海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

アフリカ一人旅

エボラ出血熱などアフリカの病気

ブログネタ
海外旅行 に参加中!
エボラ出血熱の予防

  http://news.livedoor.com/article/detail/8780377/  


 エボラ出血熱についての記事を発見しました。最近また西アフリカで感染者が増えているようです。
アフリカ旅行を計画している人は注意してくださいね。


 『西アフリカで拡散し続けているエボラ出血熱。予防も対処もできず、生存率10%と聞いて恐怖を感じるひとが多いだろう。世界中に広まったらどうなるのか?

 確かに急増しているものの、幸いにも感染方法が限られているので、被害者は蚊に媒介されるマラリアの12万分の1に過ぎない。ウイルスの特徴と禁止事項を守れば、十分に予防できるのだ。

  ■伝染病を広める風習エボラウイルスが体内に入ると、1週間程度の潜伏期間を経てから発熱や頭痛が始まる。

 それから2〜3日で急激に悪化し、口や鼻をはじめ、全身のいたるところから出血する場合があるのでエボラ出血熱と呼ばれている。

 残念ながら治療方法も特効薬もないため、ザイール型では10%、スーダン型では50%と生存率が低く、現時点では不治の病と表現できる。

 恐ろしい病気なのは確かだが、爆発的に広がる可能性は少ない。感染者の血液/体液に触れなければ、うつる心配はほとんどないからだ。

 エボラ出血熱の感染ルートをさかのぼると野生動物にたどり着き、それらに触れたり食べたりすることで人間にうつる。

 その後、感染者の血液や体液を通じてひとからひとに感染しているのだ。

 ただし、ちょっと触れただけでうつるわけではなく、ベタベタと触る濃厚接触や、傷口からウイルスが入るケースが多い。

 そのため、手袋やゴーグルをしていればさほど恐れる必要はないのだが、西アフリカでは地域によって葬式の際に遺体に触れる風習があるため、感染が拡大しているのだ。

 ニュースで大々的に報じられているのはなぜか?

 例年と比べて急増しているのが理由で、世界保健機関(WHO)の資料によると、1976〜2002年の感染者数は約1,700人なのに対し、今年4月上旬には、ギニアリベリアの2国だけで200人も被害が出ているからだ。

 このペースが続けると年間800人にものぼる計算で、例年の約60人を10倍以上も上回ってしまう。WHOが「もっとも厳しい」状況とコメントしているのも、爆発的に感染者が増えているからだ。


  ■拡散力はインフルエンザ未満エボラ出血熱よりコワい病気があるのか? 

  広がりやすさだけを比較すれば、毎年新型がやって来るインフルエンザや、蚊によって広まるマラリアのほうがはるかに危険だ。

 厚生労働省の資料によると、せきやくしゃみによる飛沫(ひまつ)感染で広まるインフルエンザは、日本だけでも毎年1,000万人近くが感染している。

 また、インフルエンザから別の病気に発展した場合も含めると、世界ではおよそ50万人が亡くなっているというから、被害者数はエボラ出血熱の比ではない。

 さらに広まりやすいのがマラリアチフスだ。マラリアは蚊が血を吸う際にうつすマラリア原虫によって起き、チフスはシラミによって感染することもあれば、飲食物からうつることもある。

 それぞれ世界の年間感染者数と死亡者数をあげると、・マラリア … 3〜5億人 / 150〜270万人
チフス … 1,700〜2,200万人 / 20〜60万人と驚異的な感染力だ。

 日本ではチフスの予防接種は未承認だが、どちらも予防/治療薬が存在するのではるかに安全なはずだが、どんなに注意しても蚊やシラミにさされることがあるだろうし、まして飲食物に紛れ込んだ菌に気づくはずもない。

 エボラ出血熱よりもはるかに予防しにくい病気は、身近なところにも多く存在するのだ。


  ■まとめ

 ・西アフリカで、エボラ出血熱が拡散中・野生動物や、感染者の血液や体液に触れなければ、うつる心配はほとんどない

 ・日本のインフルエンザ感染者は、毎年1,000万人規模・蚊によって広まるマラリアは、世界で3〜5億人の被害が出ているエボラ出血熱は、インフルエンザよりも予防しやすいといえるだろう。

 治療法がなく生存率も低いため、恐怖心をあおる報道が多いが、その地域の風習が拡散を後押ししていることもお忘れなく。 (関口 寿/ガリレオワークス)』


  エボラ出血熱は非常に怖い病気だけど、感染方法をきちんと理解しておけばかなり防げるみたいですね。エボラ出血熱については、こちらも参考に。  エボラ出血熱

 アフリカ旅行では傷口があれば気づかないうちに病気になる可能性が高くなるので、ちょっとした傷でも消毒やバンソコウなどできちんと対処した方がいいですね。 

外国人旅行者に優しい国ランキング

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
外国人旅行者に優しい国、優しくない国ランキング

 http://www.cnn.co.jp/travel/35029545-2.html

 観光客に優しい国ベスト10

  1.アイスランド 6.8点
  2.ニュージーランド 6.8点
  3、モロッコ 6.7点
  4.マケドニア 6.7点
  5.オーストリア 6.7点
  6.セネガル 6.7点
  7.ポルトガル 6.6点
  8.ボスニア・ヘルツェゴビナ 6.6点
  9.アイルランド 6.6点
  10.ブルキナファソ 6.6点

 観光客に優しくない国ワースト10

  1.ボリビア 4.1点
        2.ベネズエラ 4.5点
  3.ロシア 5.0点
  4.クウェート 5.2点
   5.ラトビア 5.2点
   6.イラン 5.2点
   7.パキスタン 5.3点
   8.スロバキア 5.5点
   9.ブルガリア 5.5点
  10.モンゴル 5.5点

  
   海外一人旅をしていれば実際には会った人や自分の好みなどで違った印象を持つかもしれませんので、あくまでも参考ということで。

   海外旅行者に優しい国ベスト10モロッコ、セネガル、ブルキナファソアフリカの国が3つ入りました。

  アフリカは戦闘があったり、怖い病気があったりと悪いニュースばかり耳に入るので日本人バックパッカーは敬遠しがちですが、世界の旅行者は違った見方をしているようですね。

   偏った見方を修正するのも海外一人旅の効能です。

外国人旅行者に優しい国

ブログネタ
旅の下調べ に参加中!
外国人旅行者に優しい国 はここだ!

  http://www.cnn.co.jp/travel/35029545.html?ref=yj

 『(CNN) 世界経済フォーラムはこのほど、世界140カ国の旅行業界の競争力を比較したランキングをまとめた。

  中でも「外国人旅行者に対する国民の態度」のランキングでは、外国人観光客に最も優しい国はアイスランドニュージーランド、最も優しくない国はボリビアという結果が出た。

   この調査は各国の観光インフラや施設の整備状況、自然資産や文化資産の充実度、治安状況などの項目を点数化して、さまざまなランキングに分類した。

  相対評価ではスイス、ドイツ、オーストリアを筆頭に、欧州の5カ国が上位を独占した。

   項目別に見ると、もてなし度を7段階で評価した「外国人旅行者に対する国民の態度」のランキングでは、アイスランドニュージーランドが共に6.8ポイントを獲得して首位だった。

  日本は6.2点で74位だった。 一方、南米のボリビアは4.1ポイントで最下位。

  多くの観光客が訪れる韓国中国も、モンゴルなどと並ぶ5.5ポイントで下位にとどまった。各国のスコアと順位は次の通り。』


  外国人旅行者に優しい国アイスランドニュージーランド。   

  アイスランドは経済破綻など言われていたけど外国人旅行者に優しい国No1に輝きました。

  火山の島として有名なアイスランドは自然の魅力がいっぱい。ですが、日本人バックパッカーにはほとんど知られていませんね。

  人とは違った海外一人旅を目指しているバックパッカーにはアイスランドお薦めかも?

  外国人観光客に最も優しい国の各国のスコアはまた次回のお楽しみということで。

南アフリカの旅

ブログネタ
海外の旅 に参加中!
南アフリカ旅行

 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130224-00000302-dime-soci

 『2010年はFIFAワールドカップでにぎわった南アフリカ
  2012年も日本人渡航者が前年同期比で約32%増と、好調を維持している。その秘密とは?

  ■2012年上半期、南アフリカへの日本人渡航者数が急増 今、旅慣れた日本人旅行者の間で、世界屈指のツーリストパラダイスと人気が急上昇している国、それがズバリ、南アフリカだ。

  「ワールドカップでメディアへの露出が増え、観光資源の豊富さが認知されました。都会と大自然、両方で非日常体験を楽しめることが最大の魅力です」(南アフリカ観光局・近藤由佳さん)

  マンデラ元大統領の「レインボーネーション(七色の民)政策」が実を結び、多種の民族が多様な自然に抱かれる国。

 政治体制は極めて安定し、立派なハイ ウェイ、清潔な公衆トイレ、飲用可能な水道水など基幹インフラは欧州並みだ。

 「地球上で限りなく美しい港町」と称えられた南西部のケープタウンは、背後に そびえるテーブルマウンテンと宝石のような街並みの調和で2011年新・世界七不思議に選ばれた。

  春はここから南北600kmにもわたる夢のような花園が 出現する。

  喜望峰には、日本の高級寿司店にも輸出される新鮮な海の幸があふれ、ステレンボッシュ周辺には、市場に一大旋風を巻き起こしている極上ワインの 醸造所が300も集結している。

   中でも世界中の旅人を引き寄せているのが、ゴージャスで自由なゲームサファリだ。その代表がクルーガー国立公園カラハリ砂漠

  豪華なスパ付きのロッジ に宿泊して、ビッグ5と呼ばれるライオン、バッファロー、サイ、ゾウ、ヒョウをレンジャーとともに間近で見る。

  そんな極上の休日が約束されるクルーガー国 立公園。  

  対して南アフリカ、ボツワナの国境にまたがり、総面積が九州よりも大きな中央カラハリ砂漠野生動物保護区では、自家用車で自由に走り回りながら、いとも 簡単に大型動物との遭遇が楽しめる。

  ライオンが1m先に迫ることもあるワイルドな場所だ。ちなみに現地通貨ランド紙幣には、ビッグ5の雄姿がデザインされ ている。

  一般的には日本でまだまだその存在が十分に知れわたっていない南アフリカ

  ブームになる前に訪れれば、土産話は尽きないはず。』


  南アフリカ共和国は魅力ある国です。

  しかし、ヨハネスブルクは世界でも最も危険な街とも言われていました。すぐに強盗に遭うので街中を歩けないとい噂でした。

  今回の記事の中心も南アフリカの西側のお薦めです。

  私はケープタウンしか行った事がありませんが、空港からバックパッカーズホテルまでみんな送迎の車で移動していました。  

  当時、幾つかのホテルを回る送迎バンは無料ではなくそれなりのお金を払うのですが、歩いて行くバックパッカーなどいませんでした。

  それだけバックパッカーでも南アフリカでは安全に気を遣っていました。
  
  南アフリカケープタウンの街は言葉は悪いですが正に黒か白と言う感じで、黄色人種の僕はけっこう街で浮いていました。今はそんな事もなくなったのかもしれませんね。

  ケープタウンでは喜望峰テーブルマウンテンなど記憶に残る旅ができました。 野生?のダチョウがいたりして。

   お金がかかってもいいから希少な海外体験をしたいという旅人には南アフリカはお薦めかもしれませんね。   

  但し、海外一人旅なら、ある程度海外旅行経験を積んでからの方がいいとは思います。
  初めての海外一人旅だと南アフリカはけっこうハードルが高いかもしれません。

海外一人旅 必需品 (懐中電灯)

ブログネタ
海外旅行の準備 に参加中!
海外一人旅グッズ
       懐中電灯編


   海外一人旅で重宝すると言うか、必ず持っておきたいものの一つに懐中電灯があります。

   これは電力事情が悪い途上国で突然停電になった時やジャングルツアーの洞窟探検の時など使用頻度はけっこう高いです。

  世界では日本では考えられないような事が起こりますからね。


   でも懐中電灯って電池がすぐになくなって面倒な時もありますよね?

  海外旅行にはこういう懐中電灯がいいですよ。



 この懐中電灯の特長は スイッチをOFFの位置にして、太陽電池パネルをなるべく太陽光線が直角に当たるように日光に当てると、すぐに充電が始まることです。

 太陽光のほか、屋内の蛍光灯の下でも充電ができます。この場合も、蛍光灯直下に来るように位置を調整するだけなので、雨などが降る天気の悪い日でも安心です。

  海外旅行で本当に使えるものってけっこう少ないですが、これは本当に便利じゃないでしょうか。

海外旅行の必需品

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
海外一人旅の貴重な懐中電灯


   海外一人旅でこれは持っていなければというものに、懐中電灯があります。これって、持っていないとイザという時にメチャ不便です。

   例えば、こんな時。アジアアフリカ、南米などの発展途上国では、突然停電になる事もあります。部屋にいる時に、いきなり真っ暗になるんです。明かりがないと、トイレに行くのも難しいです。


   また海外アウトドア派なら、夜の活動や洞窟探検には必須です。夜行バスの中でもちょっと荷物を探すとか、使い道は色々あるんです。というか、懐中電灯持っていないとメチャクチャ不便です。

  特に、長期海外旅行をする人にとっては。
  そこで見つけたのが、これ!


            「ターザン君」インターネット初!拡声器を内蔵した非常用ライト。【e店屋.com】


  ただの懐中電灯ではありません。従来の懐中電灯と比べて明るいだけでもありません。ラジオもついています。ボタンを押すとホイッスルもついています。 実はそれでけじゃないんです。

  これって、ハンドマイクにもなるんです。山や川などで道に迷った時。これなら、人に気付いてもらえる可能性大です。


   海外だけでなく、日本でも地震の震災の時には大活躍する事でしょう。
  勿論、ニュージーランド中国のように海外だって地震など自然災害はありますからね。


  これ1本で、色々な活躍をしてくれる事でしょう。

日本食

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
日本食  
 

  海外一人旅も長期になってくると日本食が食べたくなる事もあります。

  アジアなどの大きな都市ですと、日本食レストランもけっこうあるのでそれほど困らないかもしれません。   

  しかし、中南米アフリカと言った地域になると、そうそう日本食を食べられる機会は多くないです。   キッチンがある所で自分で作るしかないですね。  

  でもこんなのがあるとちょっとした時に便利だと思いませんか?

        ★海外旅行食品★   


  かさばらない物なら、少し持っておいたらきっと重宝する事でしょう。

エチオピア大使館

ブログネタ
★ アフリカ ☆ に参加中!

エチオピア大使館

 



   アフリカエチオピア在日大使館です。


住所:〒108-0074 

東京都港区高輪3丁目4−1


TEL:03-5420-6860

在日外国公館


エチオピアのことなら  → エチオピア情報


大きな地図で見る

エジプト大使館

ブログネタ
旅の下調べ に参加中!

エジプト大使館

     


    古代の世界四大文明の一つエジプト文明エジプトにはピラミッドスフィンクスなど世界中から観光客を呼びよせる観光の目玉が目白押し。


    あまりに有名になった王家の谷。  


 ツタンカーメンのマスクなどの発見など考古学に興味を持つ人は特に気になる国、エジプトです。 


 エジプト在日大使館です。


住所:〒106-0031 

東京都目黒区青葉台1丁目1−5−4


TEL:03-3770-8022

外国公館

エジプトに行く前にチェック  → エジプト情報


大きな地図で見る

ルワンダ大使館

ブログネタ
★ アフリカ ☆ に参加中!

ルワンダ共和国大使館


 

アフリカルワンダ在日大使館です。



住所:〒158-0081 

東京都世田谷区深沢1丁目17−17−KA

TEL:03-5752-4255

外国公館



 

ルワンダを知ろう  → ルワンダ情報


大きな地図で見る

リビア人民局

ブログネタ
▼△ リビア △▼ に参加中!

リビア人民局

 



  アフリカリビアの外国公館です。


リビア人民局となっていますが、在日リビア大使館です。


住所:〒150-0034 

東京都渋谷区代官山町10−14

TEL:03-3477-0701

在日外国公館


リビアのことなら  → リビア情報


大きな地図で見る

チュニジア大使館

ブログネタ
旅に出よう! に参加中!

チュニジア共和国大使館



北アフリカに位置するチュニジア在日大使館です。

    チュニジア地中海を望むマグレブ三国の一つで、イスラム教の国です。

カルタゴ遺跡チュニジアンブルーでも有名ですね。



住所:〒102-0074

東京都千代田区九段南3丁目6−6

TEL:03-3511-6622

外国公館

チュニジア情報はこちら  
 ★チュニジア情報★



大きな地図で見る

ニジェール領事館

ブログネタ
世界一周 に参加中!

ニジェール領事館



アフリカニジェール領事館です。


住所:〒101-0021

東京都千代田区外神田4丁目14−1

TEL:03-6847-1277

外国公館


ニジェールの数少ない情報
★ニジェール情報★


大きな地図で見る

ベナン大使館

ブログネタ
アフリカ に参加中!

ベナン共和国大使館


 

西アフリカにあるベナン共和国

日本でもタレント活動しているゾマホンの祖国ですね。

             実は、ゾマホンベナンに帰れば政府高官並みの扱いなんです。


住所:〒102-0093

東京都千代田区平河町1丁目2−2


TEL:03-3556-2562

外国公館



 ベナンについてもっと知りたい人はこちら 

 

ベナン共和国大使館(東京都千代田区平河町1丁目2)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

エボラ出血熱

ブログネタ
海外見聞 に参加中!
エボラ出血熱


 数ある海外の病気の中でも、エボラ出血熱ほど恐ろしい病気はないでしょう。 エイズより怖いのではないかと思います。


 エボラ出血熱は、エボラウイルスによる『急性ウィルス性出血熱』で非常に死亡率が高い病気です。


 アフリカの旧ザイール(現コンゴ民主共和国)やスーダンで大流行になって日本でもニュースになったので、エボラ出血熱の名前を聞いた事がある人も多いでしょう。


 エボラ出血熱の潜伏期間は、大体1週間程度だと言われています。

 エボラ出血熱の怖いところは、治療方法がないこと、人から人へ感染する可能性がある事です。


 エボラ出血熱に罹った患者の血液や分泌物に直接触れた時に傷口などがあると、そこからウィルスが侵入し、自分自身もエボラ出血熱に感染してしまう。


 しかも、エボラ出血熱に感染しても治療薬もないし、そうかといって、エボラ出血熱用の予防薬もありません。


 このように非常に怖い病気なので、アフリカのエボラ出血熱汚染地域海外一人旅する場合は、気をつけてしよう。


 アフリカ、特にコンゴやスーダン、ウガンダ、コートジボアール、ギニア、中央アフリカなどを旅行する人は、こういった本にも一通り目を通しておいた方がいいと思います。

                   
                    感染症ファイル

マダガスカル大使館

ブログネタ
旅行○得情報 楽しい旅行プランニング!!! に参加中!

マダガスカル大使館


 

アフリカの島国、マダガスカル在日大使館です。


住所:〒106-0046

東京都港区元麻布2丁目3−25

TEL:03-3446-7252

外国公館


 

マダガスカルの情報はこちら   → マダガスカルの本
マダガスカル大使館(東京都港区元麻布2丁目3)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ