ブログネタ
海外旅行での失敗談、ありますか? に参加中!
世界でやってはいけないハンドサイン

   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000020-inet-inet


  『トリップアドバイザーは2012年5月24日、インフォグラフィック「外国でやってはいけないハンドサイン」を公開した。

  海外でタブーとされているハンドサインをまとめている。

   同インフォグラフィックによれば、日本人が記念撮影などでよく使う「ピース」サインは、ギリシャでは侮蔑の仕草なのだという。

  これは、ギリシャではかつて犯罪者に2本指で物を投げたことに由来しているそうだ。

   親指と人差し指で丸をつくる「OK」サインは、フランスでは「役に立たないもの」表しており、人に向ければやはり侮辱の仕草となるという。


   小指は日本では女性を意味することが多く、小指を立てると女性の「恋人」や「愛人」などの意味になる。だが、中国では「最も小さい、できの悪い人」を表すサインとなるという。


   親指を下に向けてブーイングという光景は、日本でも目にするようになってきた。だが、このサインは日本人が考えるよりも強い意味をもっており、米国の野球場英国のサッカ―場では、トラブルの原因になることがある。

  このように日本ではあまり問題にならないハンドサインも、海外ではタブーとされているものがある。

  同社では、訪問先の国の人々を不快にさせることなく、また自身も安全な旅を楽しめるよう、基本的なタブーを知っておくことを勧めている。』  


  トリップアドバイザーというのは、世界のホテルなどが予約できる、知る人ぞ知る旅行口コミWebサイトです。 ホテルの空室なども料金別ででてきたりして、すぐに予約もできます。


  そのトリップアドバイザー海外でタブーのハンドサインをまとめたと言うニュースです。

  日本のハンドサイン外国のハンドサインは意味が違う事も多々あります。もちろん、外国と一口に言ってもそれぞれの国で意味が違うわけですからね。


  ここではギリシャ、フランス、中国の例が載っていますね。  

  海外一人旅をする人は、どこの国がどのハンドサインがダメでと丸暗記までする必要はないですが、一応ハンドサインも色々あるという事は覚えておきましょう。

 
600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター