海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。

海外旅行で使えるカード

海外旅行の快適にする方法

海外旅行専門プリペイド

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000082-impress-sci


 
   『アイツーは、海外旅行者用のSIMカード「トラベルSIMデータ」と、海外旅行用のプリペイドカードをセットにして、22日より販売を開始する。同時に申し込むことで、SIMカードの代金はプリペイド残高として全額キャッシュバックされる。

 セットとして販売される海外プリペイドカードは、マネーパートナーズが提供する「 マネパカード」。

 海外専用のカードで、MasterCard加盟店で利用できる。

 チャージできる通貨は、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5種類に対応する。
 ユーザーはATMやインターネットバンキングを通じて専用口座に日本円を振り込み、会員サイトで希望する通貨に両替してチャージする。

 カードの申し込みに与信審査は無く、年会費も無料

  今回のセットでは、「トラベルSIMデータ」を新規に購入する際に「マネパカード」を同時に申し込むことができ、SIMカードの代金1944円(税込)が、カードに全額キャッシュバックされる。』


  海外旅行で気になる事の1つはお金のことでしょう。

   長期海外一人旅をしている人などはトラベルチェック(T/C)なども使っていますが、短期海外旅行者の間ではカードが主流になりつつあります。

   短期海外旅行では時間があまりないので、海外のATM現地通貨を引き出すというパターンが便利です。

  両替所を探す時間が勿体ないですし、夜でもATMならお金を引き出すこともできます。(但し、何かトラブルがあっても対処しにくいので夜間利用はお勧めはしません)

  急な入用ができても、大きな都市ならATMは簡単に見つかりますしね。

  そんな便利なカードですが、クレジットカードだとちょっと使い過ぎになる人いませんか?

  それにクレジットカードは手数料がちょっと高いですね。 そんな海外旅行者の悩みを少し解決してくれるのが、マネパカードです。

  
  マネパカードと聞いてピンと来る人はあまりいないでしょう。
   マネパカードというのはマルチカレンシーの海外専用プリペイドカードです。
  但し、日本では使えませんが。

 
   プリペイドカードだから預金以上のお金を使う事はできないので、海外旅行後に使い過ぎで後悔する事はないです(笑)。

  マネパカードはマルチカレンシーとして、1枚で5つの通貨をチャージして海外で使えます。  

  通常の海外キャッシュカード海外旅行先のATMで現地通貨を引き出すことができるだけですが、マネパカードは、海外のマスターカードのマークのあるお店で食事や買物をすることができるんですね。

  ほとんどクレジットカードのようです。
  現金をあまり持ち歩かなくてもいいんです。

  多くの店でVISAやマスターカードと契約していますから。  
 今回はアイツーが、海外旅行者用のSIMカード「トラベルSIMデータ」海外旅行用のプリペイドカードをセットにしたものです。

   これから2月、3月は卒業旅行シーズン

  マネパカード気になった人はこちら。  どんなものか見るだけでもチェック。  自分にメリットがなかったら、無視すればいいだけです。    http://bit.ly/1ZQyiXY


  それにしても、海外旅行の両替も本当に便利になりましたね。

  僕の初海外旅行の時代はお金を残すと次の国では価値が半減するから、どこでどれぐらい両替しようかと常に考えていましたが、今は必要な時にATMで引き出せばいいだけになりましたからね。  
 
マネパカード

   

欧米で便利なVisa デビット

ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!
Visaデビット 海外旅行で威力

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000013-rbb-ent


 『海外旅行におけるショッピングは楽しみの1つだが、大量の現金を持ち歩くことは、やはり大きな不安要素だ。それを解消するのが各種カードだが、その利用形態が最近少し変わりつつある。

 海外(特に欧米)では、クレジットカードで高額決済、少額〜中規模の金額を決済するのはデビットカードで、という決済スタイルが主流となっている。

  デビットカードは、商品購入時に銀行の預金口座から即時(一部例外あり)に料金が引き落とされるサービス。銀行口座の残高の範囲内で、加盟店で使えるため、国内でも活用している人は多いだろう。

  そして、これをVisaの使えるところならどこでも使えるようにした「Visaデビット」だ。

 24時間使え、ネットでも使え、ATM手数料不要、一部ポイントがつくカードもあるのが特徴となっている。口座から即引き落とされるため使い過ぎの心配もないデビットのメリットも、そのまま甘受できる。

 Visaデビットでは、引き落としがあるとその都度スマホや携帯に連絡が来るのも、家計簿代わりに使える利点となっている。

 そんなVisaデビットだが、海外ATMでも、自分の口座から直接に、現地通貨を引き落とすことができる。そのため、わざわざ両替所を見つける手間や行列に並ぶ手間を省くことができるという。

 さらに盗難や紛失にあっても、現金であればそのまま悪用されてしまうが、カードであれば、それを防止できる。万が一被害に遭った際でも保障や保険がついているので安心だろう。

 そしてなにより、海外で利用できるデビットカードは、日本ではVisaデビットだけなのだ。

 トラベルジャーナルの調査によると、海外旅行を経験した人が遭遇したトラブルのなかで、「私物の盗難・紛失」が全体の約75%を占めており、そのなかでも「現金」が最多だという。

 日本人=現金を持っていてかつ、相手にとって狙いやすい存在と思われているためだ。

 さらに節約アドバイザーの丸山晴美氏は、日本円から現地通貨への両替はレートが悪かったり、手数料が高いケースがほとんどとなっている(逆両替も同様)と指摘する。

 これらのことから、「手持ちで持つ現金は最小限にして、決済はクレジットカードやVisaデビットといった、海外でも利用できる電子決済手段をメインにすること」が大切といえるだろう。』


 日本のデビットカードで海外で使えるのは、Visaデビットだけなんですね。

 デビットカードなら、口座から即引き落とされるためクレジットカードのように使い過ぎの心配もありません。

 それでいて、24時間、ネットでも使え、ATM手数料不要、一部ポイントがつくカードもあるとなると利用しない手はないですよね。

 カード社会の欧米では利用価値大でしょう。

 ですが、世界にはカード自体あまり使われていない国もありますので、カードだけに頼るのはやめた方がいいですよ。

 その場合は、トラベラーズ・チェック(T/C)などと併用しましょう。

 また、カードの海外旅行トラブルとしてスキミングが挙げられます。

 スキミングとはカードの情報を読み取られてしまう事です。

 そんなスキミング対策にこんなものもあります。
 気になる方はチェックしてみては?
 
 

トラベルプリペイドカード 第4弾

ブログネタ
旅のアドバイス に参加中!
トラベルプリペイドカードの上手な使い方


   これまでの第3弾までの記事を読んでいただいていると、トラベルプリペイドカードについての基本的な知識は身についている事と思います。

   まだ読んでいないという方はこちらをチェックして見てくださいね。

   トラベルプリペイドカード   トラベルプリペードカード 第2弾  
  
  トラベルプリペードカード 第3弾


  最後にトラベルプリペイドカードの上手な使い方や注意点などをご紹介します。
 
  『海外旅行の予算に組み込むのも一手  

   Visaカードを発行しているビザ・ワールドワイドによると、海外旅行や出張の予定のある16〜69歳までの男女3093人を対象に「トラベルプリペイ ドカードの認知・利用意向」について調査したところ、64.4%の人が海外旅行時の事故やひったくり、窃盗などに対する不安を感じるという。

  外務省による と、2011年に海外で発生した犯罪件数は1年間でなんと1万7093件。
  その中で最も多いのが窃盗被害で4225件にものぼる。

   また、マーケティング&リサーチ会社のシタシオンジャパンの調査によると、海外ファミリー旅行に持ち込む現金の平均は17万円。

   同時に、多額の現金を持 ち歩くことに不安を感じているという回答が71.8%あったとのこと。

   また、海外旅行での後悔の理由として、旅行最終日に現地通貨が余って無理やり使い きった、帰国後に再換金して損したなどの声も多いという。

   各社カードとも保障はあり、限度額が低いために紛失しても被害は少なくてすむ。通常のクレジットカード同様の特典がつくカードもあり、活用度も広がって いる。

  さらに、長期滞在時や、留学している子どもがいる場合にも利用価値が大きいのが、プリペイドカードだ。

  なぜなら、日本で入金をすれば、送金手数料も かからなく、現地で銀行口座を開設する手間も省ける。

  1回に引き出せる金額、入金できる金額などは制限があるが、再入金ができるので不便さはなく、日常で 使う分には十分だろう。

   2012年11月には三井住友カード韓国に渡航する日本人向けのトラベルプリペイドカードを発行。

  トラベルプリペイドカードの競争も激化している。

  春休みやGWなど海外旅行の予定がある人は、旅行予算のひとつとして、検討してみるのもいいかもしれない。』  


  格安海外旅行を目指している方で意外と盲点になっているのが、両替手数料。  
  両替回数が多くなったりすると、計算するとかなり手数料を取られていたりします。

  万が一、海外に送金する事態になると、何千円という手数料が取られます。

  トラベルプリペイドカード
は日本で入金してもらえれば送金手数料もかからないので、その点も安心です。  

  海外一人旅で重要な事は安全面にも気を配ること。

  海外旅行の安全面からもトラベルプリペイドカード、使えると思います。

トラベルプリペイドカード 第2弾

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
トラベルプリペイドカードのメリットとデメリット


  トラベルプリペードカードの前回の記事の続きです。
   前回の記事はこちらです。まだ見ていない方はチェックしてください。
     トラベルプリペイドカード


  今回は、トラベルプリペードカードの具体的なメリット、デメリットを見ていきましょう。

  『旅行なら十分に使えそうなプリペイドカードだが、具体的にはどんなメリット、デメリットがあるのだろうか。下の表にまとめてみた。

   メリット

    ・大金を持ち歩く必要がなくなるので安心。
    ・万が一盗難にあっても、銀行口座にリンクしない、暗証番号でロックしているうえ、無制限に引き出せないので、被害が少なくて済む。
    ・留学中の子どもへの送金、長期滞在の生活費として活用できる。
    ・手数料が4〜5.5%と割安。 ・口座開設が必要なく、海外のATMから現地通貨を引き出せる。
    ・追加入金ができる。

   デメリット

   ・1回の引き出し限度額、加盟店利用時の上限金額が決まっているので、大きな買い物はできない(限度額はカードの種類によって異なる)。
 
    ・1年間に追加入金できる金額に制限がある。
   ・1日に引き出せる金額に制限がある。
    ・1日に加盟店での利用限度額がある。
    ・本人以外の人が入金する場合は、前もって委任状が必要な場合もある。

    限度額や一度に使用できる金額などに制限が多いのがデメリット部分。だが、短期の旅行なら十分に使える。散財しがちな旅行先なら、限度額がしっかりしているプリペイドカードのほうが、何かと安心かもしれない。』


   デメリットの「1日の引き出せる金額に制限がある」は、海外の銀行では当たり前の事が多いです。

  というのも、強盗などの犯罪が多い国では、犯人の見張っている中で本人に銀行のATMで現金を引き出させる犯罪パターンが多かったからです。

  無制限にお金を引き出せるとなれば、預金額の全部被害にあいます。 だから、ATMで1日に引き出せる金額を制限して被害を最小限度に食い止める意味合いもあったのです。

  海外旅行の安全面から考えると、1日の引き出し額に制限がある事は、実はメリットとも言えるんですよ。

海外旅行で便利なカード(トラベルプリペイドカード)

ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
トラベルプリペイドカード (海外旅行カード)


  トラベルプリペードカードについてこんな記事を見つけました。

   トラベルプリペイドカードって何?と言う方!
  これを読んで、楽しい海外旅行をしてくださいね。


  『春休みGWなど、休みが続くこれからの季節。海外旅行を考えている人も多いだろう。いざ海外旅行へ行くときに悩むのが、お金はいくら持っていけば十分なのかだ。

  そんな悩みの解決法のひとつとして海外専用のトラベルプリペイドカードを利用する人が増えている。

  ネットで申請、誰でも持てる手軽さが人気 。 短期間の旅行なら一番頼りになるのは現金と考えている人もいるだろう。

  しかし、現金は現地通貨に両替しなければ使えない。空港内の外貨両替所なら手数料 やレートは適正だが、街中、ホテルなどでの両替は手数料が一定ではなく、割高だったり、レートが悪い場合も多い。国によっては40%の手数料をとられ損す ることもある。

  海外旅行に慣れている人なら、現金は最小限だけ持っていき、いつでもどこでもキャッシュレスで買い物ができるクレジットカードをメインに利用する人も多 いだろう。

  予算を決めて計画的にカードを使える人であればそれが安全で便利だ。ただし、カードに頼り過ぎてしまうと、帰国してカードの請求書を確認したら 膨大な金額になっていたという話もよくある。

  そういう人に適しているのが、トラベルプリペイドカードだ。  

  トラベルプリペイドカードとは、渡航前に日本国内で入金し、海外でキャッシュカードとしてATMから現地通貨を引き出したり、ショッピングやレストラン でクレジットカードとして利用できるもの。

  残高が少なくなったときに日本国内で再入金ができるほか、インターネットバンキングを利用すれば海外からの再入 金も可能だ。

  ただし使用できるのは海外だけ。海外使用専用のプリペイドカードと考えればわかりやすい。

  現在、JTBをはじめ、各クレジットカード会社から 発行されており、利用者が増加傾向にある。

  パスポートなどの本人確認ができるものがあれば誰でも利用できる。各社のサービスカウンターであれば即日発行が可能、インターネットでも数日間で発行で きる。

  また、ブックタイプで受け取ることが多いトラベラーズチェックに比べ、カード1枚で済むという手軽さや、万が一盗難にあっても自身でインターネット の専用サイトから利用を停止したり、発行会社にすぐに連絡すれば不正使用を防ぐことができる点が、初めての海外旅行ファミリーでの旅行を計画している人 に好評のようだ。

   高額のショッピングはムリ。だけど安心感は十分』  


  トラベルプリペードカードは、海外一人旅犯罪にあう危険性海外旅行での便利さのバランスを取ったカードだと言えます。


  この記事で気になった点が1つ。

  空港の両替所はレート、手数料が適正と書かれていますが、gidoの経験では街の両替所より悪い事の方が多いですね。全部とは言いませんが。

  現地の空港では現地通貨を持っていない人は絶対に両替しなければならない立場ですから、レートも基本的に不利な事が多いんです。
   
  上海浦東空港では手数料も法外な値段でビックリした事もありましたからね。
  
  この点に関しては、2,3日分だけ日本の空港で両替していく方がいいかもしれません。


  次回はトラベルプリペードカードのメリット、デメリットを見ていきます。

ひとり女子旅の三種の神器

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
ひとり女子旅とカード  

 
  前々回のひとり女子旅の続きです。 ひとり女子旅3部の最終部です。

  まだご覧になっていない方は、こちらをチェックしてから見てください。
      ひとり女子旅の勧め    ひとり女子旅の目的   

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130117-00000046-scn-bus_all

  『一方、「海外旅行に必ず持っていく三種の神器」を聞いたところ、「カード(クレジット・国際デビット・海外専用プリペイド含む)」(79.4%)、「カ メラ・デジタルカメラ」(66.8%)、「ガイドブック」(51.3%)の順だった。

  また、2013年の海外旅行に向けて注目しているツールやサービスに ついては、「タブレット端末」、「スマートフォン」に加え、「翻訳系アプリケーション」、「GPSルート検索」などの電子端末に関係するものが多くなって いた。

  ガイドブックに代わって、スマートフォンやタブレット端末などの電子端末を現地のガイド役に活用する傾向が強くなっている。

   また、海外旅行中の現地での支払い手段は、「カードをメインに使う」(41.5%)、「どちらかというとカードを使うことが多い」(22.6%)という 「カード派」が過半数。

  ひとり旅を経験した女性では、「三種の神器」で81.3%がカードを選択し、カード派が65.2%を占めるなど、カードの利用率が 高いことがわかった。

  さらに、海外旅行先のATMから現金を引き出した経験があるかと尋ねても、全体の39.1%が「経験がある」と答えたことに対し、ひ とり旅を経験した女性は45.0%が「経験がある」と回答し、そのうち30.1%が「毎回旅行先のATMから現金を引き出している」と回答するなど、海外 旅行時に必要以上の現金を持ち歩かない、身軽な旅を楽しんでいることがわかった。


   このように、ひとり女子旅を経験した女性がカードでの支払いを選択する理由について、久我氏は「女性の方が、より『お得・節約・安全』に対する意識が強 い傾向がある」とコメントしている。

  クレジットカードで支払いすることで、ポイント面での「お得」、ポイントを活用することによる「節約」、現金をあまり 持たなくて良い・荷物を減らし身軽に動けるため「安全」という側面があると指摘する。

 「旅慣れたひとり旅女性は、この辺も良く知っているのかもしれませ ん」という。  

  久我氏は、「ひとり女子旅」について、「働く女性たちがひとりで海外旅行をし、自分の自由な時間を取り戻すための行動」と評している。

  調査を行った フォートラベルは、「これまで、『海外のひとり旅=男性』というイメージが強かったが、今回の調査で半数以上の女性がひとり旅の経験があり、ひとり旅をし てみたいと考えている女性も6割にのぼることがわかった。

  もはや、海外を一人で旅するスタイルは、男性だけのものではない。

  他人に気兼ねすることなく、自 由に自分のペースで旅を楽しむ『ひとり女子旅』の今後の動向に注目したい」としている。(編集担当:風間浩)』  


  ひとり女子旅海外旅行でもカード派が多数を占めるようになってきている傾向がでましたね。

  カードは多額の現金を持たなくていいと言う点とATMで気軽におろえると言う点で海外旅行でもとても便利です。  

  但し、1枚のカードで全て済ませようとするのは危険です。

  クレジットカードを盗まれたり、割れてしまったり、ATMにうまく反応しなくなったりする場合だってありますからね。    

  海外旅行では日本と違うシステムもありますので、カードのトラブル対策も考えておきましょう。 

   2012年度のものですが、カードについてもっと情報が欲しい方には以下の本が参考になるかもしれません。

お得な海外旅行術

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
海外旅行で丸秘節約術


  http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120720-00021697-zai-bus_all



 『これから夏の海外旅行シーズンを迎える。円高傾向が続いてるため以前よりは割安で行けるようになったが、ちょっとした事をするだけでさらに安くあがる。

  ここではすぐにできる25の「海外旅行のお得なマネー術」をご紹介する。

  ● (1)コストの安さならクレジットカードがダントツ! 

    日本国内で現金を両替する場合と、クレジットカードで支払う場合の100ドルあたりにかかる手数料を比較すると倍以上もの差が! 

   海外では現金を最小限にしてクレジットカードをフル活用しよう。

  ● (2)クレジットカードがいやならプリベイド方式がある  JTBのVisaMoneyT Globalは、入会金、年会費無料であらかじめ預け入れた範囲内で現地通貨の引き出しやショッピングができる。世界40都市での日本語サポートもあり。


  ● (3)現金が必要になったらクレジットカードでキャッシング! 

  クレジットカード払いをメインにするにしても多少の現金は必要になる。両替レートや手数料を考えると現地のATMクレジットカードのキャッシングを利用するのがおトク!

  ● (4)海外ATMで現地通貨を金利ゼロで引き出す方法

  楽天銀行りそな銀行VISAデビットカード海外ATMで現地通貨を引き出せる。借り入れではないので金利はかからない。


  ● (5)米ドルのまま決済できるお得なカードを発見! 

   ソニー銀行の2通貨決済機能付クレジットカードは年会費5250円(消費税込み)が必要だが、海外での利用分は米ドル預金から米ドルのまま決済できる。

  しかも外貨預金の優遇ステージが1ランクアップするので為替コストの優遇外貨定期預金金利もアップ。 *2012年12月31日までキャッシュバック特典あり。


  ● (6)ツアーデスクの活用でパッケージツアーが割引に!   

  カード会社のツアーデスク経由で申し込むとパッケージツアーの代金が割引になる。割引率はカード会社やツアーによって異なるが、基本代金から3〜5%OFFになるケースが多い。


  ● (7)優待クーポンで賢くショッピング! 

   多くのクレジットカード会社では海外提携店で割引やギフトなどの特典が受けられるサービスを行なっている。優待クーポンはサイトからダウンロードできることも。出発前に要チェックだ!


  ● (8)在庫直結ですぐに予約できる!   

  予約サイト「トルノス」航空会社やホテルのシステムと直結。すぐに予約・購入できる情報が表示され、カード決済OK。キャンセルもすぐに反映されるので超お得な料金でゲットできることも! 


  ● (9)クーポン利用でさらにお得!   

  予約サイト「エクスペディア」では様々なクーポンを発行しているので、予約を完結する前に使えるクーポンがないか要チェック。7月31日までは最大99%OFFになるクーポンを提供中だ。


  ● (10)海外利用だとポイントが2倍に! 

   カード会社によっては海外で利用すると通常よりポイント付与率がアップする。楽天カードはエントリーすればポイント2倍、セゾン・アメリカン・エキスプレスカードは自動的にポイントアップ! 


  ● (11)ホテルサイトの堅実利用術  予約サイトを利用して自分でホテルを手配する場合、「3日前までキャンセル料無料」の手ごろなホテルをとりあえず予約しておき、期限までによりよいホテルを見つけたら乗りかえるのも一案。


  ● (12)支払いはポイント還元率の高いカードで! 

   格安航空券はカード決済可能かどうかもチェック。例えばSBIレギュラーカードでは1000円で10ポイント付くので10万円の支払いだと1000ポイント=1000円相当分お得! 


   ● (13)セール情報はメルマガでキャッチ! 


   予約サイトに登録しておくと、ホテルやツアーの直前セールや会員限定割引セールの案内がメール配信される。タイミングが合えば掘り出し物をゲットできるので、チェックしよう! 


   ● (14)「マネーパートナーズ」なら為替手数料が約90%オフ!

    FX会社の「マネーパートナーズ」では外貨両替が可能。米ドルの場合、手数料は20万円で500円程度(一般的な銀行の場合は約6000円)、しかも、成田空港で受け取れるサービスもある。


   ● (15)キャッシングしたら、帰国後空港で返済!   

   キャッシングした金額は通常はカードの支払日に買い物などの利用と一緒に請求されるが、帰国後すぐに返済してしまえばその分の金利を減らすことができる。


  ● (16)安全もコストのうち!   海外で現金を引き出す時はATMの場所にも気をつけたい。同一通貨圏内で飛行機を乗り継ぐなら空港のチェックインエリア内のATMがおすすめ。手荷物だけなので身軽だし、スリや強盗の危険性も低い。


   ● (17)スーツケースを無料宅配!   

  セゾン・アメリカン・エキスプレスカードでは海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までスーツケース1個を無料配送してくれる。往路は割引料金で配送可能(ブルー、ゴールドカードが対象)。


  ● (18)スマホの高額請求に要注意! 

   海外でもスマホをいつもの感覚で使うと国際ローミング代が高額になることもある。海外版の定額サービスを申し込んでいないなら、スマホの3G回線は国内を発つ前にオフにしておいたほうが無難。


   ● (19)Free WiFiで通信料を節約!   海外では無料で無線LANを使えるスポットも多い。これを活用すれば高額な国際ローミング代を払う必要なし。都市で事情は違うがネットで検索すればいろいろ情報が出てくるので要チェック! 


   ● (20)意外とかさむATM利用料に注意  海外キャッシングは1回ごとにATM利用料がかかることが多いので、あまりこまめに引き出すと結構な額になる。かといって一度に大金を下ろすと盗難などがこわいので計画的に行なおう。


   ● (21)お札の数え間違いは珍しくない  日本では考えにくいが、現地の銀行や両替所で換金する場合、係員がお札を数え間違えるのは珍しくない。特に金額が多い場合は要注意!  係員の目の前で金額があっているか確認しよう。


   ● (22)LCC活用術1  

  株価のように需給によって日々価格が変動するLCC(格安航空券)。同日でも時間によって値段が違う。空席が多いほうが安いので早めに買ったほうが一般的にはお得。出発の間際には安くなる可能性も。


   ● (23)LCC活用術2  

  欧米はLCC先進国
。上手に使えばオプショナルツアー程度の価格で訪問都市を増やすことができる。例えばEast Jetパリ発ロンドン着の8月の一番安い価格は29.99ユーロ(6月2日現在)と、東京→成田間の電車代並み!


   ● (24)語学力を駆使して格安ツアーを探す!   

  旅慣れた人や語学力に自信がある人向きだが、現地ツアー空港までの送迎サービスなどを自分で手配する場合、英語や現地の言語で検索すると日本語より安いものが見つかることが多い。


   ● (25)「ドコモプレミアム」のクーポン券もチェック! 

   携帯のキャリアドコモなら、無料の「ドコモプラミアクラブ」に申し込めば、ハワイやグアム、上海、北京などで使える10%オフなどのクーポン券がゲットできる!

    (監修/旅行ジャーナリスト 村田和子、文/佐乃美歩絵)』


  海外一人旅をする人にチェックして欲しかったニュースです。

   最近海外旅行でもカードによる引き出しが多くなってきています。 そこでカード会社はそれぞれ海外旅行に関する特典にも力を入れ始めたようで、色々なカード会社が様々な特典やメリットを打ち出しています。


   これからも毎年新しいサービスが増えると思います。

   このニュースに載っているもの以外にも、今持っているカードでも自分が知らないだけで、海外旅行に使えるサービスが含まれているかもしれません。

  海外一人旅に出る前にチェックしてみる事をお薦めします。


   ただ、クレジットカードなどで海外ATMから引き出す時はスリや強盗の危険も伴いますので、くれぐれも注意してくださいね。

ATMハンター

ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
ATMハンター 

  前回、海外旅行とスマートフォンについての記事を掲載しました。
  まだチェックされていないかたはこちら。 海外旅行とスマートフォン


   今回はスマートフォンアプリに中で海外旅行に便利なATMハンターと言うニュースの話です。最後の項目に注目して下さいね。

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111019-00000017-inet-mobi


  『最新の Android OS 「Ice Cream Sandwich」 が搭載されたスマートフォンが発表された。これをきっかけに Android スマートフォンを初めて購入し、どのアプリをインストールしたらよいか迷ってしまう人もでてくるだろう。

  そんな方のために、検討に値する Android 用の無料アプリを10種紹介しよう。

   1) Vlingo 両手がふさがれて使えないときに、声でAndroid スマートフォンの操作ができるアプリ。例えば、「ダイアル 自宅」と Android スマートフォンに話しかけると、登録してある「自宅」に電話を掛けることができる。Twitter 等の SNS に対しては音声で投稿できる。その他にも、検索、アプリの起動も音声で利用可能。 同様のアプリとしては、しゃべランチャーがある。こちらも無料。


  2) Seesmic ソーシャルネットワーク管理アプリFacebook、Twitter、Salesforce Chatter のすべてのアカウントの更新情報を、このクライアントアプリで受信できる。もちろん、投稿することも可能。

  3) Springpad 毎日の生活やインターネット検索で発見したちょっとしたことを忘れないようにメモし、管理するのに最適なツール。やらなければいけないタスク、買いたいもの、アイディアなどをどんどん入力できる。また、入力した情報に対しては、Springpad が自動的に関連情報を集めてくれる。Amazon.com が書籍をおすすめしてくれるように、Springpad は入力した製品がどこで買えるか、その評判はどうかなどの情報を自動的に追加して表示する。

  4) JuiceDefender Android スマートフォンのバッテリーがすぐに切れて困っている人にお勧めのアプリ。JuiceDefender をインストールすれば、バッテリーを長持ちさせることができる。このアプリは、スマートフォンの接続状況とバッテリーをよく使用するコンポーネントを効率的に管理する。たとえば、デフォルトモードでは、通話していないとき、スマートフォンをバッテリーの消耗が激しい 3G モードから、より消費電力の少ない 2G モードに切り替える。また、バッテリーレベルがある一定以下になった場合は、Wi-Fi を切断する。アドバンスモードでは、より細かい設定をすることができる。

 たとえば、メールの確認のため、15分に1度だけ3Gを受信するなど。 ただし、アドバンスモードの設定には高度な技術知識を要求されることがある。また、使用しているスマートフォンの機種によっては、動作が不安定になることもあるので注意が必要だ。


  5) Thinking Space アイディアをまとめるのを手助けしてくれるアプリ。あるトピックを中心に、思いつくことをすべて書きあげる。次に、その思い付きを図にしていくことで、マインドマップと呼ばれるものを作成できる。頭の中のものが、マインドマップとして図示されることで、分かりやすいものとなり、企画をまとめやすくなる。

 6) MightyMeeting Android スマートフォンを使って、PowerPoint を使ったプレゼンができるアプリ。プレゼン資料をクラウドにアップし、その場所をプレゼンを見る人たちにメールなどで知らせる。会議開始後は、あなたはスマートフォンの画面に表示される資料を画面をタッチして次々と進めながらプレゼンをすればよい。聴衆側のスマートフォンやタブレット端末の画面も、それにあわせて進められていく。プレゼンを、E メール、ブログ、Twitter、Facebook で共有することもできる。


  7) Fuze Meeting HD Fuze Meetning は、音声とビデオでのオンライン会議を可能にするツール。Android スマートフォンからオンライン会議に参加できるだけでなく会議を主催することもできる。会議の日時を決め、 Android スマートフォン内の連絡先から参加者を招待できる。PowerPoint、Word、PDFの文書や HD 動画をアップロードし参加者全員で視聴することもできる。 アプリは無料だが、ミーティングサービスには使用料がかかる。無料トライアル期間あり。


 8)The Weather Channel エリア毎の現在の天気に関する情報を入手できる。エリアは最大4件まで登録可能。自宅、職場などを登録しておけば、各地の天気を同時に確認できる。入手できる情報は、気温、天気、体感気温、風速、湿度、紫外線情報など。天気予報は、1時間ごと、12時間ごと、10日先までの3種類。

  9) iTriage Mobile Health 健康維持を手助けしてくれる健康管理アプリ。2人のER担当医によって設計された。

 10) Mastercard ATM Hunter  海外旅行では、現金よりもクレジットカードを利用したキャッシングサービスが便利。でも、見知らぬ土地でATMを探すのは大変。そんなとき、このアプリが役に立つ。スマートフォンの位置情報から、近隣のATMを探した出してくれる。24時間対応か、車椅子でのアクセスは可能か、使用料金は、などの ATM情報も表示する。』


  トラベラーズチェックと共に、最近ではクレジットカードを利用する海外一人旅の人も増えてきました。多少レートは高くなるかもしれませんが、両替所の時間を気にせず、現地のお金を引き出せるのはやっぱり便利ですからね。

  しかし、ATM機がどこにあるかよくわからない場合は、これが便利。マスターカード用のようですが、最近のATM機は色々なカードが使えるようになっているので、それほど問題はないでしょう。
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ