ブログネタ
アメリカ に参加中!

アメリカ渡航者及び通過者の注意点

 


  一般的に日本国籍を持っていて短期観光旅行であれば、アメリカ入国に際してビザ(査証)は必要ありません。

  これは海外旅行者の間で、よく知られているビザ情報でしょう。
 

  しかし、このビザ情報の為に、アメリカ入国の落とし穴もあるんです。


  米国政府は、同国のテロ対策包括法に基づき、2004年10月26日から「機械読み取り式でない旅券」を所持している外国人が米国へ入国(通過を含む)する場合には、入国前に査証(ビザ)を取得することを求めています。


  つまりどういう事かと言うと、機械読み取り式のパスポートを持っていないと、いくら日本人でもアメリカ入国ビザが必要ですよと言う事です。


  従来は、「機械読み取り式旅券」であるか否かにかかわらず、査証免除プログラム対象国である日本旅券所持者の短期滞在目的の入国に当たっては査証を免除してきたわけですが・・・と外務省は発表しています。


  2004年より前はどんなパスポートでも、日本人であればビザ免除されていたわけですね。

 

  アメリカ海外一人旅の目的地でなくても、アメリカを通過する場合は全て当てはまりますので、要注意です。

 

  次回は、「機会読み取り式旅券」、つまり入国審査の時に機械で読み取るパスポート(旅券)とそうでないパスポート(旅券)について説明しますね。


 

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター