ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
カリブ海に浮かぶドミニカ共和国とコロンブス


  カリブ海に浮かぶドミニカ共和国
   ドミニカ共和国は今回のWBCで完全優勝した野球大国です。

  ドミニカ共和国のあるイスパニョーラ島の半分はハイチなので国土はそんなに広くないです。

  ドミニカ共和国は略してドミ共。 えっ? 聞いた事ない?
  わざわざ略さなくてもドミニカって言っているって?

  あまり知られていませんが、実はドミニカ国という別の小さい国があるので、ドミニカ共和国にこだわりを持つ人はドミ共と言ったりする事があります。

  さて、このドミニカ共和国は 歴史の教科書に必ず登場するクリストファー・コロンブスと大いに関係があります。

  アメリカ大陸を発見したと言われているそのコロンブスが眠っている所がドミニカ共和国だと言われているのです。

  その遺体埋葬場所が、コロンブス記念灯台(El Faro de Colon)です。

   ただ、このコロンブスの遺体埋葬地については、スペインのセビリア大聖堂に埋葬されていると言う説もあり、実ははっきりしていません。

   ですが、イスパニョーラ島に埋葬して欲しいと言うコロンブスの遺言に沿って、ドミニカ共和国コロンブスの遺体が一時的でも安置されていたのは確かなようです。

  ドミニカ共和国の人は、その後ヨーロッパに持ち帰った遺体は別人のもので、今でもコロンブスの遺体コロンブス記念灯台にあるのだと信じています。

  コロンブス記念灯台(El Faro de Colon)アメリカ大陸発見500年後の1992年に建設された巨大な建物です。写真はドミニカ共和国の旗を入れたため、後方で小さく写っている感じになっていますが・・・。

DSCN2031

















 


  


  1992年以前はコロンブスの遺体ドミニカ共和国の首都サントドミンゴの大聖堂にあり、コロンブス記念灯台完成と同時に移したとされています。