海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

南米一人旅ナビ

南米の危険な都市

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
南米の危険な経由地

   http://gendai.net/articles/view/life/147307


 『昨年末に南米エクアドル最大の都市グアヤキルで、新婚旅行中の日本人夫婦が銃で襲われた事件。

 地元警察当局は15日、関与した疑いのある犯罪組織の関係先を捜索し、銃や車を押収、10人を拘束した。

  夫婦はガラパゴス諸島に向かう経由地で事件に遭った。このところ、すっかり秘境ブーム。しかし、過酷ゆえ目的地にたどり着けなかったり、事故や事件に巻き込まれるケースも珍しくない。

  旅行作家の下川裕治氏によると、アブナイのはやはり中南米の秘境経由地だ。

 ボリビア・ペルー国境のチチカカ湖(主な経由地はコパカバーナ)やウユニ塩湖(同ラパス)、ペルーのインカ・マチュピチュ(同クスコ)はグアヤキルと同様、危険度が高いという。

 「秘境自体は、国や都市できちんと管理しているし、ツアーでないと入れないため、強盗団に襲われる心配はない。気をつけるべきは経由地となる手前の町です。
 
 旅行者
を狙う犯罪者がウヨウヨいる。秘境に行く旅行者だからお金を持っていると思われるのでしょう」(下川裕治氏)

 最近人気の高いボリビアは市民とのトラブルも絶えない。

「カメラを狙った事件が相次いでいます。ボリビアでは<写真を撮られると魂を盗まれる>と信じている民族がいる。観光で市場などを訪れカメラを向けた途端、地元民に取り囲まれケガをさせられる事件が起きています」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

  秘境は自然ゆえに、事故や体調不良に陥るケースもある。特にマチュピチュは気をつけた方がいい。

 「遺跡は標高2280メートル。メジャーなルートでは、経由地のペルー・クスコから数十分かけて最寄りのポロイ駅に行き、そこから3時間以上かけて麓のマ チュピチュ村に向かいます。

 乗り物での移動ですが、普段から心拍数が上がる運動をしていない人は、高山病にかかって断念しています。遺跡まではたどり着く のも大変。石段で1時間登るため、想像以上に困難なのです」(旅行業関係者)  

 日本では軒並み中止になった南極ツアーも要注意だ。

 「英語に自信がある旅行者は現地発ツアーなどを利用していますが、外国船の難破は少なくありません。氷が崩れて閉じこめられる事故もあります。安全性や補償などきちんと確認しましょう」(渡辺輝乃氏)

  秘境ブームに乗っかるなら、それなりの準備と覚悟が必要だ。』


 秘境に行くには海外一人旅でもある程度の経験がないと高いリスクを負います。 

 エクアドルのグアヤキル新婚旅行の夫婦が強盗殺人にあった事件は記憶に新しいでしょう。

 グアヤキルダーウィンの進化論で有名なガラパゴス諸島への出発地となる都市で、多くの外国人観光客が訪れますが、慣れていないと危険な街です。

  チチカカ湖(主な経由地はコパカバーナ)やウユニ塩湖(同ラパス)、ペルーのインカ・マチュピチュ(同クスコ)も危ないです。

 大きなバックパックでさえ、バスターミナルでよく盗まれたりしますからね。

 南米観光客を狙った犯罪はとても多く、ちょっとした事で殺人や殺人未遂など凶悪犯罪に発展する場合もあります。

 アジアを旅するレベルではないので、貧乏旅行のバックパッカーといえども、時にはお金で安全を買うという意識が必要となります。   

ブラジル・スラムツアー

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
ブラジルのファベーラツアー

 
    サッカーワールドカップ、オリンピックと世界的なスポーツイベントを控えるブラジル。その華やかな一方で、ブラジルの恥部とされているファベーラ(スラム)

   今まではブラジルの中で最も危険な地域として立ち入ることができませんでしたが、今はツアーがあるようです。 このツアー参加は世界の貧困問題を考えるきっかけにはなるのではないでしょうか。

  http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2013/11/post-3119.php?page=2

  『リオデジャネイロ有数の高級ホテルで拾ったばかりの乗客たちを乗せて、バンはエンジン音をとどろかせながら急斜面を上っていく。乗客はかつて見たことがないほど惨めですさんだ光景を一目見ようと首を伸ばす。  
  突然、同市最大のファベーラ(スラム)であるホシーニャが荒れ果てた姿を現す。緑と黄色と白と赤レンガの建物が崩れかけたウエディングケーキのように折り重なり、山の斜面に並ぶ。

  1つしかない狭い道にバンや乗用車がひしめき、その周りにオートバイタクシーが群がる。曲がりくねった道に粗末な料理店や酒場、ジムや市場が点在する。

 1本の電柱から何本もの電線が巨大なクモの巣のように広がりこんがらがっているのを見て、観光客は目を丸くする。道の両側には急勾配の階段が果てしなく続き、まるで拡張し続けるファベーラに張り巡らされた血管のようだ。

  ファベーラは長年、貧しく孤立した危険なスラムとして描かれてきた。映画 『シティ・オブ・ゴッド』(02年)が描くファベーラの暮らしは、足を踏み入れたらまず抜け出せない危険な迷路だ。

  しかし旅行代理店によれば、今やファベーラリオデジャネイロ一の人気スポット。毎年約4万人が訪れ、丘の上に立つ有名なキリスト像に匹敵する観光名所になっているという。

  先日は遠くノルウェーや中国、オーストラリアやプエルトリコなどからの観光客が、約10万人が暮らすホシーニャのツアーを楽しんだ。料金はたった35ドル。

  一行はもっぱら空調の効いた車内で過ごし、住民とやりとりするのは市場でアサイーベリーを買うときくらい。車外に出るのはたいてい写真を撮るときで、もつれた電線や上半身裸の子供たちをバックに1人あるいはカップルでポーズを取った。

  「以前からファベーラの話を聞いて興味があった」と、プエルトリコから来たゴルファーのカレン・カルブスバートは言う。

  しかしスラムの住人にとっては自分たちの窮乏ぶりを見物しに押し寄せる観光客は迷惑だろう、と考えている。

  「ばかな外国人め、と思っているかも」』


   もしファベーラツアーに参加したなら、ファベーラ住民を動物園の動物のような扱いにするのはやめましょうね。

  自分の目で貧困の実態をみる事は世界の色々な事を考える上で大切な事だと思いますので、私もブラジルに行ったら参加したいツアーの一つですね。

コロンビア大使館

ブログネタ
中南米 に参加中!

コロンビア大使館


住所:〒141-0021 

東京都品川区上大崎3丁目10−53

TEL:03-3440-6451

外国公館

南米(南アメリカ)コロンビア在日大使館です。


コロンビアについて   → コロンビア関連


大きな地図で見る

チリ大使館

ブログネタ
貧乏一人旅 に参加中!

チリ大使館



南米(南アメリカ)チリ在日大使館です。

      アルゼンチンの隣の国ですが、チリは魚介類もたくさん食べられており、日本人の生活習慣と共通する点もあります。

モアイで有名なイースター島チリなんですよね。



住所:〒105-0014

東京都港区芝3丁目1−14

TEL:03-3452-7561

在日外国公館


チリに関する情報はこちら  

★チリ・南米情報★




大きな地図で見る 

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ