ブログネタ
旅のアドバイス に参加中!
夜間到着便は避けるのが海外一人旅の常識   

  
  海外一人旅をする時に飛行機選びの注意点を以前、お話しました。
  まだ、見ていない方はこちらをチェックしてください。  
   海外旅行のフライト選びの注意点  

  今回は海外旅行中の安全面からもっと見てみることにします。

   夜の到着便海外空港に到着すると、入国審査、預けた荷物の引き取り、両替などで空港から出るまでに1時間ぐらいはかかるというお話をしました。

  そして、多くの場合、空港からタクシーで市内に出なければならなくなると言うお話もしました。

   前回は金銭的な面から書いてみましたが、このタクシー利用は安全面でもっと気をつけなければいけない部分があるのです。  

  ここを間違えると、単なるタクシーでボラれるだけの被害では済まなくなります。

  夜間、空港からのタクシーを利用する場合は、空港タクシーを利用しましょう。 空港タクシーは空港に専用の窓口があって、値段は高目ですが安全性を売りにしています。

  治安が悪い国で流しのタクシーに乗ると、タクシー運転手が途中で強盗に変身することもあるので注意が必要です。

  海外一人旅の最初の空港で身包みはがされたんでは、海外旅行が続けられなくなりますからね。それどころか、強盗の対処を間違うと最悪の場合、命を落とすことにもなります。

  空港タクシーを乗ればいいから深夜便でもいいや!という考え方はやめましょう。  

  国や地域、その時の状況にもよりますが、実際にフィリピンでは過去にこういう実例があったのです。  フィリピン・マニラ空港実例

  くれぐれも夜の到着便は避けましょうね。
600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター