ブログネタ
アメリカ に参加中!
アメリカを旅行する人への注意事項 


  米国政府は、査証免除プログラム(ビザなし入国)の対象国民について、渡航前にインターネット上で認証を受けるシステムを導入することを発表しました。

  つまり日本国籍を持っている人は該当すると言う事ですね。


  このシステムは2008年8月1日から試験的に導入されていますが、2009年1月12日以降は、この事前の渡航認証を受けていない旅行者は、米国行きの航空機への搭乗を拒否されることもあるようです。


 今まではパスポートだけでアメリカに入国できていたのが、事前にネットで登録していないと入国できないかもしれないと言う事ですね。 

 原則として72時間前までに登録する必要があります。


 米国への渡航を予定している海外一人旅の旅行者は早めに認証を取得しておきましょう。

  取得した認証は2年間有効となっています。


  また中南米海外一人旅するバックパッカーアメリカ経由が大半だと思いますが、旅行に出発する前に認証を済ませておきましょう。


  対象者は、査証免除(ビザ無し)で渡航する旅行者なので、アメリカのグリーンカード所持者米国大使館で査証(ビザ)を取得して訪米する旅行者は、もちろんこの認証システムを利用する必要はありません。


  とにかくアメリカ入国は以前に比べて、かなり面倒になってきたと言う事ですね。


  詳しくはアメリカ大使館HPなどでチェックしてくださいね。

  (ESTA関連サイト) 電子渡航認証システムホームページ https://esta.cbp.dhs.gov/


  駐日米国大使館ウェブサイト(日本語) http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html
600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター