海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外クイズ

海外一人旅と宗教

けっこう知らない世界の宗教事情 


  海外個人旅行をしていると宗教に関わる出来事を色々目にする機会も多いと思います。  

  それは日本人と違って、宗教が日常生活の中に入り込んで生活の一部となっている人達も世界には多いんですね。  

  そこで問題です。  

  世界の中で一番信者の多い宗教は?   


  これはわかった方も多いと思います。  

  じゃ、信者数の多い順に3つ挙げてくださいと言われるとどうでしょうか。  


  けっこう知らない人多いと思いますよ。

  自分ではわかっていると思っていても、実は間違っていたりと。

  答えは以下の通りです。  
  %は調査機関や年度によって若干違っていますが、大体の数字はこうです。

  1位 キリスト教(33%)  2位 イスラム教(23%)  3位 ヒンズー教(13%)  


  いかかでしたか。   

  3位を仏教だと思っていた方、多いんじゃないですか?  


  世界3大宗教キリスト教、イスラム教(回教)仏教と習った人、多いと思います。

  でも信者数ベスト3では仏教は入らないんですね。4位なんです。  

  ヒンズー教世界3大宗教に入らなかったのは、現在の信者がほとんどがインド、ネパールに集中しているからです。 世界的宗教というには地域が非常に偏り過ぎているんですね。  

  昔のようにインドネシア(因みにバリ島はヒンズー教の島となっています)、カンボジア、ベトナムなど、もう少し信者が分布していれば、仏教の代わりにヒンズー教世界3大宗教に入っていたかもしれません。  

  仏教は4位ですが、割合は6%ぐらいと言われています。
  %で比べれば、3位のヒンズー教徒の半分以下、1位のキリスト教と比較すると僅か1/5以下なんですよ。

  同じ世界3大宗教と言われているので、ビックリされた方もいるんじゃないでしょうか。

   仏教中国、台湾などの東アジア、タイやラオス、ミャンマーなどの東南アジアを中心に信者が多く、日本人に身近な観光国・地域が多いので誤解している人も多いですが、一歩アジアを出ると仏教寺院を見る事は本当に珍しくなります。


  僕なんかヨーロッパ中南米仏教寺院を見かけると、それだけでかなり懐かしさを憶えますね。


                                    

海外の新年

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
新年の花火  


 
 2年前にある国の新年の様子を撮ったものです。 

 さて、ここはどこでしょう? 

DSCN6104
 
























   
 
  答えはシンガポールです。 

  花火の前の橋と後ろの船型の夜光がわかれば簡単かもしれませんね。 観覧車も大きなヒントです。

   シンガポールは新年でも暑いので、日本の新年とは全く違っています。
  中華系が多いシンガポールでは1月1日は祝いますが、それだけです。旧正月がメインですからね。

  当たり前ですが、新年のイメージは国によって随分違っているという事を実感できますよね。

  日本では冬に花火を上げる習慣はないですからね。
     

マレーシアの??な缶ジュース

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!

えっ! ○○味の缶ジュース  


  海外一人旅をしていると、世界各国で日本では味わえないようなものに出会います。
日本人と外国人では味覚が違っているんでしょうね。   日本ではえっ!というような物を見かける事もしばしば。

  私はできるだけトライしてみるようにしているんですけどね。


 今回はマレーシアで見つけた缶ジュース。
その味は>>>>



DSCN3065




                  そう、きゅうり味です。  


  日本でも「もろきゅう」は人気だし、日本人もきゅうりをよく食べますけど、ジュースとはね〜。

  それも生ジュースではなく、缶ジュースの味ですよ。 という事は、それなりのマレーシア人気商品なの???


  飲んでみたら、暑い国だから、さっぱりした感じにはなりましたけどね。

  味覚もそうですけど、現地の気候もけっこう影響しているんじゃないでしょうか?

  マレーシアに行ったら、ちょっと試してみてくださいな。


  

マレーシアクイズ 答え

ブログネタ
海外生活 に参加中!
マレーシアクイズ(国王編) 


   お待たせしました。
  マレーシアクイズの答えです。

  えっ? マレーシアクイズって何??
  そんな方はこちらの問題をチェックしてからにしてくださいね。

          マレーシアクイズ  

  さて、答えです。
  それはマレーシアの国王の制度が日本人が思っているシステムになっていないからです。

  日本人がイメージしている国王と言うのは親から子へ、子から孫へというような世襲制ですよね?
 少なくとも王位継承何位とか血縁を大事にします。

  イギリスなどを見ても普通はそうです。

  ところが、マレーシアの国王と言うのは世襲制ではなく、5年ごとに変わる仕組みになっているのです。

   えっ!?  どうして? 
    と思うでしょ?

  マレーシアはかつて多くの小国から形成されていました。その影響で、現在の州にはスルタンと呼ばれる、その土地の王様がいるのです。

  マレーシアには13の州がありますが、日本人にも非常に馴染みが深い観光地ペナン、マラッカの2つの州とボルネオ島のサバ、サラワクという州には歴史絡みでスルタンがいません。

  ですから、残り9州のスルタンが順番にマレーシアの国王になるのです。

  マレーシアの国王の任期は5年です。
  現在(2012年)のマレーシア国王2度目の国王なのです。

  国王が2度目と言うのもなんだか日本人には変ですけどね。

  日本人とは国王の発想が違うでしょ?
  これも異文化体験です(笑)。

      
【送料無料】るるぶマレーシア

【送料無料】るるぶマレーシア
価格:1,050円(税込、送料別)

海外クイズ(マレーシア)

ブログネタ
流浪の旅 に参加中!
マレーシアクイズ 


  今回ちょっと、気分を変えて海外クイズを出したいと思います。

   海外旅行をする前の異文化理解のトレーニングと思っていただければ嬉しいです。

  さて、 最初はマレーシアの問題です。

   マレーシアイスラム教を国教とした国ですが、そのマレーシアには国王がいます。 知っていましたか? 

  ところで、そのマレーシアの国王がまだ生存しているのに、去年交代したんです。

   それはどうしてでしょうか?




  気になる答えは次回の時に。
  それまでにマレーシアのこの問題。考えておいてくださいね。

  ではまた〜。



     早くマレーシアクイズの答えを見たい方はこちら。
       → マレーシアクイズ解答
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ