海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

アメリカ旅行

2010年 アメリカ旅行に10ドル必要

ブログネタ
アメリカ に参加中!
 アメリカ入国 10ドル必要に

   
    海外一人旅の旅行者にとっては残念なニュースです。

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100304-00000629-yom-soci


   『米国短期の観光や商用で訪れる際、今後は10ドル(約900円)余計にかかることになりそうだ。  

   米政府が新たに、査証(ビザ)なしで入国する日本や欧州諸国などの旅行者に義務づけている電子渡航認証システム(ESTA)のインターネット申請に手数料を課すためだ。


   年間で延べ300万人を超える日本人の米国旅行者の大半に適用され、第三国への乗り継ぎ客も対象となるため、影響は大きい。

   ESTAはテロ対策として導入され、申請は現在は無料だ。しかし、米議会に昨年、観光のPRやシステム運営の経費を捻出(ねんしゅつ)する目的で申請を有料化する「旅行促進法案」が提出され、下院で昨年10月、上院で2月25日に可決された。


   法案はオバマ大統領が4日午前(日本時間5日未明)に署名し、成立する見込みだ。  米議会の動きを受け、日本政府は昨年、2度にわたって有料化に懸念を表明する書簡を米側に送り、欧州連合(EU)などと共同でクリントン米国務長官らに申し入れも行った。

  日本側は日米両政府短期滞在者を対象にビザを相互免除する取り決めを交わしていることを踏まえ、「手数料は事実上のビザ代にあたり、取り決めの趣旨に反する」と指摘しているが、米側は「ESTAビザではなく、入国手続きの一環だ」と説明している。
 

  米政府は有料化の時期を明示していないが、一定の周知期間を経て、インターネットでのクレジットカード決済などによる手数料徴収を始めるとみられる。

  外務省幹部は「我々の主張が聞き入れられず、旅行者に新たな負担が課されるのは遺憾だ」としている。日本側には「景気が低迷する中、米国民に新たな負担を求めずに観光振興の費用を確保する狙いだろうが、逆に観光客が減れば元も子もない」という声もある。』


  日本人アメリカ旅行にパスポート一つで行けていたんですが、その後テロの影響でアメリカ政府は電子渡航認証システム(ESTA)というシステムを作り上げて登録が必要になりました。

 → アメリカ認証システム(ESTA)  

 
  それだけでも面倒だったのですが、今度はESTA登録に10ドル徴収するらしいです。
 

  これって実質ビザ代ですね。
  

  悪い事にアメリカ旅行が目的でなくても、アメリカを経由してメキシコ中米、南米、カリブ海諸国に行く時にも必要になってきます。

  ほとんどの航空会社がアメリカ経由になっていますので。

  アメリカの空港はトランジットでも待合室で待っておくシステムじゃないですから、必ず米国入国手続きが必要です・・・。

  今後の海外旅行の行き先選択にもかなり影響を与えそうです。

米国ビザなし渡航にESTA

ブログネタ
旅行あれこれ に参加中!
米国入国には「電子渡航認証システム(ESTA)」  

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090112-00000516-san-soci


  『ビザなしで短期滞在で米国に入国する際、事前にインターネットで申請して承認を受ける「電子渡航認証システム(ESTA)」が12日から導入された。

   成田空港では申請をしなかった旅行客らに対応するため、全日空が第1旅客ターミナルビルの出発ロビーにあるチェックインカウンター前に「ESTA申請専用カウンター」を設置。パソコン6台を用意したが午前は利用する旅行客らはいなかった。


  ワシントン経由でボストンに出張するというさいたま市の印刷業、森本和夫さんは「旅行会社から依頼され3週間前に登録しました。簡単にできました」と語っていた。


  在日米国大使館のマイケル・ガローティ領事は「安全に旅行するために導入されたもの。(先週の)木曜日までに日本人は18万6000人が登録している。ESTAが周知されているのでは」と話していた。

  ESTAの対象はビザなしの90日以内の短期滞在者。専用のインターネットのサイトに住所や名前、逮捕歴の有無などを記して申請し、問題がないと判断されれば承認されるシステム。

  平成13年9月の米中枢同時多発テロを受けて制定された米国法に基づき導入された。』  


  いよいよ2009年1月12日からアメリカのビザなし入国に必要なESTA(電子渡航認証システム)が始まりました。


  この「海外一人旅ナビ」でもESTA(電子渡航認証システム)は取り上げましたが、詳しく知りたい方はこちらを参照してくださいね。  

      → アメリカESTA

アメリカ渡航者の落とし穴 No2 

ブログネタ
アメリカ America に参加中!

アメリカ渡航者の落とし穴 No2   

 

 先ずは、こちらを読んでくださいね。

     → アメリカ旅行者の注意点

 

  それでは、「機械読み取り式でない旅券(パスポート)」とは何でしょうか?

 

   貴方のパスポート(旅券)の写真のあるページの下部に「THIS JAPANESE PASSPORT IS NOT MACHINE READABLE」と記載されている場合には「機械読み取り式でない旅券」です。  

 

  アメリカ入国では、パスポートのバーコードのようなものを機械で情報を読み取る事になってます。   

  それ以外にも、アメリカ入国に際しては、指紋押捺やWebカメラでの撮影等もあります。  

 

  「機械読み取り式でない旅券(パスポート)」 の顔写真は貼り付けで、そのページは透明フィルムでラミネートされているはずです。

 

  2006年、3月19日以前に申請して発給されたパスポート(旅券)には「機械読み取り式でない旅券(パスポート)」が含まれているので、注意が必要です。

 

   この「機械読み取り式でない旅券(パスポート)」だと、日本人でもアメリカ入国に際してビザを取得しなければいけない事になっています。

 

   アメリカ海外旅行する場合は、パスポートのチェックもしておきましょう。

  但し、グアム、サイパン海外旅行へ行く場合は、例外的に入国を認めているようです。

 

  何か疑問が生じたら、海外一人旅に出掛ける前に、アメリカ大使館等にしっかり確認しておきましょう。

  海外旅行中にトラブルと大変ですからね。

 

  詳しくはアメリカ大使館に確認してくださいね。  

          アメリカ大使館

「TSAロック」付きのスーツケース

ブログネタ
アメリカ America に参加中!

TSAロック付きのスーツケース

 

  海外旅行で必要な荷物をバックパックで持って行くかか、スーツケースで持って行くかで悩んでいるなら、こちらを参考にしてくださいね。  

    海外旅行は何で行く?  

 

  さて前回の話で、「TSAロック」付きのスーツケースの話をしたいと思います。 

    前回のスーツケースの話

 

  TSAロックというのは、アメリカ運輸保安局であるTSA(Transportation Security Administration)によって認可・容認されたロックの事です。

 

  現在アメリカは最もセキュリティと言うか、荷物チェックが厳しい国の一つですが、このTSAロック付きのスーツケースはロックをしたまま航空会社に預 けることができるスーツケースです。  

 

  逆に言えば、TSAロック付きのスーツケース以外は、アメリカ(ハワイ、グアムを含む)に行く場合、鍵をかけないでスーツケース航空会社に預ける事になります。

 

  ロックされたスーツケースについては、TSA係官がロックを破壊する事も認められており、壊されても補償などは一切無いんです。

  かなり自分勝手なルールですが、それがアメリカ流なんですね。  

 

  一方、TSAロック機能が装備されたスーツケースは、貴方が鍵をかけていてもTSA係官が専用の合鍵を使って開錠し、荷物を検査することが出来ます。  

  検査後は元通りスーツケースを施錠される仕組みになっています。

 

  だからスーツケースを買う予定のある人は、TSAロック付きのスーツケースをお薦めしているわけです。  

     ★スーツケース特集★  

 

  海外一人旅の期間が短期間であれば、スーツケースレンタルする事もできます。  

 

 スーツケースレンタルの需要も高く、リモワ(rimowa)、サムソナイト(samsonite)、エースなど人気ブランドのものも利用できます。

     ★レンタルスーツケース★   

 

  スーツケースを購入するにしても、レンタルするにしても、アメリカへ行く海外旅行者アメリカ経由カリブ海南米方面に行く海外旅行者は、お店の人にTSAロック付のスーツケースかどうか聞いてみてくださいね。   

 

    それでは 良い旅を!  

海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
RSS
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ