海外一人旅ナビ|50数カ国 世界旅情報 by gido

海外一人旅の決定版!一人で海外旅行する人が増えてきました。海外旅行は、異文化体験をして楽しい反面、危険もいっぱい!海外一人旅をするという事は、海外生情報が大変重要です。海外旅行で悪い思い出を作らない為にも、海外を安全に旅する為にも、海外経験に基づいた生情報が必要ですよね。このブログを海外一人旅ナビとして利用してください。


■ 海外旅行しながら稼いでいる人

海外一人旅の計画 (旅行会社編)4

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター
ブログネタ
海外旅行計画 に参加中!

海外旅行計画 - livedoor Blog 共通テーマ


 海外一人旅でなくても、旅行計画は必要ですね。

 ただ、ここで言う海外旅行計画とは、何日の何時にここを見学して、何時にバスに乗ってっというような、細かい計画の事を言ってるんじゃありません。


 そんな事をしたら、せっかくの自由旅行も台無しですし、大体海外で予定通り進む事の方が稀です。


 旅行会社が企画しているようなツアーの旅行計画ではなくて、物凄く大まかな旅行計画を立てましょうという事です。


 
  先ずは、どこへ行くのか。
  次に何日くらい滞在するのか。

 いくら自由旅行といっても、これくらい決まっていないとどうしようもないですよね?

  航空券だって買えません(笑)。


 まあ、海外旅行へ行くと決めたからには、大体決まっているとは思いますけどね。
 

 色々行きたい所があってまだ迷っている人は、インターネットで旅日記を探して読んでみるとか、本屋などでガイドブックの写真を見て決めてもいいですね。



 さて、行き先を決めました。
 それから、旅行会社へ行ってみましょう。


  先ずは自分の目的地までの航空券を買う事から始まりますからね。
  その下調べです。


  韓国とか中国へ行く人の中には、船で行く人もいるかもしれませんが、いずれにしても旅行会社でチェックです。


  最近はインターネットで航空券を購入できるようになっていますが、これはリスクがある事を頭に入れておきましょう。


  家族や知り合いから薦められたとか、自分が以前使ったことのある旅行会社だとか、信用がおける場合を除いて、航空券のインターネットでの購入はお薦めしません。


  格安航空券の値段だけに飛びつくのはやめましょう。


  というのも、過去にお金を振り込んだけど、旅行会社が倒産してしまったとか、チケットが手に入らなかったという事例もあるからです。


  お金を持ってドロンというわけですね。



  きちんと接客してくれた旅行会社を選ぶ方が安心です。

  それでもトラブルが起こる時もありますが、その可能性はインターネット申し込みよりかなり低いと思います。


  旅行会社の場所、担当者の顔も名前もわかってるんですからね。
  何か大きなトラブルが発生したら、旅行会社まで行って保証してもらう事もできます。


  一方、航空券のインターネット申し込みの場合はどうですか?
  後からチケットを郵送しますとか言って、送られてこなかった場合どうしますか?


  航空券が送られてこない。電話してみてもつながらない。
  そんな事態になったら・・・。


  地方在住者にはとっては、インターネットで買った方が安く航空券が手に入る場合もあるでしょう。


  しかし、それはリスクが高いという事を認識しておきましょう。

  どうしてもネットで買う場合は、1〜2度旅行会社に実際に電話してみて、担当者と話してみるといいですね。

  決してインターネット上の画面だけで、航空券購入を決定しないようにしましょう。




  旅行会社に行くメリットは他にもあるんです。

  旅行会社に入った時の雰囲気で判断できる。
  トラブルが起こりそうな旅行会社は、接客とかも雑な場合が多いです。


  航空券代って、行き先にもよりますが、かなりの金額になりますよね?
  失ったらダメージ大きいですよね?


  ですから、インターネットで航空券の値段を調べるのは問題ないですが、実際に航空券を買う時は、一度旅行会社に足を運ぶ事をお薦めします。
  

  旅行会社に足を運ぶ前に、インターネットで大体の値段を知るのは有効ですね。

  
   旅行ポータルサイト「MSNトラベル 海外ツアー」



   海外自由旅行のGTO!

   




  また旅行会社は1社だけでなく、何社か回ってみるといいです。

  同じ航空会社の同じ路線でも、旅行会社によって値段が違っています。
  南米ヨーロッパなどの長距離だと、何万円の違いが出ている事もあります。


    
  「リスクはできるだけ軽減して、目的を達成する」という意識を持つ事が大事です。

  これは海外一人旅の基本ですね。

  




  

一人旅 ブログランキングへ

パスポートの取り方5

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター
ブログネタ
海外生活(準備編) に参加中!
海外生活(準備編) - livedoor Blog 共通テーマ


  
  パスポートの取得の仕方について説明します。


   パスポート取得の流れを、もう一度おさらいしておきましょう。


   A,パスポートに必要な書類を揃える
   B,パスポート申請を行う
   C,パスポートを受領する



パスポート申請書類
   では、先ずAの「パスポートに必要な書類」について説明します。

   
  一般旅券発給申請書 1通
 ◆仝誉卞ニ榾瑤肋極棔1通 (6ヶ月以内のもの)
  住民票写し (6ヶ月以内のもの)
(住民基本台帳ネットワークシステムの運用を開始した都道府県の申請窓口で申請をされる人は、原則不要とされています) 1通
 ぁー命拭45ミリメートル×35ミリメートル) 1葉
 ァ/噺騎稜Ы駑燹扮薪礁筏証等)
 Α〔せ藩僂陵絞悗呂き(郵便事業株式会社が発行する通常はがき) 1枚
(А^鑑(必要とされる場合があるのでもっておきましょう)


  以上の書類がパスポート申請に必要です。
  ,パスポートを申請する場所でもらえますから、他の物は準備して行きましょう。




パスポート申請

  では、Bのパスポート申請についてです。

  先ずどこでパスポート申請ができるかということですが、ある程度大きな町の役場で対応しています。


   パスポート申請場所については、こちらをご覧ください。
    → http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html





   パスポートに必要な書類を持って近くのパスポート申請窓口へ行きます。


   この場合重要なのは、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請するということです。

   パスポート申請は、日本のどこでもいいというわけじゃないんですね。
 

   ちなみにパスポートを申請してから受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除いて)かかるので、旅行日を逆算して、ある程度日数に余裕を持たしていた方がいいです。



   また、これを読んでいる人が大学生などの未成年者(20歳未満の未婚者)の場合、パスポート申請にもちょっと注意が必要です。


   通常のパスポート申請よりも面倒なんですね。


   未成年者のパスポート申請に何が増えるかと言うと、パスポート申請書裏面の「法定代理人署名」欄に親権者(父母又はそのいずれか一方)又は後見人の署名が必ずいる事になってるんです。


   つまりパスポート申請書を一度家に持ち帰って、親にサインをもらう必要があるという事ですね。


   でも、俺は一人暮らしだし、実家は遠く離れている。そんなサインをもらってくる時間やお金なんてないよ。

   そういう大学生や社会人もいると思います。



   その場合は、どうするか?


   規定では。
   「親権者又は後見人が遠隔地に在住し、パスポート申請書に署名ができない場合には、親権者本人又は後見人の署名のある同意書を提出して下さい。」となってます。


   つまり親にパスポートを取ってもいいよと了解した事を証明する同意書を書いて送ってもらって、それを一緒に提出すると言う事ですね。


   このように未成年(未婚者の場合)の人は、手間がかかるので、旅行先が決まっていなくても、早めにパスポート申請の準備だけはしておいた方がいいですね。




一人旅 ブログランキングへ

パスポートの種類について4

600のネイティブ英会話フレーズを60日で完全記憶して英会話マスター
ブログネタ
海外旅行準備 に参加中!
海外旅行準備 - livedoor Blog 共通テーマ


  海外旅行をするには、パスポート旅券)がなければなりません。

  パスポートは海外において唯一と言ってもいい身分証明書なので、絶対に必要です。


  
  パスポートの取得の流れです。

    パスポートに必要な書類を揃える。
   ◆パスポート申請を行う。
    パスポートを受領する。


   以上です(笑)。 パスポート取得の流れは簡単ですね。


 
  ここでちょっとパスポートについて、知識を深めておきましょう。

  
  2008年現在、一般の日本のパスポートは5年もの(紺色パスポート)と10年もの(赤色パスポート)があります。パスポート申請する時に、どちらか選択できます。


  一昔前は、赤い色の5年もののパスポートだけでしたけどね。
  但し、未成年者(20歳未満)は10年もののパスポートは申請できません。


  10年もののパスポートの方が、長い目で見ると金銭的にはお得ですが、今回を含めて1〜2回くらいしか海外旅行はいかないだろうなぁという人は5年もののパスポートで十分と言う事になるでしょう。


  では、パスポートの5年ものと10年もの、どちらがいいのでしょうか?


  それは人それぞれパスポートを取る目的が違うのですから、どちらのパスポートがいいかも、人それぞれ違ってくると言う事になります。


  次回は、どちらのパスポートが自分にいいのか、ポイントをアドバイスしていきたいと思います。



一人旅 ブログランキングへ
海外旅行ランキング
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村  1日1クリックで応援よろしくお願いします。
格安高速バス
海外旅行をする時に忘れがちなのが国内移動。地方から成田や関空などの空港までも安く行っちゃいたいですよね。 夜行バス比較サイト【バスブックマーク】
記事検索
カテゴリ
海外で病気対策
海外で自分の身を守るために

    
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
海外ホテル予約
    
//-->
今すぐ海外へ
           
とれまが
役に立ったと思ったら、ボタンを押してください。`応援よろしくお願いします。 人気ブログランキング
  • ライブドアブログ