安い海外航空券の罠(わな)  


     今日は海外旅行の航空会社選ぶ時の注意点についてお話します。

  海外一人旅航空券を選ぶ時、多くの人が航空券の値段に目が行きがちです。

                                                 安い!と。


    ここでよくチェックしてください。

    最近の旅行代理店の広告では、航空券代となっていても燃料サーチャージや税金(TAX)、空港使用料などが含まれていなくて、後から広告の航空券代から数万円が追加される場合があります。

       「え〜」と言いたくなりますよね?

   
 旅行代理店で直接申し込むなら、スタッフの人にその海外航空券代に何が含まれていて、何が含まれていないのか、先ずは確認しましょう。

 安さが売りの旅行代理店では、できるだけインパクトを与えて来店してもらわないといけない為、燃料サーチャージや税金(TAX)、空港使用料など全て省いて、見た目の値段を下げている場合が多いです。

 燃料サーチャージとは燃油特別付加運賃、燃料油価格変動調整金とも呼ばれ、燃料の価格に応じて運賃とは別に徴収されるものです。

  これが航空券価格に含まれているか含まれていないかで、実際支払う金額は大きく違います。


  また、最近では旅行代理店には行かず、ネットで海外航空券を予約する人も増えて来ましたね。
  私も格安航空会社(LCC)を利用する時は、全てネット予約にしています。

  ここでも注意してください。

  旅行代理店のHPからインターネット予約をする場合、数千円の取り扱い手数料を支払わなければならない事もあります。

  航空会社のHPから直接ネット予約する場合でも、クレジットカード払いにするとその手数料を支払うのが普通です。

  ですから、広告を見て安いと思ってすぐに申し込んだけど、実際支払った額は他の所の海外航空券より高かったと言う事が起こります


   まとめますと、

   いずれの場合も、その海外航空券代に何が含まれているのか、よくチェックする事が非常に大事です。

   それから、各旅行代理店の取り扱い手数料クレジットカード、銀行振り込みなどの支払わなければいけない手数料をチェックします。

   条件が色々違う海外航空券の値段を、同じ条件(実際に自分が支払う値段)にして比較する事ですね。

   それをした上で、どこの海外航空券を購入するのか決定しましょう。


600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター