ブログネタ
海外出張と海外旅行ノウハウなど に参加中!

日本航空(JAL)が販売手数料廃止

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081015-00000041-yom-bus_all


  『日本航空は15日、旅行会社に支払う国際線航空券販売手数料を、2009年4月に廃止する方針を明らかにした。  全日本空輸も同時期の廃止を検討している。

 燃油高騰などに伴う経営環境の悪化に対応し、コストを削減する狙いがある。

 こうした状況を受け、旅行会社最大手のJTBは10月から、これまで原則無料としていた航空券予約代行などのサービスについて、最低2100円の手数料を利用者から徴収し始めた。  

 同様の動きが他の旅行会社にも広がれば、消費者の負担が増え、低迷する航空需要が一段と冷え込む懸念もある。


 販売手数料は、旅行会社航空券を販売してくれる見返りとして、航空会社が代金の5%を支払う仕組みだ。廃止対象は国際線の正規運賃と正規割引運賃で、国内線は5%の手数料支払いを続ける。  

 欧米の航空会社の一部はすでに、手数料を全廃した。米国では中小旅行会社が廃業に追い込まれており、国内でも旅行業界の再編が進む可能性もある。』



  日本航空(JAL)国際線航空券販売手数料を来年に廃止する決定を下した。

  全日本空輸(ANA)も検討しているという。


  従来は、航空会社航空券を売ってくれた手数料として、旅行代理店航空券代金の5%を払っていたんですね。 だから旅行会社は同じ値段で航空券を販売できていたわけだけど、今度からそれが変わってくるというわけです。


  このニュースを海外一人旅をする旅行者側から見てみると、かなり悪いニュースです。


  簡単に言うと、旅行代理店は今まで手数料をもらっていた分を、お客、つまり私達海外旅行者から徴収する傾向になるだろうという話だからです。  

  旅行会社最大手のJTBが手数料を徴収し始めたという事は、他の旅行会社も追随するのはほぼ間違いないでしょう。 

  つまり海外旅行者の金銭的な負担が増えるわけですね。  


  それだけじゃありません。  

  お客から料金を徴収すると、売上が落ち、倒産する旅行会社も出てくるだろうという事です。

 つまり旅行代金を払ったのにもかかわらず航空券がもらえず、旅行者が大損害を被るという話も出てくるだろうと予想されます。  


 中小の旅行会社の中には、特殊地域や得意なアクティビティで売っている優良な旅行会社もありますが、得意分野を持っていない旅行会社航空会社の手数料撤廃で潰れる可能性があるわけですね。


 同じ5%と言っても、国内航空券海外航空券では、元々の航空券の値段が全然違いますから。旅行会社としては、実入りが大幅に減少するわけです。

 この日本航空(JAL)の決定は、中小の旅行代理店にとっては死活問題なんですね。


 海外一人旅をするには、旅行会社選びでつまずかないようにしましょう。 どうやって旅行会社を選んだらいいかわからない方は、こちらを参考にしてください。  
 → http://www.kaigaihitoritabi.com/archives/50958832.html  


 これからの海外一人旅旅行者は、旅行代金を払ったらバウチャーではなく、その場で航空券をもらうようにした方がいいですね。  

  バウチャーが何だかわからない方はこちら       http://www.kaigaihitoritabi.com/archives/51013353.html


  それでは、トラブルに巻き込まれず、楽しい海外一人旅をしてくださいね。

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター