海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

中国旅行ナビ

情報収集の大切さ(チベット情報)

ブログネタ
バックパッカー に参加中!
中国旅行のチベットニュース(2009年2月)


  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000022-rcdc-cn

  『2009年2月13日、米ラジオ局のボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、来月14日の「チベット騒乱1周年」と同10日の「ラサ蜂起50周年」という“敏感な時期”を控えた中国で、外国人がチベット自治区やその周辺地域を訪問することが全面禁止となっていると報じた。   


  外国人の訪問が禁止されているのは、チベット自治区や四川省、青海省などのチベット系住民が多く居住する地域。

  甘粛省甘南チベット族自治州観光局によると、この措置は中国の正月春節」前から始まっており、3月末まで続く。

  香港・マカオ・台湾の住民も入れない。  


  ドイツ訪問中のチベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世は、現在のチベット情勢について「かなり緊迫している。いつ騒乱が起きてもおかしくない状況だ」とコメント。


  ダライ・ラマの私設秘書、テンジン・タクラ(Tenzin Takhla)氏も、「中国政府はこの2〜3か月、特に警戒を強めている」と指摘した。


  これに対し、中国外交部の姜瑜(ジアン・ユー)報道官は「現在チベットは安定を保っている」と反論。

  昨年の騒乱後、外国人記者のチベット入りが以前より難しくなったことは認めたが、「全てはチベットの安定を守るため」とその正当性を強調した。(翻訳・編集/NN)』



  海外一人旅をしていると、現地の情報は刻一刻と変わっているという事が良くわかると思います。

  ガイドブックにいくら書いてあっても、それは少なくとも1年前の情報です。


  このニュースのように、いきなり海外旅行で予定していた所に外国人が入れなくなったりします。


  別にこれは中国だけに限った事ではなく、途上国などでもよく起ります。だから現地に最新情報を手に入れましょうという事ですね。


   海外情報収集については、こちらも参照してください。
         インターネットで情報集め

中国旅行のチェックポイント

ブログネタ
旅行−中国 に参加中!

中国旅行のコツ


 前回、中国旅行における注意点についてお話ししました。 
 今回は実際に2009年の旧正月の様子を記事にしたニュースを見てみましょう。


 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0113&f=national_0113_004.shtml


  『中国中央電視台(中央テレビ、CCTV)は11日に放送した時事討論番組「新聞1+1」の中で、「鉄道乗車券をどのように入手するか」との質問に、「駅窓口など正規のルートで」と回答した人は全体の15.4%にすぎなかったことを明らかにした。  

 「知り合いなどを頼って」は、47.3%、「ダフ屋」は37%で、いわゆる「裏口」で入手すると回答した人は84%以上だった。

  中国は26日、最大の伝統祝日である春節(旧正月)を迎える。

  前後には膨大な帰省客が集中するため、交通機関の特別輸送体制「春運」が11日に始まった。

  しかし、鉄道乗車券は入手難で、「いくら並んでも買えない」などの不満が出ている。   乗車券の入手難で、最大の原因は鉄道輸送力の限界とされている。

  09年の春節で、帰省客などは前年比3.5%増の延べ23.2億人と見込まれている。一方、鉄道が輸送可能なのは延べ1.88億人。帰省客の多くは長距離バスなどを利用するが、鉄道の輸送力不足は36.1%の計算という。


  ただし、利用者が極端に集中する春節期の需要に合わせて輸送力を増大させようとすると、莫大な投資がそれ以外の時期には無駄になるというジレンマがある。  

  鉄道職員の横流しが多い理由としては、中国人特有の親戚や知人・友人との人間関係の濃厚さがあるとの見方もある。

  困った知人から便宜をはかることを求められた場合に、へたに断ると人間関係が崩れる恐れがある。「“つて”の“つて”の“つて”」式に、直接の面識がない人のために乗車券入手を依頼された場合にも、「あいだに立つ人の面子を考えると、かえって拒否しにくい場合がある」という。


  このため、「人間関係を大切にする伝統は本来、美徳のはずだが、中国に多いルールを軽視したコネの横行などでは、悪い面が出ている」との指摘がある。   

  また、入手難を見込んでダフ屋も横行。鉄道部はダフ屋撲滅のため、乗車券販売担当者に対する「4つの不許可」として◆勤務時に他人の代理で乗車券を購入◆故意に乗車券を買い占める◆個人の現金や携帯電話を所持しての勤務◆勤務するデスクに個人の持ち物を置く――ことを禁止した。


  しかし、「毎年のように繰り返されており、効果は極めて疑問」との見方が多い。  

   写真は乗車券を求める人で混雑する北京西駅。中国新聞社が11日に配信。(編集担当:如月隼人)』



  いかがですか?


  中国語も不自由な旅行者なら、チケット入手がいかに困難か理解していただけたことでしょう。

   こちらも参照してください。 
      中国旅行の肝        中国旅行の注意点

       
              

     中国旅行危険読本&香港・マカオ・台湾

中国旅行の注意点

ブログネタ
中国 に参加中!

中国旅行の注意点  

 

 中国一人旅する際は、他の国を旅行する時と違った点に注意が必要です。

  中国では、1週間前後の大型連休と言うのが2つあります。  

 

  一つは、春節と呼ばれている旧正月の祝い。

  中国では1月1日より、この春節の方が大事です。

  もう少し説明を加えると、春節(しゅんせつ)とは旧暦の正月の事です。

  中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国のみならず台湾やシンガポールなどの中華圏国家では数日間の祝日が設定されています。

 

  もう一つは、国慶節です。

  国慶節というのは、早く言ってしまえば中華人民共和国成立を祝う日です。

  これは、1949年10月1日に天安門広場にて、中華人民共和国の建国式典が行われ、毛沢東により中華人民共和国の成立が宣言されたことにちなんでいます。 

 

  中国では、この春節国慶節が大型連休になります。

 

  ここで海外一人旅の貴方が注意しなければいけないのは、ビザ(VISA)の問題です。 

  2008年10月現在、日本国籍を持っていれば2週間ノービザ中国に入国できますが、この大型連休を知らないととんでもない目に遭います。

 

   先ず、中国人の多くが故郷に帰省しますので、電車やバスのチケットがなかなか取れません。2〜3時間は、列に並ぶ覚悟が必要です。それでも希望通りのチケットが取れることは稀でしょう。

   また、ホテルの値段も通常よりアップします。

 

  このように海外一人旅をしているバックパッカーなどにとっては一番中国旅行しずらい時期です。   

 

  例えノービザからお金を払ってビザ取得をしようと思っても、オフィスは1週間程度休みですしね。   

  できれば、この時期の中国旅行は避けた方がいいでしょう。  

 

   ★中国旅行に関するもの★   

 

  下手をすると中国の移動だけで時間がかかり、本来の中国旅行の目的を達成できない可能性が大です。  

 

  もしこの2つの大型連休を挟んで中国するなら、必ず日本で1ヵ月ビザを取っておきましょう。   

 

  ノービザ中国に入国して、本当に苦労していた旅行者gidoは何人か知っていますからね。

 

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ