ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!
2年連続 世界最悪の空港

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000009-jij_afp-bus_all&pos=4


 『【AFP=時事】フィリピンの主要空港である首都マニラ(Manila)のマニラ国際空港はこのほど、2年連続で「世界で最悪のターミナル」に選ばれた。

   旅行関連サイト、「The Guide to Sleeping in Airports(空港で眠るためのガイド)」が利用者を対象に調査したところ、混雑したマニラ空港の第1ターミナルは、「快適さ」と「利便性」、「清潔 さ」、「顧客サービスの質」で最も低い評価を受けた。

  サイトに投稿されたあるレビューは、第一ターミナルの「施設の老朽化」、不誠実な従業員──特にタクシー運転手──、長い待ち時間、態度の悪い空港職員などを挙げていた。

  しかし、第1ターミナル管理部門のダンテ・バサンタ(Dante Basanta)主任はAFPに対し、同空港の昨年の利用者数が810万人に達して年間処理能力の650万人を超えたことを認める一方で、政府がすでに対策を講じていると指摘して「これらの問題はすでに過去のものだ」と語った。

  調査の結果、世界で2番目にひどい空港として挙げられたのは、イタリアのベルガモ(Bergamo)空港だった。

 サイトによると、同空港のターミナルで は「まるで自宅で過ごしているかのようにTシャツも着ていない、裸足の人たちがウロウロと歩き回り、それを誰も気にしない」という。

 第3位はインド・コルカタ(Calcutta)国際空港。次いでパキスタン・イスラマバード(Islamabad)国際空港、パリ(Paris)のボーベ(Beauvais)空港だった。


  一方、評価の高かった空港は、シンガポールのチャンギ(Changi)国際空港韓国ソウル(Seoul)仁川(Incheon)国際空港オランダ・アムステルダム(Amsterdam)のスキポール(Schiphol)空港などだった。【翻訳編集】 AFPBB News』



  旅行関連サイト、「The Guide to Sleeping in Airports(空港で眠るためのガイド)」の調査で、フィリピンのマニラ空港世界最悪の空港となったようです。

  マニラ空港フィリピンの表玄関。  

  フィリピンが発展して昔よりも空港利用客が多くなったのに、それに対応する空港改修や拡張が行われなかったのが原因でしょう。

  国際線は海外からのビジネス客や観光客を呼び込む国の顔ですからね。国際空港の印象で、その国の印象も変わってしまいます。

   アジアを見渡すと、ハブ空港争いで新空港をどんどん建設しています。 

  一番先に力を入れていたのはシンガポール。  
  シンガポールのチャンギ空港は、シンガポール航空と共に世界的に有名ですね。

  シンガポールやオランダなど小さい国は国際線に頼るしかなく、昔から海外旅行客など利便性には力を入れてきました。

  他のアジアに目を移すと、韓国金浦空港からソウル郊外の仁川空港に、タイドンムアン空港からスワンナプーム空港に、マレーシアスバン空港からクアラルンプール空港(KLIA)に場所を移して、規模の拡大と設備の近代化を図ってきました。

   フィリピンはその点、遅れていて、キャパオーバー、施設の老朽化などで世界最悪のターミナルとなったのでしょう。それにしても2年連続とは・・・。

  マニラ空港の担当者の話だと、既に対策は取ってあると言いながら、どこがどう改善されたのか記事に載っていないのはちょっと怪しいですね。

   まあ、世界最悪の空港と言っても主要空港の中ですから、途上国の地方空港へ行けばもっと凄い所はありますけど(笑)。  

  ここに出ているフィリピン、イタリア、フランス、インド、、パキスタン悪名高い空港は要チェックですね。  

  怖い物見たさで行くなら別ですが、海外トラブルを増やさない為に、できるなら、海外旅行計画を立てる時に他の空港を選らんだ方がいいかも?  
                                  【2013年10月現在】

【送料無料】世界の空港 [ ピ-ピ-エス通信社 ]

【送料無料】世界の空港 [ ピ-ピ-エス通信社 ]
価格:1,890円(税込、送料込)

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター