海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

初めての海外個人旅行

海外一人旅でパスポートを失くしたら

【海外個人旅行でパスポートの重要性】


 日本はGWに入りましたね。GWに海外旅行する方も多いんじゃないでしょうか。
 円高になりましたから、海外旅行するにはメリット高いですね。

 さて、今回は海外一人旅で一番大事なパスポートについてです。

 海外一人旅で何が大事かと聞かれれば、個人差はあるとは思いますが、僕にとってはやっぱりパスポート。 これが一番と言ってもいいでしょうか。

 もちろんお金やクレジットカードなど甲乙つけがたいものもありますが、今回は海外旅行におけるパスポートの重要性についてお話しします。

 パスポートがないとそもそも海外旅行できません。当たり前ですよね?
 ま、これを知らない人はいないと思います。

 でもですね、元モーニング娘の保田圭さんが旦那とシンガポール旅行を計画していたのに、旦那さんのパスポートが期限切れて旅行断念したように、有効期限もよく確認しておかないといけないんです。

 有効期限が切れていれば、もちろんそのパスポートは無効です。使えません。

  パスポートというものは、海外個人旅行をしている時に、唯一自分の身分を証明してくれるものです。

 バッグにちょっとわかるようにパスポートを入れている人をたまに見ますが、僕なんかゾッとしますね。なんか盗ってくれといっているようなもんじゃぁないかって。

 パスポートをなくしたり、盗られたりすると、帰国もままならなくなるという事実をあまりわかっていない人なんでしょう。

 海外旅行どころの話じゃなくなる可能性がぐっと高くなります。

 パスポートがないと自分が日本人だと言う証明ができません。

 世界には、国によっては絶えずパスポートを携帯しなければならないという国もあります。 そんな時に警察から尋問を受けれてパスポートがないとわかれば、不法移民と誤解され、下手をすれば牢屋行きです。

 優しく対応してくれる所ばかりじゃないのが世界です。


 また、ホテル滞在時にパスポートを預けなければ、ホテルに泊めてもらえない国だってあります。そんな国では、すぐその海外生活に支障がでてきますよね? 今泊まっているホテルは引き続き泊めてもらえるかもしれませんけど、他に移動できなくなります。

 
 因みに、パスポートを盗られたりした場合は、警察でパスポート紛失の証明書作成、次にその国にある日本大使館もしくは領事館に行って、新しいパスポートを発行してもらうことになります。

 日本へ帰国するだけなら、渡航書と言うパスポートの代わりになるものもあります。

 この手順を見ても、どれだけ面倒か想像できますか。
 海外一人旅に慣れていない方はピンと来ないかもしれませんので、簡単に解説をしますね。

 先ず、警察での証明書を書いてもらう作業。警察がどこにあるのか、警察内のどこへ行ったらいいかもわからないですよね? 日本語が通じるような恵まれた所はほとんど期待できませんよ。そうなると、その作業だけで1日が終わってしまうかもしれません。

 いや、場所によっては、「また明日来て」と他の担当者に回そうとするかもしれませんよ(笑)。冗談抜きで。

 ようやく警察の盗難証明書をゲットして日本大使館へ。
 通常、日本大使館というのは、その国の首都にあります。 アジアの国ように大使館以外に領事館がある国もありますが、日本から距離が離れるにしたがって領事館がある確率は低くなります。

 いずれにしても日本大使館または領事館に行かなければならないんです。自分が遠く離れたリゾート地にいたとしても、パスポート手続きの為、飛行機に乗るなり、電車に乗るなり、バスに乗るなりしてそこまで辿りつかないといけないわけです。

 交通事情によっては、1日で行けない事だってありえます。 最近では、テロの影響で色々な交通機関でパスポートで身分確認をする所が増えています。飛行機などは先ずパスポートがないと乗れないでしょうね。

 どうですか。

 パスポートを失くしたり、盗られたりすると、非常に面倒だという事がわかっていただけたでしょう?

 だから海外旅行パスポートを無造作に扱っているのを見ていると、こっちがハラハラしちゃうんですよね。 また、

 念のため、パスポートのコピーも取っておくといいです。 パスポートのコピーがあると、事情を話せばわかってもらえることもあります。

 何もないと疑われるだけです。不法移民のように扱われたって嫌ですしね。 コピーでもないより全然いいですし、相手の態度もそれで変わってくる事もありますからね。

 費用だって10円ぐらいのもんですし、ホテルに置いている荷物に入れておけば、助かったと思う事もあるかと思います。

 もう1枚コピーしておいて、財布やハンドバックなどに入れておくのもいいんじゃないでしょうか?

 とにかく海外旅行では、パスポートの取り扱いは慎重にしてくださいね。
 

短期海外旅行のホテル

スキマトラベラーのホテル選び


   長期にのんびりと海外旅行するバックパッカーと違って、やっと会社の休みが取れて3,4日で海外旅行する人もいる事でしょう。

  そんな短期海外旅行者にとってホテル選びのポイントは何でしょうか。
  この記事が参考になりますよ。

   http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160227-00010002-dime-life


  ■短期海外旅行で理想の宿とは? 平日はしっかり仕事をして、休日はじっくりをする。そんなライフスタイルを雑誌「DIME」では「スキマトラベラー」と称し、旅エッセイを連載中だ。

  ここでは番外編として、スキマトラベラー向けの理想のホテルについて考えてみる。

  海外旅行のホテル選びでは、自分が何を優先したいのかを明確にすると失敗が少ない。もちろん、行き先や旅の目的にもよるのだけれど、週末海外などの短期旅行に限って言えば、重視しているポイントが3つある。

  (1)立地

   まず、何よりも優先すべきは立地条件だろう。できるだけ無駄を省き、効率的に行動したいスキマトラベラーとしては、駅から近く、街の中心部へアクセスしやすい場所に拠点を置くと何かと便利だ。

  夜遅くなっても安心だし、忘れ物をしたとしても気軽に取りに戻れる。

  逆に言えば、どんなに素敵なホテルでも、街から遠い不便な場所にあるのならば、それだけで敬遠してしまう。

  (2)寝心地

   スキマトラベルでは滞在時間が限られるがゆえに、に対して貪欲になる。日中は精力的に出歩き、ホテルへは寝に帰るだけ、というパターンも少なくない。

   だからこそ、部屋での寝心地にはとくにこだわりたい。体調管理は旅人にとって無視できない課題である。寝心地のいいベッドでぐっすり眠って体を休め、快調な旅にできればと願う。


 (3)客層

   星の数や料金といったホテルのグレードを表す単純な指標とは別に、そのホテルがどういった客層をターゲットとしているのかにも注目したい。

  場違いなホテルに泊まると居心地の悪さを覚えることがある。それに若い頃の旅とは違い、できれば年齢相応のホテルに泊まりたいなあと考えるようにもなった。

  自分の旅にマッチしたホテルを選びたいところだ。


  以上が、短期旅行者向けホテル選びの三箇条である。

  これらを満たすホテルとは、どんなところなのか。次ページからは具体例を紹介していく。


  ■週末バンコク向け立地抜群ホテル

  週末や連休だけでも、アジアなら気軽に行って帰って来られる。中でも週末海外の王道と言えるのがタイのバンコクだ。

  個人的には最も渡航回数の多い旅先でもあり、この街ではゲストハウスから高級ホテルまであちこち泊まり歩いてきた。

  今回は前ページで紹介した条件を満たす宿の例として、「クラウンプラザ バンコク ルンピニ パーク」(以下クラウンプラザ)を紹介したい。

  クラウンプラザが何より魅力的なのが、その立地だろう。ラマ4世通りとシーロム通りが交差する場所に位置し、どこへ出るにも便利な場所である。

 バンコク市内にはBTSと呼ばれるモノレールのほか、MRTが走っているのだが、それら両方の駅が近い。最寄りはBTSがサラデーン駅、MRTがシーロム駅で、いずれの駅へもホテルから徒歩5分圏内である。

 ホテルの周辺はバンコク屈指の繁華街となっている点にも注目だ。シーロム通りから垂直に伸びるパッポン通りやタニヤ通りは、東南アジアを代表するレベルの夜の街として知られている。

 飲食店や土産物屋がズラリと並び、夜になると通りは屋台で埋め尽くされる。宿が至近となれば、夜遅くまで飲み歩いたとしても安心だ。

 シーロム通り周辺は、東京に喩えれば丸の内のようなところで、企業のオフィスが集まっている。ホテルが入るビルの中層階にも日系企業がテナントとして入居している。

 旅行者
だけでなく、仕事の出張で訪れた人にも利便性が高そうだ。

  目まぐるしい発展を遂げつつある大都市バンコクの、ほぼど真ん中に位置するホテルだけに、いかにも都会的な宿泊体験ができるのもクラウンプラザの魅力だ。32階建ての高層ビルの上層階がホテルになっており、客室からは街を一望できる。

 近隣ホテルの屋上を眼下にできるほどの高さで、この眺望が得られるだけでも大きな価値があると感じた。


 ■快眠できるから、旅が好転する

  立地を重視したホテルでは、そのぶん客室が狭いケースもしばしば見られるが、クラウンプラザではこの点も問題がない。客室はスーペリアルームでも34m2、デラックスルームになると46m2もある。

 都心でありながらも、のんびりと快適な滞在を送れるのはうれしい。

  高層ビルの24階から上がホテルになっており、客室数は計243。21階に会議室、22階にレストラン、24階にプールやスパが設置されている。31〜32階はクラブフロアとなっており、専用のラウンジなども利用できる。

 「短期旅行者向けホテル選びの三箇条」の二つめ、「寝心地」についてもクラウンプラザはとくに力を入れている。2016年1月より、新たに「スリープ・アドバンテージ」という独自の快眠プログラムが導入されたばかりだ。

 その内容は以下の通り。

  ■日本人旅行者が安心して泊まれる クラウンプラザでは朝6時半〜夜11時まで、日本人のゲストリレーションが常駐している。タイ語や英語が不得意でも、日本語でやり取りができるのはありがたい。

 ほかにも、客室のテレビではNHKだけでなく民放キー局の番組も観られたり、トイレには日本製のウォシュレットが備え付けられているなど、細かいけれど日本人なら喜ばしいサービスも。

 これはバンコクに限らないが、近年は特定の国からの旅行者が激増したことで、ホテル滞在時に文化の違いによるトラブルがしばしば起こるようになった。

 このクラウンプラザは日本企業の出張者が多く客層の半数以上が日本人だというので、その点が気になる人にとっては安心かもしれない。 さらにはホテル内のバーも、比較的静かな大人の雰囲気となっている。

 東南アジアのバーでは、バンドの演奏がジャカジャカ流れているような、いかにも欧米人好みな雰囲気の店が多いので、この静けさは案外貴重だ。

 前述した通り、周囲には日本人向けの飲食店が集まった通りがあり、立地的にも日本人旅行者にとって特別便利な場所となっている。

 「三箇条」の三つめ、客層に関して言えば、クラウンプラザはずばり「日本人向け」のホテルと言えそうである。

 海外旅行
らしいゴージャス感を味わえつつも、派手過ぎず適度に落ち着いた雰囲気なのも好感が持てる。大人の旅にはこういうホテルがちょうどいい。』  


  短期海外旅行者(スキマトラベラー)は現地でやりたい事と比べて時間がないことから、いかに効率的に回るかが重要になってきます。

  そこで宿泊するホテルが重要になってきます。
  先ず何よりも、ぐっすり眠れるかどうかが大切ですね。  

  ホテルの周りがうるさかったり、ベッドや枕が合わなくてよく眠れないというのは翌日の観光に響いてきます。そういうわけで、ホテルに泊まっている客層も重要です。  

  安いホテルと比べて少々高くても、旅行日数が短ければ快適なホテルを選択すべきです。

  寝不足になって翌日の観光が辛くなったりしては元も子もありませんし、そういう時は盗難などの犯罪にも遭いやすくなります。  集中力がなくなっていますからね。


  海外ホテルもひと昔の状況とは違って、ネットで予め予約できるようになりました。 

  長期海外旅行者と違って時間がもったいないわけですから、ホテルは予約しておいた方がいいと思います。     
  ホテル探しで時間を費やすくらいなら、その分観光に回したいですよね?

  最近のネットのホテル紹介はよくできていて、場所(地図)や部屋の写真なども載っています。また、以前泊まった事がある人の評価やコメントなどもありますので、それを参考にするのもいいと思います。 

  海外ホテルの紹介は色々な旅行会社が紹介してますが、日本の旅行会社は紹介しているホテルの件数が概して少ないです。

  私のお勧めはAGODAです。

  AGODAは世界中で75万軒以上のホテルを最大75%OFFで取り扱っているオンラインホテル予約サイトですから、他の会社では載っていないホテルなども選べます。

  選択肢が多ければ、自分の希望するホテルが見つけやすいですよね?
   
    口コミ情報800万件以上の掲載で、ホテル選びもラクラク!  
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ