葉の問題も解消されて安心ですよね。

 

   こういった部分も海外旅行保険のメリットになります。

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ