海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

バックパッカーナビ

今夏が海外旅行に最適な訳

燃料サーチャージ(燃油特別付加運賃)のからくり 


   フジテレビのニュースで、燃料サーチャージの話がでてきて、今年の夏の海外旅行はお得と言っていました。海外旅行ををする時に、時々耳にする燃料サーチャージ。でも、どんなものかはっきりわからない人、多いんじゃないでしょうか? 

  ニュース内容はこうです。
  『国際線の料金に課金される燃油サーチャージが、8月から9月の発券分でも、ゼロになることになった。燃油サーチャージは、燃料の市況に応じて、航空会社が、運賃に燃油料金を上乗せするもの。

 シンガポール市場での燃油価格が、基準値を下回っているため、4月から、6年半ぶりにゼロになっているが、8月から9月の料金も、引き続き、ゼロになることになった。

 航空会社は、夏の海外旅行には追い風となり、「2016年の夏は、海外を旅行先に選ぶ人が増えるのでは」と、期待する声が上がっている。』

 さて、記事にも説明があった通り、燃油サーチャージというのは、国際線で航空会社が運賃に燃料であるジェット燃料料金を上乗せするというものです。

 日本では燃油特別付加運賃(フューエルサーチャージ)、燃料サーチャージとも呼ばれていますが、燃油サーチャージと同じものです。

 以前は燃料代も全て航空料金に含まれていました。ところが、航空機の燃料に使われる原油の価格が急激に上がった事により、航空会社が燃料代をまかないきれなくなってきたんですね。そこで考え出されたものが燃料サーチャージです。

 航空燃料の高騰は、直接航空会社の経営に響きます。全部込みで航空券を売っていて原油価格が突然高騰すると、それだけで大損害を被る可能性がでてきたのです。

 その為、燃料価格変動分のリスクを乗客が負担する形で徴収されることになったのです。それが燃料サーチャージです。

 ですから、この燃料サーチャージは原油の価格によって上下します。今ではツアー代金やチケットを買う際に、航空券代とは別に燃料サーチャージを徴収するのが当たり前になってきましたよね?

 つまり、〔広告に載っている航空券代 + 燃油サーチャージ代 = 実際に支払う料金〕ということです。ツアーに申し込む時に航空券代がこんなに安い!と飛びついたら、実際は後で料金に燃料サーチャージを払わされ、全然安くないじゃんと言うような経験をした方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

 実はこの燃料サーチャージ、行き先や航空会社にもよりますが、高い時は本当に何万円と払わなければならないんですよ。でもですね、この燃料サーチャージ

 原油価格が一定レベルまで下がれば徴収されないことになっているんです。

           それが今です!

 一般にANAやJALなど名の通っている航空会社は、2か月ごとにこの燃料サーチャージを見直しています。ですからニュースの記事にもあったように、今年の夏休みは燃料サーチャージ分だけお得なんですよ。

 いつも徴収されていた追加分が0なんですから。去年と比べても円高だし、海外旅行に行くには好条件がそろっているという事がおわかりになったことでしょう。

 逆に原油価格が高い時は、燃料サーチャージもけっこうな額がします。特にヨーロッパや中南米、アフリカといった距離が長くなればなるほど燃料サーチャージ代が高くなります。

 旅行代理店航空券やツアーに申し込む場合は、必ず燃料サーチャージもいくらか確認するようにしてくださいね。

 航空会社によっても違っていますし、行き先、乗り継ぎの有無にも燃料サーチャージは違ってきます。

 見た目の航空券代は安くても、燃料サーチャージを加えると、他より高かったという事もありえるのです。

 さてさて、今はとにかく燃料サーチャージがタダ。そして、円高になってきましたから、海外旅行に行くなら「今でしょ」という感じ。(かなり古いかな?)

 いずれにしても、海外旅行へいつ行くか迷っている方。特にヨーロッパや中南米など日本から遠くに行く場合。

  今がお得ですよ。

 このチャンスに、海外一人旅にも挑戦してみてはいかがですか?

ドミトリー (旅用語)

ドミトリー(Dormitory)って何?

  
    英語の辞書でDormitoryを調べると、寮とかがでてきますが、海外一人旅をするバックパッカーが使っている意味はちょっと違います。


 バックパッカーが使っているDormitoryの意味は、ベッドだけの宿泊を意味します。
 つまり、ドミトリーDormitory)は大きな部屋にベッド(大低は2段ベッド)がいくつか並んでいて、その一つのベッドを確保して寝ると言うイメージです。

 部屋ではなくベッドというわけで、一つの部屋に何人も宿泊することになります。
 南米などスペイン語圏ではドルミトリオです。


 ドミトリーのメリットは、世界中を旅している旅人バックパッカーなどと友達になりやすい点です。
 同じ部屋に泊まっているので、必然的に話をする機会も増えますよね。旅の情報交換もしやすいでしょう。

 また、ベッドだけなので、当然シングル部屋に泊まるより、値段は安くなります。


 一方、ドミトリーのデメリットととしては、夜遅く帰ってくるバックパッカーに起こされるとか、荷物(特に貴重品)が少し心配と言う事が挙げられます。


 ドミトリーもメリット、デメリットがありますが、その印象は一緒に泊まっているバックパッカーに大きく左右されます。

 
 でも、せっかくだから旅行中、一度はドミトリーに宿泊してみる事をお薦めします。
 世界には色んな旅行者がいる事がよくわかると思いますよ。


 

海外一人旅をする意義って?

海外旅行をする意味


  なぜ大金を払って海外旅行をするのでしょうか?
  レジャー以外に意味などあるのかと感じている人もいるかもしれません。 でも、海外一人旅って自分を大きくしてくれるのも確かなんです。こんな記事が載っていました。


   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111127-00000105-san-bus_all  


 『「いまの大学生、若者はいろいろな海外旅行、研修旅行を企画してもなかなか乗ってこない。食いつきが悪い」。

  大手旅行会社幹部の話だ。ユーチューブなど映像ネットの発達で、若者は居ながらにして世界がみられる。現地に行く面倒くささや困難さを避けて通れる。


  要は、いまの若者は冒険心を奮い立たせる気概がないとの指摘だった。


  もう昔話に属するが、大学の夏休みに米国一周の貧乏旅行などに行くヤツがけっこういた。帰ってくると見違えるほどたくましくなっている。人生観が大人になっている。勉学への熱意がはた目にみても伝わってくる。自分もチャレンジすべきではなかったか。そんな反省の思いはいまだに残る。


   日本には「かわいい子には旅をさせよ」という良きことわざがある。


  戦後日本の親は、この考え方を忘れた。いつごろから子供に厳しさを求めなくなったのか。それはおくとして、この就職氷河期で、とにかくどこか安定的な企業に潜り込むという発想の就活は、採用する企業側が求めていない。経営者などに聞くと「学生側に就職の目的観や、何をやりたいかの情熱が感じられない」という。


   民間企業は、円高やデフレ不況、増税、電力不足など五重苦、六重苦にあえいでいる。先行きも厳しく、国内の産業空洞化が進むとみられる。雇用面からいえば、少なくとも企業の採用人数は減少の一途をたどっていくだろう。


   しかし企業は、発展的に生き残るため、より「高い質の人材」を求める時代になってきた。  内定をとれなかった学生諸君。いっそこれを機会に世界に旅に出たらどうだろうか。


  とは「住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと」(広辞苑)だが、グローバル化の時代、他の土地は多種多様で広い。新たな世界を実際に自分の目と耳で学ぶこと。「自分探しの特別科目」ともいえる。ネットで安易に間に合わせず、自ら行動する。

  それはまた、自分に投資することでもあるだろう。  家族の面倒をみなくてはいけないとか、それぞれに事情があるかもしれないが「青年よ、旅に出でよ」といいたい。(編集委員 小林隆太郎)』


  僕はこれにが好きだからと言う理由がつくのですが、海外一人旅に出たら基本的に自分で全てをやらなければなりません。  

  その海外旅行をしている過程が視野を広げ、人間をたくましくするのだ自らの経験を振り返ってみて思います。  

  海外旅行だけなく国内旅行でもそうですが、(ただ、海外旅行の方が自分の考えをはるかに超えた事象に巡り合う確率は高いです)そういう事を実体験として学んで今後の人生に活かしている方はたくさんいます。  
 

パスポート残存期間に注意

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
パスポートの残存期間  


   海外一人旅をする人で、パスポートが1年未満になった人は要注意です。 

   海外の国の中には、パスポート有効期間が6ヶ月以上ないと入国できない国があります。

    つまり、まだ5ヶ月あるから私のパスポートは大丈夫と思っていても、そのパスポートでは入国させてくれない国がけっこうあるのです。  


   例えば、日本でも人気のシンガポールマレーシアでは、パスポートの有効期間が6ヶ月以上残っていないとダメだと法律で決められています。


   係官によっては例外的に認めてもらえる場合もあるのかもしれませんが、最近は入国管理(イミグレ)はコンピューターで行っていますから、難しいでしょう。


   パスポートのデータイミグレのコンピューターに全て反映されるはずですからね。


  ですから、海外一人旅をする前に、そういう面倒な事が起こらないように事前にチェックしておきましょう。  


   パスポートについてはこちらをチェックしてください。 パスポートについて

ポルトガル大使館

ブログネタ
海外の旅 に参加中!

ポルトガル大使館/領事部


ヨーロッパのイベリア半島にあるポルトガル

       サッカーが盛んで、フィーゴロナウドなど世界的な選手を生み出していますね。


ポルトガルは日本とも歴史的な繋がりが深いです。

種子島に鉄砲を伝えたとか歴史で習いましたよね?

そんなポルトガルへ旅立とう。


住所:〒102-0083

東京都千代田区麹町3丁目10−3

TEL:03-5226-0614

外国公館



ポルトガルに関する情報 
 ★ポルトガル情報★

ポルトガル大使館(東京都千代田区麹町3丁目10−3)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ