ブログネタ
航空・旅行用語 に参加中!

Eチケット

 

 

eチケットとは、英語のElectronic Ticketの略で、日本語では電子航空券と訳されてます。

 

 

要するにEチケット(イーチケット)とは航空券に必要なデータを航空会社のコンピュータに記録しておき、従来の紙の航空券は発行しないチケットのことです。

 

 

航空券の代わりに「旅程表」「確認書」「お客様控え」などとよばれる用紙に印字して顧客に渡されます。

 

 

その旅程表なり確認書を持って、当日空港の航空会社のカウンターへ行けば、搭乗券と引き換えてくれるというわけです。

 

 

データは航空会社のコンピュータに入っているので実際はチケットがないわけではありませんが、お客の立場から見れば紙の航空券をもらわないのでチケットレスと言い方もされています。

 

 

 

E-チケット(イーチケット)が普及している理由は、顧客側からすると旅行中に盗難にあってチケットを盗まれたり、紛失したりする心配がないので、安全面でより安心できます。

 

 

一方、航空会社、旅行会社側から見れば、Eチケット(イーチケット)は従来の航空券に記載されている内容を、紙の航空券の代わりに航空会社のシステム内に顧客情報を記録させ、旅程表のみをお客に発行するだけです。

 

航空券発券のコストが抑えられるので、Eチケット(イーチケット)のメリットは大きいんですね。

 

 

 

ですから最近ではEチケット(イーチケット)が奨励されていますが、コンピューターシステムが追いついていない航空会社は、まだEチケットができないところもあります。

 

 

その場合は、従来通り、航空券バウチャーを渡されます。

 

格安航空券でも、旅行代理店に良く聞いて選んだ方がいいですね。

 

Eチケットの方が、安全面でリスクが少ないですから。

 

 

 

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター