海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

マレーシア一人旅

マレーシア料理【ナシゴレン】

ナシゴレンタイ
 
 
  今日はちょっとマレーシアの料理を紹介します。

  食べた昼食はこれ。

   ナシゴレンタイ
 
  ナシは「ご飯」、ゴレンは「揚げる」だけど、この場合は「炒める」が適当で日本で言うチャーハンのような意味です。最後のタイは???
 
  別にタイ人が好んで食べるというわけでもなさそうなんだけどね〜。

 
  因みにタイの有名都市パタヤの名前を付けた「ナシゴレンパタヤ」もあります。
 
  ナシゴレンパタヤはオムライスのように卵でナシゴレンを包んだような物で、特に「パタヤ」というタイの街に名前とは関係ないような。

  なぜ「ナシゴレンパタヤ」になったか謎です(笑)。
 
  このナシゴレンタイに付いている小魚の干物がメチャ塩辛いんです。
  よくこれをおかずにするよなという感じ。
 
P_20160324_112425[1]
  久々に食べると懐かしいですね。


 

海外一人旅では現地習慣に細心の注意を!

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
海外旅行で最も大事なポイント

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00000005-rcdc-cn



    『2015年10月28日、ボルネオ島のマレーシア領であるサバ州で、全裸の写真を撮影したとして拘束された中国人観光客らに対し、サバ州警察はブラックリストに入れてサバ州への立ち入り禁止を検討すると述べた。中国新聞網が伝えた。

 サバ州センポルナ沖のSibuan島のビーチで21日、中国人観光客らのグループが全裸で撮影しネットで拡散したとして、現地の警察が中国籍の男(33)の身柄を拘束した。

  サバ州警察の責任者は、「観光客は現地の風土や住民を尊重すべきで、むやみに裸になるべきではない」としたうえで、法律に基づき中国人観光客らをブラックリストに入れることを検討するとしている。

  同件について現地の中国総領事館は、「今回の一件は社会の反感を買った」と苦言を呈し、海外旅行の中国人に対し現地の法律や習慣を守るよう呼びかけている。(翻訳・編集/内山)』


  マレーシアのビーチで中国人が全裸になって写真撮影し、ネットで拡散した為、その中国人が捕まりました。

   海外旅行先での中国人観光客のマナーの悪さ
は今や世界で有名になっていますが、状況によってはマナー違反云々だけでは片付けられない事態にもなってきます。

   これは決して中国観光客だけの問題ではありません。 日本人観光客もよく認識していなければいけない問題です。

  
   マレーシアはマレー系、中国系、インド系などで構成されている多民族国家ですが、半分以上を占めるマレー系の大半はイスラム教徒です。

  ですから、マレーシアはイスラム国家になっています。

 イスラム教では女性は髪や腕、足などの肌を配偶者や家族以外の男性に見せない事になっています。 現地のマレーシア人を見ていると、Tシャツ姿で海に入っているのが普通です。

  世界にはヌーディストビーチなる所もありますが、マレーシアのビーチは全く状況が違います。

  そんなマレーシアのビーチ事情を全く無視して全裸ヌードになり、それを写真撮影してネットでも流したというのは現地のマレーシア人にとっては衝撃的です。

  マレーシアのサバの警察は、法律に基づき中国人観光客らをブラックリストに入れることを検討しているようです。

  当然ブラックリストに載せられると、次回からマレーシアに来にくくなります。マレーシアに入国拒否されるかもしれません。 運良く入国できても、色々不都合な条件が付くかもしれません。 こんな事になりたくないですよね?

  当たり前のことですが、国によって文化や習慣は違います。現地の人の文化や習慣を無視するような行動は控えなければなりませんね。

  余談ですが、マレーシアに麻薬を持ち込んだ日本人女性の死刑が確定しました。

  マレーシアの法律では麻薬の持ち込み外国人であっても厳罰で臨んでいます。

  海外一人旅では、団体ツアー客であれば当然添乗員から注意を促される事も知らずに現地に着いているケースも多いでしょう。

  一応、 ガイドブックやネットでちょっとチェックしておいた方がいいですよ。
  まあ、余程変な事をしなければ大丈夫ですが。

   マレーシアの死刑事件についてはこちらをチェック。   マレーシア入国の注意点  
 

マレーシアクイズ 答え

ブログネタ
海外生活 に参加中!
マレーシアクイズ(国王編) 


   お待たせしました。
  マレーシアクイズの答えです。

  えっ? マレーシアクイズって何??
  そんな方はこちらの問題をチェックしてからにしてくださいね。

          マレーシアクイズ  

  さて、答えです。
  それはマレーシアの国王の制度が日本人が思っているシステムになっていないからです。

  日本人がイメージしている国王と言うのは親から子へ、子から孫へというような世襲制ですよね?
 少なくとも王位継承何位とか血縁を大事にします。

  イギリスなどを見ても普通はそうです。

  ところが、マレーシアの国王と言うのは世襲制ではなく、5年ごとに変わる仕組みになっているのです。

   えっ!?  どうして? 
    と思うでしょ?

  マレーシアはかつて多くの小国から形成されていました。その影響で、現在の州にはスルタンと呼ばれる、その土地の王様がいるのです。

  マレーシアには13の州がありますが、日本人にも非常に馴染みが深い観光地ペナン、マラッカの2つの州とボルネオ島のサバ、サラワクという州には歴史絡みでスルタンがいません。

  ですから、残り9州のスルタンが順番にマレーシアの国王になるのです。

  マレーシアの国王の任期は5年です。
  現在(2012年)のマレーシア国王2度目の国王なのです。

  国王が2度目と言うのもなんだか日本人には変ですけどね。

  日本人とは国王の発想が違うでしょ?
  これも異文化体験です(笑)。

      
【送料無料】るるぶマレーシア

【送料無料】るるぶマレーシア
価格:1,050円(税込、送料別)

海外クイズ(マレーシア)

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
マレーシアクイズ 


  今回ちょっと、気分を変えて海外クイズを出したいと思います。

   海外旅行をする前の異文化理解のトレーニングと思っていただければ嬉しいです。

  さて、 最初はマレーシアの問題です。

   マレーシアイスラム教を国教とした国ですが、そのマレーシアには国王がいます。 知っていましたか? 

  ところで、そのマレーシアの国王がまだ生存しているのに、去年交代したんです。

   それはどうしてでしょうか?




  気になる答えは次回の時に。
  それまでにマレーシアのこの問題。考えておいてくださいね。

  ではまた〜。



     早くマレーシアクイズの答えを見たい方はこちら。
       → マレーシアクイズ解答

マレーシア情報 ポートディクソン

ブログネタ
旅日記 に参加中!
KLからポートディクソンの行き方


  マレーシア情報です。

  クアラルンプール(KL)からバスで2時間ぐらいのところに、ビーチで有名なポートディクソンがあります。

   2010〜11年の「地球の歩き方」というガイドブックには、ポートディクソンへはプドゥラヤ・バスターミナルから1時間に1本の割合で運行と書かれています。

   しかし、プドゥラヤ・バスターミナルは2011年に改装され、現在は週に2日しかダイレクトバスはありません。だから、ほとんど使えないのです。

   ポートディクソンへ行くには先ず、バスかKTMの電車セレンバンまで行きます。KTMを利用する場合はKLセントラル駅が便利です。

  バスはプドゥラヤ・バスターミナルから出ています。


   セレンバンに着いたら、セレンバンのバスターミナルへ行きましょう。そこからポートディクソン行きのローカルバスが頻繁に出ています。

  セレンバンの駅とバスターミナルはそれ程離れていませんが、バスの方がそのままセレンバンのバスターミナルに着くので、言葉が苦手な人はKTMよりこちらの方が便利でしょう。
   【クアラルンプール〜セレンバン  Bus  6リンギット】


  セレンバンからポートディクソンまで1時間ちょっとぐらいです。City Liner(シティー・ライナー)という赤いローカルバスがメインなので、お客の数によって時間は多少変わります。 【セレンバン〜ポートディクソン  Bus  4リンギット】


  因みにポートディクソンからビーチまではかなり距離があるのでバスで行きます。

  「歩き方」にも載っているテロッ・ケマンというビーチは、ポートディクソンのバスターミナルから20〜30分ぐらいです。こちらもCity Linerが運行しています。
   【ポートディクソン〜テロッ・ケマン  Bus 2リンギット】

  
  これらの情報は2012年2月現在のものです。

  常々ガイドブックよりも旅人との情報交換が役に立つというのは、こういう事を言っているのです。「地球の歩き方」のようなガイドブックでも作成のことを考えると、少なくとも1年以上前の情報ですからね。

マレーシアデー

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
マレーシアデーのパレード街道


マレーシアデー
 
 


  マレーシアは2010年から9月16日を祝日としました。 

  マレーシアデーと言うのは何でしょうか。  

  それまでは8月31日をイギリスからの独立記念日として祝っていたのですが、問題があったのです。 

  マレーシアの歴史を見てみると、1957年8月31日にイギリスから独立しました。ところが、その時のマレーシアは今のマレーシアと同じではないのです。

   その当時のマレーシアマレー半島だけだったのです。ところが今は違います。現在のマレーシアマレー半島とボルネオ島のサバ州とサラワク州からなっています。

 
   1963年にサバ州サラワク州、それにシンガポールが一緒に加わりました。しかし、1965年シンガポールが分離独立をして、現在のマレーシアの姿になったのです。

   だから、ボルネオ島のサバ州、サラワク州の人にとっては8月31日は無関係の日になるのです。

  それではまずい。

   多民族国家であるマレーシアを治めるには、いかにもまずいと言う事で、サバ州、サラワク州が加わった9月16日をマレーシアデーとして祝日にしたのです。
 

DSCN0510



暑い国の旅の服装

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
暑い国を旅行する時の注意点   

  
  世界には1年中暑い国があります。 

  赤道に近い熱帯地方では、日本の夏のような気候がずっと続く所だってあります。 

  アジアで言えば、シンガポールマレーシア、インドネシアタイと言った所が日本人の海外一人旅旅行者も多く、よく知られていると言えるでしょう。  

  では、マレーシアタイ一人旅する時の注意点です。 


  暑い国へ行く時も必ず防寒具は持って行きましょう!  


  暑い国に行くのだからと、多くの日本人は日本の夏の服装で行きます。
  ところが、これら東南アジアの国は実は寒いのです。  

    ???と思われたでしょう。  


  実際マレーシアにしろ、シンガポールにしろ、タイにしろ、デパートやバスの中は非常に寒いのです。エアコンが効き過ぎているのです。 

  特に長距離バスに乗る時は、要注意。

  必ずセーターやジャンパーなどが要ります。 

  半袖、半パンのまま乗り込んで、セーターが入ったリュックはバスのトランクの中。そんな状況にならないように注意しましょう。  

  長距離バスは休憩まで何時間も走ります。特に夜行バスの時は、外気温も昼間より下がるので余計寒さが骨身にしみます。その間に、風邪を引いてしまうことにもなりかねません。


  暑い国で風邪など引くと本当に厄介ですからね。  

  長距離バスに乗る時は、必ず防寒具をチェックしてください。 
  使わなくていいようなら、使わなくていいのです。準備だけはしておきましょう。

           防寒着チェック
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ