ブログネタ
海外旅行あれこれ に参加中!

 海外でやってはいけない事

 

  海外でのタブーについての紹介です。

 

  日本では全く問題がなくても、海外で同じ事をすると法律違反になる事もあります。

  今回はそんな事例をちょっとご紹介します。 今回はメキシコを例に取ってみましょう。

 

  えっ、メキシコではこんなのがいけないの!?  

  そんなメキシコでのタブーの中の一つが、公衆の前で酒を飲むこと。  

 

  公園や広場など公衆の集まる場所で、堂々と酒(つまりアルコール)を飲んでいると、メキシコでは法律違反になります。  

  広場などで喉が渇いたからと言って、堂々とビールなど飲んでいて警官に見つかると、警察にしょっぴかれますよ〜。  

  

   アルコールを飲みたい時などはちょっと工夫が必要です。

   僕も日本人旅行者と年明けのカウントダウンメキシコシティのソカロで祝う時、スプライトの容器にアルコールを混ぜて持って行ったりしたものです。  

   さすがに中身まではチェックしないので(笑)。

 

   このようにメキシコでは公の場でアルコールを飲むのは禁止されています。

   まあ、そうは言っても、そこはメキシコ。 

 

  厳密にいつでもどこでも、これが守られていると言うわけではないんですね(笑)。

 

  メキシコシティのような外国人観光客もたくさん訪れ、メキシコの顔となるような場所はともかく、田舎の祭りなどではコロナなどのビール瓶片手に談笑したり、踊ったりしている光景も見ます。  

 田舎などの祭りでは、警官もかなり大目に見てるんですね。 

 まあ、知り合いもいっぱいいるし、警官自身もメキシコ人なのでそういのがきらいじゃないしね。

 

  ただ現地の人は、どういう場合はOKで、どういう場合はまずいというのは大体わかっているわけですが、海外一人旅旅行者はなかなかそれがわかりません。

 

  海外一人旅旅行者がこれを知らずに天気がいいからと言って、公園などでビールを飲んで酔っ払っているとメキシコでは留置場行きになるので注意が必要です。

 

  今回はメキシコを例に挙げましたが、海外ではメキシコだけでなくアメリカなど他の国でも、公衆の場でアルコールを飲むのを禁止している所があります。

 

  警察に厄介にならない為にも、ビールなど酒を飲む場合は、一度現地の人の様子を確かめてからにした方がいいでしょう。

 

  日本では問題ない事が、海外では問題になる場合がありますからね。

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター