ブログネタ
中国 に参加中!

中国旅行の注意点  

 

 中国一人旅する際は、他の国を旅行する時と違った点に注意が必要です。

  中国では、1週間前後の大型連休と言うのが2つあります。  

 

  一つは、春節と呼ばれている旧正月の祝い。

  中国では1月1日より、この春節の方が大事です。

  もう少し説明を加えると、春節(しゅんせつ)とは旧暦の正月の事です。

  中華圏で最も重要とされる祝祭日であり、新暦の正月に比べ盛大に祝賀され、中国のみならず台湾やシンガポールなどの中華圏国家では数日間の祝日が設定されています。

 

  もう一つは、国慶節です。

  国慶節というのは、早く言ってしまえば中華人民共和国成立を祝う日です。

  これは、1949年10月1日に天安門広場にて、中華人民共和国の建国式典が行われ、毛沢東により中華人民共和国の成立が宣言されたことにちなんでいます。 

 

  中国では、この春節国慶節が大型連休になります。

 

  ここで海外一人旅の貴方が注意しなければいけないのは、ビザ(VISA)の問題です。 

  2008年10月現在、日本国籍を持っていれば2週間ノービザ中国に入国できますが、この大型連休を知らないととんでもない目に遭います。

 

   先ず、中国人の多くが故郷に帰省しますので、電車やバスのチケットがなかなか取れません。2〜3時間は、列に並ぶ覚悟が必要です。それでも希望通りのチケットが取れることは稀でしょう。

   また、ホテルの値段も通常よりアップします。

 

  このように海外一人旅をしているバックパッカーなどにとっては一番中国旅行しずらい時期です。   

 

  例えノービザからお金を払ってビザ取得をしようと思っても、オフィスは1週間程度休みですしね。   

  できれば、この時期の中国旅行は避けた方がいいでしょう。  

 

   ★中国旅行に関するもの★   

 

  下手をすると中国の移動だけで時間がかかり、本来の中国旅行の目的を達成できない可能性が大です。  

 

  もしこの2つの大型連休を挟んで中国するなら、必ず日本で1ヵ月ビザを取っておきましょう。   

 

  ノービザ中国に入国して、本当に苦労していた旅行者gidoは何人か知っていますからね。

 

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター