ブログネタ
トラベラーズチェック に参加中!
 海外一人旅をする貴方が、トラベラーズチェック(T/C)を購入の時に考えなければならない事は、何の通貨で持っていくかです。


  トラベラーズ・チェック(TC)は主要通貨で発行可能です。

  ですが、最近の世界情勢を見ると、海外一人旅でも長期間するバックパッカーなどはアメリカドルユーロを持っているのがいいでしょう。


  では、短期間の旅行者はどうでしょうか?


  これは貴方の海外旅行行き先によります。


  海外一人旅の行き先が、東南アジア韓国中国台湾なら、問題なく日本円でしょう。

  円を他の通貨に変えるには、為替レートの影響を受けますからね。何度も通貨両替をしていると、その分、手数料も高くなります。目減りが多いと言う事ですね。

  ですから、日本円が良く使われていて、両替レートも悪くない国へ行く場合には、わざわざ他の国の通貨を買う必要はありません。


  トラベラーズチェック(TC)には先ほどのアメリカドル(USドル)ユーロ日本円に加え、あまりポピュラーじゃありませんが、オーストラリアドルカナダドル英ポンドスイスフランがあります。


  これらの国を中心に回る海外一人旅旅行者なら、その国の通貨トラベラーズ・チェック(TC)を作ればいいと思います。


  ここでGidoのワンポイントアドバイス。


  今までアジアを中心に海外一人旅をしてきて、今回初めて中南米へ行く人がよく陥るトラブルです。

  アジアでは日本円が問題なく両替できました。 まあ、アジアと言っても、西アジア中近東になるとちょっと違うかもしれませんが・・・。


  それに慣れて、中南米にも日本円を持って行く海外一人旅旅行者がいます。

  はっきり言って、中南米日本円両替してくれる所はメチャクチャ少なく、ほとんどの所で断られます。


  両替できる所も、基本的にかなりレートが悪いです。


  特に日本円トラベラーズ・チェックの場合、現金に比べて、両替するのはもっときついと思います。

  なんだかんだと言いながら、中南米アメリカドル(USドル)圏です。ドルの流通が一番スムーズなんですね。


  ちなみに、エルサルバドルパナマエクアドルのように、自国の通貨アメリカドル(USドル)にしている国もあるほどです。


  中南米海外一人旅するバックパッカーは、ここでドルの現金を補充しておくといいでしょう。


  結論として、メキシコ以南の中南米の地域に海外旅行に行くのはアメリカドル(USドル)が一番、それにユーロをいくらか持っていくのがベストだと思います。


  トラベラーズ・チェック(TC)を買う時には、自分の行き先、期間などを考えて購入してくださいね。