ブログネタ
アジアが好き! に参加中!
東南アジアの安宿  

 
  ホテルと言えば、けっこう高級ホテルがイメージされます。 
  もちろん、ホテルと言ってもシェラトンホテルなど一流どころから、部屋にベッドと机だけの安ホテルまでレベルは色々ですが。  

  東南アジアでは、バックパッカー御用達の安宿は一般にゲストハウスという言い方がよく使われています。  ネット上では、ゲストハウスを略してGHとなっていることもあります。


  ゲストハウスの中でもランキングがありますが、一般にホテルより安い宿泊料となっています。 ドミトリーがあるゲストハウスもけっこうあります。冷房付きのドミトリーもありますから、暑い時期には安い値段でエアコン付きに泊まれるドミトリーは重宝すると思います。

    ドミトリーって何?と言う方はこちら。  →  ドミトリー  


  バックパッカーがよく泊まるタイのカオサン辺りになると、ゲストハウスと名がついていても、ちょっとしたプールがついているホテル並みのゲストハウスもあります。 

   インドネシアのジョグジャカルタ辺りでは、ゲストハウスではなくロスメンという言い方をします。

  また、中華系がオーナーの安宿は「旅社」と言う風に看板が出ている事も多いです。旅社は漢字で書いてあるだけの所もあり、そういう所は欧米人のバックパッカーはまずいません。

  せっかく海外一人旅をするなら、色々な安宿に泊まってみるのも雰囲気が違って面白いかもしれませんね。    

  かなり古い本なので情報源としては役に立たないと思いますが、昔の海外旅行者の様子を知って今と比べてみるのも、その国をよりよく理解できるのではないでしょうか?   
 

   安宿情報源としての東南アジアの安宿はこちらが便利。

   但し、古い安宿情報も載っているので、何年の情報か必ずチェックしましょう。   
              世界の安宿
600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター