海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

三井住友海上

海外旅行保険が変わる!?

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
損保の合併 ニュース


  三井住友海上ニッセイ同和損害保険あいおい損害保険の経営統合が発表されました。

  3社ともに海外旅行保険を取り扱っていただけに、これから変更が出る事が予想されます。

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000592-reu-bus_all


  『[東京 23日 ロイター] 三井住友海上グループホールディングス<8725.T>、あいおい損害保険<8761.T>、ニッセイ同和損害保険<8759.T>の大手損害保険3社は23日、2010年4月に経営統合することで基本合意したと発表した。

  あいおい損保ニッセイ同和損保の両社が合併すると同時に、合併新会社と三井住友海上の2社が持ち株会社の傘下に入る。

  売上高に相当する収入保険料の3社合算は、東京海上ホールディングス<8766.T>を上回り、国内最大の損保グループになる。  

  来年4月の統合に向けて今後、正式に協議に入る。2009年3月決算を経て9月末めどに統合比率を決め、来年1月めどに臨時株主総会を開くとともに監督官庁の認可を受け、統合実現を目指す。

  3社は、グループの三井住友海上きらめき生命保険とあいおい生命保険の両社も合併する方向で検討する。

  統合持ち株会社は、現在の三井住友海上HDをそのまま活用する。来年4月に、三井住友HDは、あいおいニッセイ同和のそれぞれと株式交換し、同日中にあいおいニッセイ同和が合併する。

 
  三井住友海上HDと合併新会社は名称変更する予定。これにより、持ち株会社の下に、事業会社としての三井住友海上と合併新会社の2社がぶら下がる体制になる。  


  記者会見した三井住友HDの江頭敏明社長は、2010年4月以降は持ち株会社に三井住友海上と合併新会社が並存するが、2社を再合併させるかどうかは「現時点で未定だ」と述べた。ただ「機能別・分野別にするなら2社あったほうがいい」として、持ち株会社の下で、機能別に再編することも含めて「これから検討していく」と話した。  


  <トヨタ、日本生命、三井・住友の顧客基盤> 


  3社の統合によって、連結ベースの保険料収入は約2兆7000億円になり、東京海上HDの約2兆2000億円を抜いて国内首位となる。世界的な損害保険会社のランキングでは10位以内に入る。


  三井住友海上によると、円高が進んだ1月の為替レートで5位、昨年3月末のレートで9位に入るという。江頭社長は「世界トップ10の保険会社に入るが、売上高だけではなく、利益でもトップ10に入るように努める」と語った。

 あいおいは、トヨタ自動車<7203.T>が33.4%を出資する筆頭株主で、ニッセイ同和は、日本生命が35.4%を出資する。


  3社統合の強みについて、江頭社長は「トヨタ、日本生命、三井・住友グループの顧客基盤を持つ保険グループになる」と強調した。 


  ただ、中期的な売上高や利益目標は今後の協議で「遅くとも秋ごろには決める」(江頭社長)としている。今のところは、3社のシステムコストは年間680億円だが、単純に見積もっても200億円前後のコストを削減できる見込みという。

  統合によって、1)海外事業の共同展開、2)システムの共有、3)代理店教育の共同実施、4)新商品の共同開発――などを進めていく。 (ロイター日本語ニュース 村井 令二記者)』  


  
  三井住友海上の海外保険についてはこちらを参照   http://www.kaigaihitoritabi.com/archives/51050103.html  

  ニッセイ同和損害保険についてはこちらを参照   http://www.kaigaihitoritabi.com/archives/51051318.html   


  今後、私達海外旅行者海外旅行保険選びにも影響が出そうですね。

三井住友海上

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!

三井住友海上

 

  三井住友海上海外旅行傷害保険の特徴を説明します。

  海外旅行先でケガ、病気、盗難などのアクシデントに遭った場合、保険内容のご照会、保険金請求の相談、トラベル関係の相談などができるのは当たり前ですね。

 

  三井住友海上の海外旅行保険は、専用無料電話番号、コレクトコールで以下の事が利用できます。

  (1) 保険金請求・相談サービス   

   事故報告や、最寄りの病院・日本語が通じる病院を知りたい時に便利。

 (2) クレームエージェント・アシスタンス会社のご案内    

   最寄りのクレームエージェント等を知りたい時に便利。

 (3) トラベルデスクサービス    

   各国・各都市の情報を知りたい時や、ホテル・レストランなどの予約をしたい時にも手伝ってくれます。   

 (4) 三井住友海上緊急アシスタンスサービス(年中無休・24時間・日本語対応受付)  

   緊急の場合で、最寄りの病院や日本語が通じる病院を知りたい時、病院等への移送が必要な時、日本への緊急移送が必要な時などに、国際アシスタンス専門会社が直接サポートしてくれます。  

 

  もちろん キャッシュレスメディカルサービス もあります。

 

  でも、三井住友海上海外旅行保険の一番の特長は、ドクターホットラインではないでしょうか?  

  これは、米国財団法人 野口医学研究所との提携により、電話で日本人医師が以下のご相談に応じるサービスです。(無料)

 

  ・ 医療上のアドバイス      ・ 現地の医師、病院の紹介

 ・ 外国人医師との通訳      ・ 留守宅への緊急医療メッセージ  

 

  詳しくは三井住友海上へ問い合わせてみてください。  

  海外一人旅をする予定の都市に、自分が望むサービスがあるかどうかチェックが必要ですね。

 

   参考までに   海外旅行保険について

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ