ブログネタ
バックパッカー に参加中!
バックパッカー - livedoor Blog 共通テーマ


 バックパッカー必見!

       ガイドブック旅行人


  ガイドブック旅行人』のターゲット層ははっきりしています。  
             それはバックパッカー



  『旅行人』は旅好きで、かなり経験を積んだバックパッカーに人気を博しているガイドブックですね。


   それもそのはず、発行・編集人はバックパッカーだった蔵前仁一氏で、『ゴーゴー・インド』『ゴーゴーアフリカ』などの著書があるんですね。


   書店に行くと大手出版社のガイドブックが幾つも並んでいますが、よく見るとそれは観光地の国であったり、都市であったりしますよね?

  一般に途上国と言われる所のガイドブックを探そうとすると、途端に苦労する事になると思います。


  経験を積んだバックパッカーが求めると一般の海外旅行客が求めるとは、全く違っています。『旅行人』を買い求めるバックパッカーは、長期の旅行者が多いと思います。


  だから、『旅行人』のガイドブックは、料金の高いホテルレストランといった情報が抑えられ、読者投稿によって支えられている料金の安い安宿ゲストハウスの情報に重きが置かれているんです。

  また、重要な出入国状況や些細でも役に立つ旅行情報が掲載されているのが、『旅行人』の特徴でもあります。



   そんな理由で、旅行ガイドブック旅行人』がカバーする地域は、一般の海外旅行者にはあまり馴染みのない所が多いですね。

 
   現在、チベット、ラダック、メコンの国、バングラディッシュ、アフリカ、シルクロード、アジア横断、アッサムとインド北東部などが『旅行人』のガイドブックとして出版されています。


   また、ガイドブックとは別に「旅行人」という旅行情報誌が刊行されてたり、旅の体験談でイラストを交えながら紹介した本も出版されています。


  初めての海外一人旅で、長期間世界を回ろうと考えているバックパッカーには、旅の体験談の本をいくつか読んでおく事をお薦めします。


   一人旅トラブルの状況など、色々自分なりに海外一人旅シュミレーションになっていいと思いますよ。


 
 


 
 『旅行人』のガイドブックは置いていない書店も多いので、インターネットで買われるのが手っ取り早いと思います。

 バックパッカーでも、ガイドブックに載っている地域は行かないよという人もいるかと思います。そんなバックパッカーは『旅行人』のガイドブックを買う必要はもちろんありません。


  ただバックパッカーとして世界をする覚悟なら、旅行人が発行している旅の体験本海外一人旅初心者にとって良い参考書になるかもしれません。
 


600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター