【GW予約急増した都市No1】


   最近ではインターネットを使って海外旅行の予約をする人が多くなってきました。

 その海外旅行ネット予約サービス会社の1つ、Expedia(エクスペディア)が今年のゴールデンウィーク海外旅行の予約状況を分析しました。

 なんと昨年の4倍に人気が上昇した場所があったんです。そこは・・・。

 http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20160323_749494.html



オンライン旅行予約サービス「Expedia(エクスペディア)」日本語サイト「エクスペディアジャパン」は、今年のゴールデンウィーク海外旅行の予約状況を分析した結果を発表した。

 それによると、引き続きアジアへの関心が高まっており、中でもベトナムのダナンは昨年の約4倍に人気が上昇している。

 昨年と比べ予約が急増した渡航先は、1位が「ダナン(ベトナム)」(前年比389%)、2位が「マカオ」(同200%)、3位が「釜山(韓国)」(同181%)で、以下「高雄(台湾)」(同167%)、「シドニー(オーストラリア)」(同162%)と続いた。  

 ダナンは、低予算でビーチリゾートと世界遺産が楽しめる気軽さが人気のポイントになっていると、エクスペディアは分析している。  

 マカオは、マカオ航空が昨年11月より成田―マカオ線を毎日運行しているほか、今月には福岡―マカオ線の直行便の運行を開始するなど、アクセスの良さで観光客がさらに増えることが見込まれる。

 今年のゴールデンウィークの渡航先ランキングを見ると、1位は「台北(台湾)」、2位は「バンコク(タイ)」、3位は「ソウル(韓国)」、4位は「オアフ島(米ハワイ州)」となり、上位4都市は昨年と同様で安定の人気を誇っている。  

 以下、「香港」「ラスベガス」「シンガポール」「バリ島」「ニューヨーク」「マカオ」と続いた。

 昨年8位から5位に浮上した香港は、日本の各都市で就航・増便が相次ぐなど、盛り上がりを見せている。伸び率で2位だったマカオは昨年の圏外から10位にランクインした。

 ※調査は、4月29日―5月8日の予約旅行日を対象にした1月1日―3月15日までの予約件数を集計。』


 エクスペディアは「ダナンは、低予算でビーチリゾートと世界遺産が楽しめる気軽さが人気のポイント」と言っていますが、僕の分析は違います。

 日本人の多くはダナンじゃなくて、そこからバスで1時間のホイアンに行くと思います。ホイアンにもビーチがあるし、ダナンよりきれいです。

 ホイアン交易地として栄え、かつて日本人が1000人以上住んでいたと言われています。日本とも非常にゆかりのある街で、人気があります。街並みも他のベトナムの都市とは違いますし。

 世界遺産のミーソン遺跡も、ダナンよりもホイアンからの方が近いです。
P_20151231_114935_SRES[1]

 また世界遺産の街であり、多くの王宮や帝廟が残っているフエにも3時間ぐらいで行けます。
 ホイアンやフエに行く場合、国際空港として便利なのがダナンだからだと僕は分析しているんですね。

 みなさまも良かったら、行ってみてくださいね。