ソンクラーン(水かけ祭り) 


 世界には色々な時期にお正月がありますが、今日はタイのお正月ですね。  
 タイのお隣ラオスも同じ時期に水をかけ合って、お正月を祝います。

 タイの正月「ソンクラーン」は4月13日〜15日が祝日となっていて、その前後の日も全体的に休みモードです。

 ソンクラーンは別名「水かけ祭り」とも言って、誰にでも水をかけていいことになっています。

 つまり、通りを歩いていれば、日本人旅行者だって水をかけられます。

 この時は、パスポートや重要書類などはビニールなどで防水しておかないといけません。 自分も水かけに参戦する時は、濡れてもいい格好をして、重要な書類等はホテルに置いていきます。

 しかし、問題は移動している時です。

 バケツに水をいっぱいにして、それをかけるですんからビショ濡れになります。
 ですから、ソンクラーンの時期に移動するのはあんまり賢い選択じゃありません。

 荷物を持っていてダメと合図すると、やめてくれるタイ人もいますが、全然平気な奴らもいます。
 パスポートなど水浸しになったら、シャレになりません。

 実際、トゥクトゥク(タイの自動三輪車)に乗っていて信号待ちしている時に、他の車から水をかけられたことだってありますしね。

 タイではトラックの荷台に水いっぱいに入ったドラム缶などを載せて、走りながらその水をかける人達も多いですからね。道路の上の方から水がとんできます。

 タイ人はみんな浮かれ気分ですが、ソンクラーンの時期は事故も喧嘩沙汰も多いようです。昼間から酒を飲んでる人も多いですからね。

 海外一人旅者としては、トラブルのないように、ソンクラーンを楽しみたいものです。
 一緒に浮かれすぎて羽目を外しすぎ、事故や事件に巻き込まれないようにしてくださいね。  

 水かけ自体は日本ではなかなか経験できないので、良い記念になりますよ。